[ネタバレ注意]『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』最新第2巻|人を殺して1日をやり直し姉の自殺を阻止せよ!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、姉の自殺を止めるために人を殺して同じ1日をやり直す狂気のタイムリープサスペンスマンガ『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~ 』、その第2巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

虐殺ハッピーエンド~蒼の章~ 2 (ヤングアニマルコミックス)

彼女はこの第2巻から登場する、蒼の姉・朱音のクラスメイトの海老沢萌です。

背景には大量の薬やカッターナイフが描かれているので、彼女の境遇については想像に難くないかもしれませんね…。

 

さて、前巻第1巻では物語の始まりにも関わらず、蒼の悲惨な人生と境遇がこれでもかと描かれていました。

ただその過程で彼が神に授けられたのが「人を殺すことでその瞬間からその日の午前0時に戻る」という、1日を繰り返すことができる能力です。

この第2巻では前巻に引き続き姉の自殺を止めるため、苦しみながらもこの能力をつかっていく蒼の姿が描かれていきます。

はたして彼は何人の命を犠牲にして、大切な姉の命を救うことができるのでしょうか?

 

今回の記事では、そんな『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~ 』の第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』を無料で読む方法!

文字だけでなく『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』をマンガとして読みたい方は、無料マンガアプリ「マンガPark」でも公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「マンガPark」をインストール

巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』第2巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2024年2月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事にはマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』1巻の振り返り

前巻の内容を振り返りたい方は、以下の記事に『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』第1巻の見どころをまとめているので、こちらから先にご覧ください。

 

スポンサーリンク

『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』2巻(6話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

それでは、さっそく『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』第2巻の内容に入っていきましょう。

今日を繰り返すため、蒼は母親と津村刑事に刃を向ける

この第2巻は、23時50分に女子高生の転落死体が発見された事を聞いた蒼が今日をやり直して姉を救うために、目の前にいた母親と津村刑事にハサミを向けるシーンから幕を開けます。
ただ結果的には蒼はこの2人を殺すことができないまま時刻は0時を回り、前日に起きたことはもうやり直せなくなってしまいました。
姉の朱音を救えなかったことに絶望する蒼。
しかしなんと女子高生の転落死体は朱音ではなく、彼女と同じ高校に通う別の女子生徒だったのです。
その事実を津村刑事から聞いて安堵し涙を流す蒼でしたが、今回の1件で津村刑事は蒼をかなり怪しんでみるようになっていました。
それに加えて朱音の所在と無事もまだ確認できていないこの状況に、蒼の精神はどんどん追い込まれていきます。

蒼が初めて姉のためではなく自分のために人を殺す

中学の時に父親を殺した蒼は少年院を出た後、中卒で警備会社で働いています。

ただその警備会社の職場環境は劣悪で、「中卒」だ「犯罪者」だと虐げられていました。

実は蒼は朱音を探すために1日有給を取ったのですが、主任はそれが自分に無断だったことが気に食わなかったようで、執拗に怒りのメッセージを送ってきていました。

そして次の出社時に予想通り蒼は主任に暴力を振るわれ、それだけでなく蒼を産んだ母親のことまで侮辱するようなことを言ってきたのです。

それが蒼の逆鱗に触れ、主任の首に手を回した蒼は彼が持っていたバールを奪って鬼のような形相で喉に刺し、トドメに頭をかち割って彼を殺し1日をループしました。

蒼は初めて、姉のためではなく自分の怒りに任せて人を殺しました。

蒼の中で罪悪感が膨らんでいきます。

蒼の前に秘密を抱えた朱音の同級生・海老沢萌が現れる

この第2巻では、今後の物語に大きく絡んでくる2人の人物にスポットが当てられます。
1人目は表紙にも描かれている海老沢萌。
彼女は両親が帰ってこないアパートの一室で戸籍のない弟と暮らしながら、睡眠薬のオーバードーズとリストカットを繰り返すような日々を送っていました。

そんな彼女はこの巻の後半で殺されることになるのですが、事前に彼女と出会っていた蒼は姉と同時に彼女も救うために動き出します。

そして2人目は朱音の同級生でありながら朱音を苦しめていた不良たちのリーダー格・満島龍伍。

彼は蒼に近づいて「朱音を助けたくて探している」と言っていたのですが、その言葉にはやはり裏がありそうです。

また、彼はこの巻の最後の“とある事”がきっかけで、蒼のタイムリープの秘密に一気に迫っていくことになります。

今後の展開でのキーパーソンになるであろう海老沢萌と満島龍伍がどのような人物か知りたい方は、ぜひこの第2巻を手に取って読んでみてください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』第2巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

やはりストーリーが進むにつれて、蒼はどんどんと不幸の一途を辿っていきますね…。

しかも今回で海老沢も救わなくてはいけなくなり、次の日に進むためにクリアしなければいけない問題が増えてきたことによって、今後はより一層厳しい道のりになっていきそうです。

津村刑事も蒼のことを怪しんでいますし、タイムリープに迫りつつある満島の動向も気になりますね。

はたして蒼は全てを背負いながら姉の自殺を止めることができるのでしょうか?

今後の展開からも目が離せません。

 

『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』3巻(13話〜)の発売日は?

続く13話以降が収録された『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』第3巻の発売日はまだ未定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

以上、『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』第2巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』は無料マンガアプリ「マンガPark」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「マンガPark」をインストール

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『虐殺ハッピーエンド~蒼の章~』第2巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp 1000コース