[ネタバレ注意]『ここは今から倫理です。』第5巻|新たな生徒たちと新年度が本格スタート!

Pocket

今回は、前巻第4巻で卒業式を迎え、今回から新たな12人の生徒との倫理の授業が本格スタートとなる『ここは今から倫理です。』、その第5巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

ここは今から倫理です。 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

普段はクールな高柳先生がなにやら本を読んで笑っています。
それほど面白い内容なのでしょうか?中身が気になりますね(笑)

 

〜追記〜
第6巻以降の最新記事一覧はこちらから↓
『ここは今から倫理です。』の記事一覧

 

さて、この『ここは今から倫理です。』のドラマがいよいよ2021年1月16日から始まりますね。

主演は山田裕貴さん、あの変態だらけの学園マンガ『ホームルーム』のドラマで主役(英語教師のラブリン役)を務めた方です。

正直『ホームルーム』のドラマを見ていた僕からするとどうしてもまだラブリンの印象が強いので、なんとか『ここは今から倫理です。』のドラマが始まる前に抜ききりたいところです(笑)

 

というわけで今回の記事では、そんなドラマも楽しみな『ここは今から倫理です。』の第5巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ここは今から倫理です。』を無料で読む方法

文字だけでなく『ここは今から倫理です。』をマンガとして読みたい方は、マンガアプリ「ヤンジャン」でも第4巻まで無料公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「ヤンジャン」をインストール

また、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『ここは今から倫理です。』4巻の振り返り

以下の記事に『ここは今から倫理です。』第4巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第5巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『ここは今から倫理です。』5巻の見どころ&感想[ネタバレ]

「まなざす」ことと「まなざされる」こと

この第5巻は「かわいい」至上主義の女子高生・井上花琳さんのエピソードから始まります。

彼女は第4巻で登場した「Xジェンダー」の沖津君に興味を持つのですが、彼に「センスが好みじゃない」と言われたことをきっかけに彼の存在が鼻につき始めます。

そして2人は倫理の時間中に喧嘩をしてしまい、その授業が終わった後に高柳先生が彼女に伝えた話が、他人を一方的に評価する「まなざし」“客観視”としての「まなざされている」という事についてでした。

彼女は他人を「かわいさ」で評価してばかりで、他人からどう見られているかという意識が欠けていたようですね。

その後、今回の件をきっかけに井上さんは友達からハブられるようになってしまったのですが、それを見かねた沖津君が彼女を気にかけて話しかけていたので安心しました。

SNSが普及し簡単に承認欲求を満たせるようになった現代では、誰もが井上さんのような状況に陥ってしまう可能性はあるので、常に自分を“客観視”する意識は持っておきたいものですね。

 

万引き少女に高柳先生の言葉は届くのか

倫理の授業を受けている生徒の中に、“姫”と呼ばれて友達にも慕われ授業前後の挨拶も率先して引き受けてくれる、まさに“優等生”といった雰囲気を持つ隅井さんという女子生徒がいます。

しかし彼女は学校の外ではなんと万引きの常習犯で、しかももし見つかっても「男は泣けば許してくれる」というような完全に大人を舐めきっている考えを持っていたのです。

そんな彼女がある日、万引きが見つかって警察と学校に連絡されて叱られた後の帰り道で高柳先生に声をかけられます。

そして親切心とはいえ自分の事を分かったような気で注意されることに腹を立てた彼女は、開き直って悪態をつき「大人には私のことはわからない」とバカにした態度をとり始めます。

するとそれに対して先生はカントの「根本悪」を元に“道徳法則よりも自己愛を優先する”「心の転倒」の話をし、「あくまで“転倒”だからあなたは起き上がれそうな気がしました」と伝えていました。

とはいえ彼女の万引き癖はすぐには治らなかったようですが、その後の授業中の態度から少しは先生の言葉が響いた様子ではありましたね。

今年度の倫理の授業にはなかなか癖が強い生徒が多いようですが、そんな彼らがこの1年の授業を通してどう変わっていくのかが楽しみでもあります。

 

まとめ

この第5巻には上記で紹介した2人以外にも、「なんのために働くのかわからないスマホ依存症の男子生徒」や「祖父の介護と自分のやりたいことの間で葛藤する男子生徒」のエピソードも収録されていました。

前者はスマホやパソコンから目を話して外の世界を見にいきたくなるような話で、後者は心優しい生徒の葛藤に胸を打たれる話だったので、ぜひそちらも読んでみてほしいですね。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『ここは今から倫理です。』第5巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

さて、この第5巻までで12人の新しい生徒のうち5人にスポットが当てられましたが、残りの7人の生徒たちの中にも表情を見る限りは、何やらそれぞれの想いや悩みを抱えている生徒もいそうな感じです。

また続く第6巻の予告には「『当たり前』とは何なのか?」と問いかける1文も記載されていたので、次巻の高柳先生の「知っておいた方がいいこと」の授業も楽しみですね。

2021年1月から始まるドラマを楽しみつつ、第6巻の発売も楽しみに待つとしましょう。

 

〜追記〜

『ここは今から倫理です。』6巻の感想記事

以下の記事に『ここは今から倫理です。』第6巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『ここは今から倫理です。』第5巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『ここは今から倫理です。』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『ここは今から倫理です。』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『ここは今から倫理です。』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『ここは今から倫理です。』はマンガアプリ「ヤンジャン」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「ヤンジャン」をインストール

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください