[ネタバレ注意]『鬼滅の刃』第14巻|半天狗と玉壺との戦いはさらに激しさを増していく!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「このマンガがすごい! 2019」のオトコ編第21位にもランクインした血風剣戟冒険マンガ『鬼滅の刃』、その第14巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

鬼滅の刃 14 (ジャンプコミックス)

鬼滅隊の“恋柱”、甘露寺蜜璃が元気いっぱいの笑顔で表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第15巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『鬼滅の刃』の記事一覧

 

冒頭にも書きましたが、この『鬼滅の刃』は2018年12月に発売された「このマンガがすごい! 2019」でオトコ編第21位にランクインしています。

これぞ主人公というまっすぐな炭治郎のキャラクターが、物語も読者の心も突き動かす。

引用:このマンガがすごい! 2019

本誌のコメントではこのように書かれており、まっすぐな故に胸を打たれることの多いこの作品の良さがわかりやすく伝えられていました。

僕は炭治郎だけでなく、この作品に登場するキャラはすべて心を突き動かしてくると思っています。

 

今回の記事では、そんな『鬼滅の刃』第14巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』第14巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『鬼滅の刃』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『鬼滅の刃』第14巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『鬼滅の刃』13巻の振り返り

以下の記事に『鬼滅の刃』第13巻の見どころをまとめています。

第12巻で刀鍛冶の里に現れた上弦の肆の半天狗と上弦の伍の玉壺。

第13巻では半天狗には炭治郎、禰豆子、玄弥の3人が、玉壺には霞柱の時透無一郎がそれぞれ相手取ります。

そして無一郎は玉壺の“水獄鉢”という血鬼術で水の中に閉じ込められ、炭治郎が禰豆子の力で手に入れた爆血刀で半天狗の首に触れたシーンを最後に、第13巻は終わっています。

果たして、勝負の行方は…?

 

では、さっそく第14巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『鬼滅の刃』14巻の見どころ&感想

喜怒哀楽の鬼が合体し“憎”の鬼が出現!

炭治郎が大声で叫ぶ半天狗の首を爆血刀で切ろうとしたその時、彼の背後に喜怒哀楽の鬼が1体に合体した“憎”の鬼が現れました。

そして追い詰めたと思った半天狗は、再び樹の中へと身を隠してしまいます。

どうやら半天狗という鬼は窮地に追い込まれるほど、血鬼術によって強い鬼を具現化できるようなのです。

睨まれるだけで息が詰まるような威圧感をだすような“憎”の鬼に、果たして炭治郎たちは太刀打ちできるのでしょうか…?

 

スポンサーリンク

無一郎と玉壺、互いの本気を出した末に決着!

玉壺の血鬼術“水獄鉢”で水の中に閉じ込められもう死を覚悟していた無一郎でしたが、小鉄が水の中に空気を吹き込んでくれ呼吸が使えるようになったおかげでギリギリ抜け出すことができました。

その後、過去の記憶から双子の兄の言葉を思い出したことをきっかけに、彼の顔に“痣”が出現します。

その痣が出現してからは霞の呼吸の技を駆使してどんどん玉壺を追い詰めていく無一郎。

最後には玉壺も壺から出てきて完全体となるのですが、それでも無一郎には敵わず首を切られて死んでしまいました。

無一郎の勝ちです。

 

そのあと無一郎は炭治郎の元へ行こうとするのですが、さすがに力尽きて泡を吹いて倒れてしまいました。

それでも、彼の表情はこれまでとは打って変わってなんとも清々しいものでした。

 

“憎”の鬼との戦いに甘露寺蜜璃が加勢!

喜怒哀楽すべての鬼の能力を使うことができる“憎”の鬼相手に、呼吸を使う暇もなく大苦戦する炭治郎たち。

そんな状況で現れたのが、“恋柱”の甘露寺さんでした。

愛刀の薄くて柔いしなる刀で恋の呼吸の技を繰り出し、“憎”の鬼の攻撃を“斬る”ことで受け切って見せた彼女。

その後、1度判断を誤って咆哮を喰らいはしたものの、炭治郎たちの期待を受けて再び立ち上がります。

ここから甘露寺さんが“憎”の鬼を相手にしている間に他の3人が半天狗の本体を斬ろうするのですが、果たして誰も死なずに成し遂げることができるのでしょうか?

気になるところではありますが、第14巻はここでおしまいです。

 

まとめ

前巻よりも激しさを増した戦いが1冊まるまるを通して描かれていた感でしたね。
緊張感のあるシーンが続いた分、読み応えはかなりのものでしたよ。

それにしても、このマンガ登場するキャラには感情移入せずには入られませんね。

今回は無一郎と甘露寺さんの過去が描かれたのですが、悲しい過去を知ることによってより今の彼らの姿が輝いて見えてきます。

さて、次巻はいよいよ「刀鍛冶の里」編終幕です。

果たして半天狗との戦いはどんな結末を迎えるのか、楽しみです。

 

〜追記〜

『鬼滅の刃』15巻の発売日は?

以下の記事に『鬼滅の刃』第15巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『鬼滅の刃』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
集英社
¥484 (2020/09/29 16:43:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

『鬼滅の刃』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『鬼滅の刃』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『鬼滅の刃』第14巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
以下の記事をチェック!