[ネタバレ注意]『地獄楽』第5巻|祝!全国書店員が選んだおすすめコミック2019第4位!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」でみごと第4位に輝いた超話題のマンガ『地獄楽』、その第5巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

地獄楽 5 (ジャンプコミックス)

目を引く黄色と黄緑をバックに、くのいちである杠(ゆずりは)が表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第6巻以降の最新記事一覧はこちら
『地獄楽』の記事一覧

 

さて、冒頭にも書きましたがこの『地獄楽』、「全国書店員が選んだおすすめコミック2019」でみごと第4位に輝きました。

おめでとうございます!

そして第4巻の帯にはそれ以外にも「累計58万部突破!」や「『少年ジャンプ+』で圧倒的人気No.1!」と書かれており、まさに今一番勢いのあるマンガの1つだといっても過言ではないでしょう。

この勢いのままどこまで突き進んでいってくれるのか、一読者として楽しみです。

 

今回の記事では、そんな『地獄楽』第5巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『地獄楽』第5巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『地獄楽』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『地獄楽』第5巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『地獄楽』4巻の振り返り

以下の記事に『地獄楽』第4巻の見どころをまとめています。

“ほうこ”と“めい”によっててんせん様の正体と力の秘密が明らかになった第4巻。

そして弔兵衛と桐馬、画眉丸がてんせん様の弟子であり右腕の道士との戦いを経てタオの力に目覚めました。

ここからの戦いは、これまでとは次元が違う戦いとなりそうです。

 

では、さっそく第5巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『地獄楽』5巻の見どころ&感想[ネタバレ]

佐切、仙太、杠の前にてんせん様が立ちはだかる!

画眉丸を追って“ほうらい”の門に辿りついた佐切、仙太、杠の3人とほうこの前に、第3巻で登場したてんせん様とは別の“不空就君”と呼ばれるてんせん様が現れます。

そして瞬時にほうこの首を切り落とし杠を捕まえて場の空気を支配したてんせん様。

そんな彼の口から明らかになったのは「不老不死の仙薬はこの島にはない」という、彼らの目的そのものを否定する衝撃の事実でした。

しかしだからといってそのまま引きさがれるはずもなく、そのままてんせん様との戦いが始まります。

どうやら画眉丸と同じく杠と佐切もこれまでの修行からタオが扱えているようで、特に佐切のタオはこのてんせん様にとっては“毒”ともいえる相性の良さを持っていたのです。

苦戦しながらも連携をとり、杠と仙太がてんせん様を抑えることで佐切が弱点である丹田を切ることに成功しました。

3人の勝利、かと思ったのですが、ここからまだ戦いは続きます…。

 

“タオにも相性がある”という新たな事実が判明しましたね。

どうやら悪い相性だけでなく良い効果をもたらす相性もあるようなので、それがここからの展開にどう絡んでくるか楽しみです。

 

スポンサーリンク

“鬼尸解”で巨花の姿となったてんせん様が復活!

倒したはずのてんせん様の体に花が咲き、そこから伸びたツルに刺されたことで仙太が花化してしまいました。

そして彼らの前には“鬼尸解”で巨大な花の化け物となったてんせん様が再び立ちはだかります。

「無理でしょ…もう」と諦めかける杠。
しかしその状況に士遠とヌルガイの2人が助太刀に来てくれたのです。

盲目でありながらもこれまでの鍛錬と戦いで誰よりもタオを使いこなせるようになっていた士遠のおかげで、状況はかなり有利になりました。

佐切とヌルガイが囮となり一気にてんせん様へと距離を詰める士遠。

そして花にとっての丹田である胚珠へタオを刀身に纏わせた一太刀をいれることに成功し、今度こそてんせん様に勝利することができました。

 

今回はなんとか勝つことができましたが、相変わらずてんせん様の強さは本当にとんでもないものですね…。

花化してしまった仙太も、最期は杠の腕の中で安らかに逝けてまだ救われただろうと思います。

 

画眉丸の記憶に異変が!?

画眉丸は前巻の道士との戦いでタオを使いすぎてしまったために気を失っていたのですが、その異変は次に彼が目を覚ました時に現れました。

なんと彼はここ最近の記憶を失ってしまっていたのです。
それもこの島“こたく”に来てからのものだけでなく、自分が抜け忍として捕まった罪人だということも。

その時の彼は一緒にいためいや民谷巌鉄斎のことが誰かわからないだけでなく、自分のことを“現”岩隠れの忍びだと思っていました。

そんな状況で、弔兵衛と桐馬の2人が彼の前に現れます。

突発的に戦闘を開始する画眉丸と弔兵衛。
タオに目覚め罪人同士の戦いは、第6巻へと続きます。

 

まとめ

この第5巻で不思議な力として描かれてきたタオの秘密がだいぶ明らかになってきましたね。
それと同時に新たな謎も生まれましたが…。

中でも僕が気になったのが画眉丸の奥さんの話です。

上の見どころには描かなかったのですが、杠が画眉丸のいた岩隠れの長は幻術遣いの達人だという話をするシーンがあったんです。

その中で「画眉丸の歳で所帯を持たすかな?」と言う杠。

つまり“画眉丸の奥さんは存在しない”かもしれないという可能性が出てきたのです。

これについては次巻以降で彼の無くした記憶とともに描かれるのかもしれませんが、なんにせよ続きと真相が気になります…。

 

〜追記〜

『地獄楽』6巻の感想記事

以下の記事に『地獄楽』第6巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『地獄楽』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥460 (2020/09/27 16:27:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

『地獄楽』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『地獄楽』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『地獄楽』第5巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください