[ネタバレ注意]『不滅のあなたへ』最新第16巻|ノッカーの計画が“平和”な日常を侵食していく…

Pocket

今回は、ノッカーの登場によって“平和”な現代の日常に不穏な空気が漂い始めている『不滅のあなたへ』第16巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

不滅のあなたへ(16) (週刊少年マガジンコミックス)

フシの首にロープを付け水の中に引っぱり込もうとしているミズハの姿が描かれています。

 

さて、大きな話題を呼んだ『不滅のあなたへ』のTVアニメもいよいよ8月30日の放送で最終回を迎えますね。

その予告を見た限りでは、どうやらぴったりコミックス第6巻までのエピソードが放送されるようです。

もちろんその内容も素晴らしいのですが、個人的にはその次の第7巻に収録されている“とあるシーン”がかなり印象深くて好きなので、ぜひ興味のある方はそちらも読んでほしいですね。

きっとトリハダが立つシーンがあると思います。

 

今回の記事では、そんな『不滅のあなたへ』の第16巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『不滅のあなたへ』第16巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『不滅のあなたへ』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『不滅のあなたへ』第15巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『不滅のあなたへ』15巻の振り返り

以下の記事に『不滅のあなたへ』第15巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第16巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『不滅のあなたへ』16巻の見どころ&感想[ネタバレ]

現代のノッカーの目的とミズハの正体が明らかに!

この第16巻では冒頭から、ミズハの中の“歴代守護団当主の中にいたノッカー”が500年ぶりにフシの前に現れます。

そのノッカーは当時のことで怒りを向けるフシに「私達は自殺願望のあるもの以外の命を奪うことはもうしない」と“反省”を口にし、その上で「共に生きたいだけ」という目的を語りました。

ただそれを聞いて拒絶し戸惑いを隠せないフシは、ボンに「ノッカーは悪いヤツだよな?」と念を押すように確認し、それを肯定してもらってから再びミズハの元へと戻ります。

そして彼女を迎えにきた母親のイズミさん(ノッカー)に剣を向けるのですが、あまりにも人間らしい素振りを見せる彼女(ノッカー)を、フシは殺すことができませんでした。

また、後日フシはボンから「みもりにつけさせていたフェンとニクソンが帰ってきた」と伝えられ、みもりノッカーが言っていた“あの人”の正体を知ることになります。

その正体は“ミズハ”のことでした。

どうやら彼女はフシの触手が及ばない鉄で囲まれた地下空間で守護団18代目継承者としてノッカーを束ねる教団のトップに君臨していたのです。

こうしてノッカーの全貌が少しずつ明らかになってきたところで、この後ノッカーが大きな動きを見せることになります。

 

フシがイズミノッカーを殺そうとするシーンは、まるでフシの方が悪者のように見えるくらいノッカーが母親らしく、そしてまっとうな人間らしい振る舞いをしていました。

その様子を見て我が娘を諦めたように涙を流す霊体のイズミさんの姿を見ていると、こっちまで苦しくなってきてしまいましたね…。

宿敵を前にどういう手を打てばいいのかわからないフシの苦悩は、まだもうしばらく続いていきそうです。

 

ノッカーの魔の手が人間になった“観測者”へと迫る!

「フシの命がどこにあるのかを探している」と言ったノッカーが次に狙ったのは、フシというルールを作った存在である“ミスターブラック”こと“観測者”でした。

しかし現在彼は“15歳の少年・サトル”という“地上の生物”になっており、まだ人ならぬ力は残っているようですが、とてもノッカーに対抗できるとは思えません。

そんな中で、ある日の夜中に彼のいる養護施設にみもりノッカーを殺したフウナノッカーが現れ、寝ている“サトル”に忍び寄りいきなり切りかかったのです。

しかし次の瞬間、“サトル”はフウナノッカーの動きを静止させ、刀を小鳥に、彼女を花に変えたかと思いきや、その花の中からノッカーの核を取り出しいとも簡単に燃やしてしまいました。

実はこの時、ノッカーの狙いを知っていたフシが“サトル”を守りにきていたのですが、以前に「ノッカーの倒し方を知らない」と言われていたフシは「取り出して燃やした」と聞いて当然怒ってしまいます。

そしてその後もフシは「ノッカーを全滅させるまで協力してもらうぞ」と詰め寄るのですが、“サトル”は一向に非協力的で、「みんなのために平和にしなきゃいけない」というフシに対して「私はもう止めない」と言い残して去って行きました。

 

“観測者”には“観測者”なりの何か考えがあるのかもしれませんが、彼が“地上の生物”になったことも含めて現段階ではその考えや意図はほとんど読み取れませんでした。

なかには「ノッカーを信じる」というような発言もあり、彼はもうすでに“ノッカーが共存する平和な世界”にある種の諦めを感じているのかもしれませんね。

また、“観測者”は「時間をかけて普通の人間に近づいていく」とも言っていたので、今後またノッカーに襲われた時には今度こそ殺されてしまうかもしれません。

今後フシとの関わりは減っていきそうな感じですが、彼の動向も要チェックです。

 

まとめ

この第16巻は全体を通して、じんわりとした重苦しさともどかしさを感じる1冊だったと思います。
この不穏な空気が漂う展開の先にどんな結末が待っているのかが全く想像できませんが、今はとりあえずこの広がってくストーリーがどのタイミングでどこに収束していくのかが気になりますね。
どうか仲間の平和を願うフシの行動と想いが報われてほしいものです。

また、この第16巻では上記で紹介した以外にも、ミズハの母・イズミさんの過去や、フシがフウナの姿で学校を駆け回ったりするシーンが収録されていました。

イズミさんが教団から離れるためにどんなことをしてきたのか、ということや、ズレてはいるものの現状をなんとかしたいというフシの気持ちが読み取れるシーンとなっているので、ぜひそこも合わせて読んでみてくださいね。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『不滅のあなたへ』第16巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

『不滅のあなたへ』17巻の発売日は?

『不滅のあなたへ』第17巻は2021年の冬ごろに発売予定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

以上、『不滅のあなたへ』第16巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『不滅のあなたへ』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『不滅のあなたへ』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『不滅のあなたへ』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『不滅のあなたへ』第16巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください