[ネタバレ注意]『Dr.STONE』最新第16巻|“Dr.STONE”編完結!物語は“本章:石化の真相へ!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、TVアニメ第2期の放送が2021年1月に決まり、コミックス累計500万部を突破したクラフトアドベンチャーマンガ『Dr.STONE』、その第16巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

Dr.STONE 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

石化した左手を前に突き出す千空と、氷月の一撃から今は命を繋ぎ止めるためにコールドスリープされている司が共にいい表情で表紙を飾っています。

 

さて、冒頭にも書きましたがいよいよTVアニメ第2期の放送が2021年1月から始まりますね。

第2期では原作の第2部にあたる“STONE WARS”編が放送され、今では千空たちの頼もしい見方であるニッキーや羽京も、アニメでは新キャラクターとして初めて喋って動く姿を見ることができるようです。

アニメ『Dr.STONE』の公式HPには、TVアニメ第2期のティザーPV第2巻が公開されているので、気になる方はぜひ下記リンクからご確認ください。

アニメ『Dr.STONE』公式HP

 

今回の記事では、そんな『Dr.STONE』第16巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『Dr.STONE』第16巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『Dr.STONE』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『Dr.STONE』第16巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『Dr.STONE』15巻の振り返り

以下の記事に『Dr.STONE』第15巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第16巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『Dr.STONE』16巻の見どころ&感想[ネタバレ]

千空がイバラ戦を制しついに化石装置を手に入れる!

島の中心から島全体を覆うように石化光線が広がっていくという、かなりの緊急事態から幕を開けた第16巻。

そして千空たちはそのまま石化されてしまい、1人生き残ったイバラが島を闊歩するのですが、そんな彼の前になぜか石化していない状態の千空が姿を現します。

どうやら彼は1列に並んだクロムたちから得た石化光線が広がる速度から自分が石化するタイミングを算出し、その後で自分に復活液がかかるように真上に投げて自力で石化を解除したようなのです。

というわけで、ここから石化武器をゲットした方が勝ちの科学王国と石化王国の大将戦一騎討ちが幕を開けることとなりました。

ラボカーをぶつけることによってイバラから石化武器を奪った千空。

しかしイバラも用心深く、体に纏った貝殻の盾で衝撃を和らげすぐに千空から石化武器を奪い返します。

すると千空は石化武器を投げられないよう林の中へと逃げ込んで硝酸を投げつけて攻撃するのですが、イバラには大したダメージを与えられないまま崖側へと追い込まれてしまいました。

最後に千空に名前を尋ねつつ、「5m5seconds」と石化武器を起動させるイバラ。

そして千空が名乗りイバラが石化武器を放り投げた瞬間、なんと先ほど投げた硝酸で復活していた龍水が操作するドローンが崖下から現れ、空中で石化武器を絡めとってしまったのです。

そこから5秒間の綱引きが始まり、石化武器が起動する直前に千空たちが手を離すことによってイバラを光線範囲内に入れることができた、と思ったのですが、イバラも1枚上手で被っていた帽子を投げて石化武器にぶつけ押し返すことによって石化を回避してきました。

しかしその直後、自ら石化光線の中へと飛び込んでいった龍水が石化武器にインカムを取り付けたことによって千空が無線で「5m1second」と起動させることができ、ついにイバラを石化させることに成功します。

そうして、千空は念願の石化武器を手に入れることができました。

 

もうこのシーンは1ページめくるごとに1歩も引かない予測不能の攻防が繰り広げられ、要約しようにもどこも削れずになかなかの文章量となってしまいました…。

ただそれだけ読み応えのあるシーンなので、ここはぜひ文字だけでなくマンガとして読んでほしいですね。

とにかく、これで“宝島”編での最終決戦は千空たちの勝利で幕引きとなります。

 

スポンサーリンク

本章:石化の真相開幕!ホワイマンの正体と居場所が判明!?

イバラを倒した後、千空は石化された敵も味方も順番に復活させていきました。
もちろんコハクと銀狼も、石化解除時の修復力のおかげで無事に生還です。

そして本土と連絡を取るために、イバラたちに壊されたペルセウス号の通信設備を直してようやくルリと繋がることができたのですが、突然それが別の強力な電波によって遮断されてしまいます。

その直後、通信装置から聞こえてきたのは「12800000m1second(地球の直径)」と言う千空の声だったのです。

ただ、その声は羽京によって合成音声だということが明らかになり、またこの島の数百年前の住人で石化から復活した松風という男の情報から、千空たちはパラボラアンテナを作成し敵の位置を数十万km上空だと割り出しました。

つまり、ホワイマンは月面にいるということになります。

ここから、千空たちはホワイマンの正体を突き止めるべく、科学の力で月に行くこと目的とした“本章:石化の真相”が幕を開けます。

 

これまでも千空はこのストーンワールドで大規模な計画を立てては次々と実現させていったのですが、次の目標である「月へ行く」は素人目に見てもレベルが段違いなのがわかりますね…(笑)

ただ、きっと彼ならそれも実現させてしまうのでしょう。
現時点では全く想像もつきませんが、彼らがどんな歩みで目標へのロードマップを歩いていくのかが楽しみです。

 

石化武器「Dr.STONE」と復活液で司がついに復活!

次の目標が決まったところで、千空たちは宝島を後にしてルリたちの待つ石神村へと帰ることにします。

そして、月に行った時の実働部隊として、霊長類最強の高校生である司を手に入れた石化武器「Dr.STONE」と復活液によって傷を完治させつつ復活させることができました。

こうして復活から長い月日が経ちましたが、ようやく司も千空たちと同じ科学王国の仲間です。

その後、千空が提示した月に攻め込むための宇宙船クラフトのロードマップには、地球規模でコーン、超合金、ゴム、アルミなどの素材を掘り集めるための新しい街を作る壮大な計画が記されていました。

その中でまず千空が最初に作るのは、復活液の原料であるアルコールの原料となり、かつ増えていく人類の食糧にもなるコーンの街です。

次巻、いよいよ“世界一周街作りツアーと称して、彼らはペルセウス号で地球の裏側であるアメリカ大陸を目指します。

 

まとめ

まさかこの物語が最終的に月に行くことにつながっていくなんて、一体誰が予想できたでしょうか…?

しかもその前の段階であるにもかかわらず“世界中に街を作る”という壮大すぎる計画が始まり、彼らの冒険はまだまだずっと続いていくことになりそうですね。

そして次巻予告では、さっそくアメリカ大陸へ向けて大海原をかけるペルセウス号の様子が描かれていました。

はたして、海を超えた先には一体何が待っているのでしょうか?
というか、そもそも彼らは無事にアメリカ大陸へとたどり着くことができるのでしょうか?

次巻は、またこの第16巻とは違った緊張感をまとった1冊となりそうですね。
先の展開が楽しみです。

 

『Dr.STONE』17巻の発売日は?

『Dr.STONE』第17巻は2020年9月4日に発売予定のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入できますよ。

created by Rinker
集英社
¥484 (2020/08/07 22:21:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

では、ありがとうございました。

 

『Dr.STONE』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥460 (2020/08/07 08:56:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

『Dr.STONE』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『Dr.STONE』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『Dr.STONE』第16巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください