[ネタバレ注意]『怪物事変』第14巻|花楓と赤城の屋島襲撃に新たな力を得た夏羽が立ち向かう!

Pocket

今回は、2度目となる花楓&赤城の狐コンビと夏羽たち&屋島のたぬき達の激闘が描かれる『怪物事変』第14巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

怪物事変 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

四国狸の全吉、伊予姫、そして彼らの頭領である太三郎狸のお爺さんが楽しそうに表紙を飾っています。

 

さて、この第14巻では前巻に引き続き花楓と赤城との戦いが描かれていくのですが、この戦いの中で夏羽の“新たな技”、そして“新しい姿”を見ることができます。

この巻で因縁の相手である花楓&赤城との戦いの決着がつくということもあって、1冊を通して激しい戦闘と手に汗握る展開が次々と描かれていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『怪物事変』の第14巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『怪物事変』第14巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『怪物事変』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『怪物事変』第14巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『怪物事変』13巻の振り返り

以下の記事に『怪物事変』第13巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第14巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『怪物事変』14巻の見どころ&感想[ネタバレ]

合体した花楓と赤城に頭領・太三郎狸が立ち向かう!

敵の襲撃を受け、太三郎様は自身が作っている“狸たちが住む裏屋島”に赤城と花楓だけを残し、1人で戦うために赤城の前に姿を現しました。

すると赤城は花楓に合流の合図を出し、やってきた彼と拳を合わせることで「炎幻連携 炎神・火之迦具土」という双頭の大狐の姿へと合体したのです。

そして、それを見た太三郎様は『瀬戸内之白波』という大波を呼び出し、その波にサーフボードを使って乗ることで赤城たちを翻弄し彼らの攻撃を避け続けます。

そんな太三郎様の狙いは、“裏屋島”の空間を時間をかけて少しずつ圧縮し、誰1人として犠牲者を出さないように自分もろとも潰してしまうことでした。

巨大な炎と波がせめぎ合う、緊迫感のあるシーンが続いていきます。

 

かつて夏羽を修行でボコボコにしていた太三郎様なら赤城と花楓くらいなんとかしてくれるだろうと思っていたのですが、まさか水と油であるあの2人が合体するとは予想外でしたね…。

ただ、それぞれが幻で大技を繰り出し合う様子はかなりの迫力で、冒頭からこの巻のボルテージを一気に高めてくれるワンシーンとなっていました。

 

夏羽たちが裏屋島に到着!新技の『十拳とつか』が炸裂する!

太三郎様による裏屋島の圧縮が残り7割ほどとなったころ、野比丸からの屋島襲撃の情報提供を受けた夏羽たちが屋島に到着し、太三郎様を助太刀するために裏屋島へと入ります。

そこで彼らはまず3手に別れて赤城と花楓の合体を分裂させようとするのですが、“六花権現”に乗って移動する晶と夏羽と紺は防戦一方、隠神さんと太三郎様の水による攻撃は花楓の炎で蒸発させられ、織と野火丸は様子をうかがうことしかできませんでした。

ただ、そんな状況で夏羽は「熱風が相手なら自分の再生速度が早い」と考えて地上へと降り、赤城の攻撃を受けながらもより強い体を再生させて攻撃の準備を整えていきます。

そして彼は、合体狐の後ろ左足に向けて福姫さんから教えてもらった“掌撃に獣の力を乗せて威力を10倍にした”攻撃「十拳」をヒットさせ、炎を飛び散らせることによってかなりの体積を削ることに成功したのです。

しかし、そこから赤城と花楓は炎が減ったことを受けて形態を人型の「火之迦具土・現人」へと変化させ、より素早い動きで夏羽たちに攻撃を仕掛けてきます。

ここから、彼らとの戦いは最終局面へと進んでいきます。

 

上記のシーンで夏羽が体を再生させるとき、彼の姿が裸ではなく服を着ている時のような状態の体になるのですが、作者の藍本先生曰く「捨て身の作戦のたびに裸になるのが締まらない」が故の“変身”だそうです。

確かにここの夏羽は普段とは違って体がゴツゴツとした感じになっており、攻撃に特化したようなかなりカッコいいデザインになっているんですよね。

今後、状況に合わせて体を再生させるたびにデザインも変わっていったりするのでしょうか?
強くなるのと同時に、どんなカッコよさを見せてくれるのかも楽しみです。

 

夏羽に紺と野火丸が合体して赤城と花楓を討つ!

赤城と花楓が人型になってから、跳ね上がったスピードと変わらぬ高火力の炎のせいで夏羽たちはかなり消耗し始めているようでした。

しかしそんな時、現状を打開する策として野火丸が「ちょっとやってみたいことがある」と提案します。

それが、「赤城と花楓がやっているように、夏羽に紺と野火丸が合体する」というものでした。

その後、2人の力を借りて敵のスピードと力に対抗できるようになった夏羽は、再び「十拳」で彼らの体を散らすことを狙います。

当然敵もそれを素直にくらってくれるはずもありませんでしたが、太三郎様の波による拘束、織と晶による目潰しの援護もあって渾身の「十拳」をヒットさせることに成功した夏羽。

これで決着か、と思いきや、致命傷を負いなりふり構わなくなった赤城はここからさらに暴れ出し、大声で叫びながら裏屋島から表の屋島へと体半分を乗り出してきたのです。

はたして、夏羽たちは、狸たちは、赤城と花楓の猛攻をしのぎ切り、屋島を守りことができるのでしょうか?

手に汗握るそのラストシーンは絵と一緒に、ご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『怪物事変』第14巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

まとめ

今回は1冊まるまるを通して赤城&花楓の狐コンビとの激闘が描かれ、非常に読み応えのある1冊だったのではと思います。

個人的にはこれまで(一応)敵ポジションだった野火丸が夏羽たちの味方をする、というバトル系少年マンガでは王的なアツい展開に胸が躍りましたね。

ただそれ以外にも、識や晶もそれぞれの役割を持ってしっかり活躍していたり、夏羽の新たな戦闘スタイルが見られたりと、成長とともにここから先の戦いへの期待感を募らせてくれるシーンも多かったです。

1体1体が厄介な能力を持っている狐たちですが、夏羽たちがそれらをどう攻略していくのかが楽しみですね。

次巻以降の展開からも目が離せません。

 

『怪物事変』15巻の発売日は?

『怪物事変』第15巻は2021年11月4日に発売されています。

Amazonや楽天でも購入できますよ。

created by Rinker
¥502 (2021/11/29 05:03:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、『怪物事変』第14巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『怪物事変』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥502 (2021/11/29 05:03:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

『怪物事変』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『怪物事変』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『怪物事変』第14巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください