[ネタバレ注意]『地獄楽』最新第10巻|追加組との激突が蓬莱のいたる所で勃発する!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、シリーズ累計230万部を突破した「少年ジャンプ+」で人気No.1の看板マンガ『地獄楽』、その第10巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

地獄楽 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

前巻第9巻の最後に登場した、次代「画眉丸」となる岩隠れ衆の忍・シジャが表紙を飾っています。

どうやら「がらんの画眉丸」の名は屋号のようで、代々引き継がれていくもののようですね。

 

さて、この第10巻では追加組が蓬莱に到着したことによっていろんな場所で同時多発的に戦いが始まることになります。

一触即発の罪人と浅ェ門、そして岩隠れの衆の三つ巴の状況で、はたしてどんな戦いが繰り広げれられ、誰が生き残り誰が命を落とすことになるのでしょうか?

 

今回の記事では、そんな『地獄楽』第10巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『地獄楽』第10巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『地獄楽』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『地獄楽』第10巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『地獄楽』9巻の振り返り

以下の記事に『地獄楽』第9巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第10巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『地獄楽』10巻の見どころ&感想[ネタバレ]

浅ェ門と岩隠れの忍が次々と先発組に合流!

この第10巻では、蓬莱に辿り着いた浅ェ門と岩隠れの忍びの追加組が次々と画眉丸たちの前に姿を表します。

杠(生きていたみたいです)と佐切の前には、剛剣使いの大女である威鈴が。

士遠とヌルガイの前には、段位は無いが若くして才器の持ち主である清丸が。

弔兵衛と桐馬の前には、試一刀流三位の十禾が。

巌鉄斎と付知の前には、試一刀流二位で一切の悪を許さない殊現が。

そして船出の準備をしていた蓮の前には岩隠れ衆の次代「画眉丸」であるシジャが現れ、画眉丸の前には大量の岩隠れの忍びが現れました。

この中では最初に巌鉄斎と殊現の戦いが描かれていたのですが、殊現の山田浅ェ門の各人の特性を生かした剣術に巌鉄斎は手も足も出ていませんでしたね。

その後巌鉄斎を庇った付知も殺されてしまい、やはり追加組の上陸によって島にはさらなる混乱が巻き起こりそうです。

 

付知は1人だけ助かるという状況で巌鉄斎を治療して命を落としたのですが、この10巻の最後の1ページでは笑顔でみんなの願いが叶うように祈る彼の様子が描かれていました。

これまで冷たい印象があっただけに、ここで脱落してしまうのが残念でなりません。

 

次代「画眉丸」シジャが蓮から仙薬を奪う!

画眉丸に恋い焦がれるシジャ(男)は彼を待つために水門に向かい、そこにいた蓮と戦闘することになります。

炎を操り忍術が通用しない蓮に対しシジャは戦い方を変え、手下に火をつけて荷物が積まれてある船に特攻させることで、蓮の焦りから彼の“弱み”を見つけました。

船に火を付けつつ手裏剣を一斉に投げたりして蓮を混乱させ、その隙に仙薬を奪ったシジャ。

その後、彼は手下に変装して蓮との戦闘から離れ、殊現に仙薬を渡した後本来の目的である画眉丸を殺すために行動を開始しました。

 

相手の“弱み”や“愛”につけ込み「戦は悪い方が勝つんだ」というシジャは、次代「画眉丸」というだけあってなかなか手強い敵となりそうですね。

同じ「画眉丸」の素質を持つ者同士が戦うと一体どんな戦闘が繰り広げられるのか、その時が楽しみです。

 

岩隠れの忍びたちが画眉丸を殺しにかかる!

画眉丸の前にも追加組の岩隠れの忍びが現れるのですが、ここは他とは違って少しゆるい雰囲気となっていました。

岩隠れの長と自分の妻に変化した忍びを画眉丸は「変化の術の腕をあげたな」と褒めたり、毒の唾液をため息混じりに「汚い」と言ったり、あくまで岩隠れの里での立場で会話をする一同。

しかし、いくら親しげに話していても画眉丸が「殺されて頂けないでしょうか?」という頼みを承諾するはずもなく、そこから画眉丸と彼に憧れて殺し合いを望む下忍たちとの戦いが始まります。

ただ、下忍たちの攻撃を捌きつつアドバイスまで残して殺していく余裕がある画眉丸を誰も止めることはできませんでした。

その後、彼は戦闘の途中に当初の目的である“仙薬を奪って水門に向かう”ためにその場を離れたのですが、なんとそのタイミングで士遠にやられたはずの朱槿が神獣盤古と同化し、そのタオに共鳴して画眉丸の体に異変が起き始めたのです。

はたして彼は無事に仙薬を手に入れ、“人間”のまま島を出ることができるのでしょうか?

気になる続きは次巻へと持ち越しです。

 

まとめ

追加組が合流してきたことによって、それぞれの思惑がさらに錯綜するような展開になってきましたね。

正直いろんな所でいろんな事が起こりすぎて、どう1つの記事にまとめればいいかわからなかったです(笑)

さて、今回は巌鉄斎と殊現、シジャと蓮などの戦いが繰り広げられましたが、次巻では他の罪人と浅ェ門たちの戦いが描かれるのでしょうか?

個人的にはまだ実力が見れていない威鈴、清丸、十禾の戦いが気になりますね。

混乱に次ぐ混乱の中で一切先の読めない戦局が続いていきますが、果たしてこの戦いはどのような結末へと向かっているのでしょうか?

次巻以降の展開からも目が離せません。

 

『地獄楽』11巻の発売日は?

『地獄楽』第11巻の発売日はまだ未定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

『地獄楽』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥460 (2020/07/10 12:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

『地獄楽』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『地獄楽』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『地獄楽』第9巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください