[ネタバレ注意]『電人N』第1巻|『食糧人類』のコンビが描く衝撃のサイコスリラーマンガ!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、『食糧人類』や『アポカリプスの砦』を手がけた蔵石ユウ先生×イナベカズ先生のタッグが描く、新作サイコスリラーマンガのご紹介です。

そのマンガがこちら。

電人N(1) (ヤンマガKCスペシャル)

電人N』です。
いくつも交わる電線をバックに、不気味な2つの目がこちらを見つめています。

 

〜追記〜
第2巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『電人N』の記事一覧

 

僕がこのマンガを知ったのは偶然本屋で見かけたからなのですが、まずこのインパクトの強い表紙に目が止まりましたね。

そして手に取り作者が蔵石ユウ先生×イナベカズ先生の2人だということを知り、すぐに購入を決めました。

『アポカリプスの砦』をマンガアプリで読んでから、すっかり先生方の作品のファンなんですよね。

『食糧人類』もハードな内容ながらもとても面白かったので、この『電人N』にもかなり期待が膨らんでいたのですが、実際に読んでみるとそのハードルを軽々と飛び越える面白さでした。

ただ、グロさもしっかり顕在だったので、苦手な方は注意してください。

 

今回の記事では、そんな『電人N』第1巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『電人N』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『電人N』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『電人N』のあらすじ

以下に『電人N』のあらすじを載せておきます。

ある日、俺は電気人間になった――。
しがないコンビニ店員・那須忠太の唯一の心の救いは、アイドルのVR映像を観ること。
不幸な家庭環境のもと高校を中退し、バイト先でも虐げられている現実を、画面の先の神崎さんはいつも癒してくれる。
しかしある時、飲んだくれた母との諍いをキッカケに、彼の体にとんでもない異変が発生し‥‥!?

電人N – 蔵石ユウ/イナベカズ/田中空/ #1|コミックDAYS

上記サイトでも「コミックDAYS」のアプリでも、第1話と第2話は無条件で公開されているのですぐに読むことができますよ。

“電気人間”の“那須”で『電人N』です。

このあらすじだけでは“電人”がどんなものかはっきりわからないと思うのですが、とにかくこの彼がとんでもない事件や殺戮を犯していくことで物語がどんどん展開されていきます。

 

では、さっそく第1巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『電人N』1巻の見どころ&感想

那須忠太はなぜ“電人N”になったのか

あらすじにもあるように、那須忠太は辛い現実の中で駆け出しアイドルの神崎さんを応援することが唯一の生きがいでした。

そんなある日、バイト先の店長に大切な私物を捨てられ、家に帰るとアル中の母親に怒鳴られ散々な目にあった彼はなんと、銅線を剥き出しにしたVRの電線を直接耳に突っ込んでそのまま電源を入れてしまいます

耳から頭に電流が流れ、白目を向き死んでしまった那須。

しかしなぜか彼の意識だけは電気や電波、電磁波に乗って街をめぐり、彼はありとあらゆる電子機器を自在に操れる存在へと生まれ変わってしまったのです。

こうして、“電人N”は復讐、そして自らの目的を成し遂げるために動き出しました。

 

この主人公はこれまで抑圧されされた人生を送ってきた分、“電人”という自由の身となってから想像以上の大暴走を引き起こします。

ここから、蔵石ユウ先生×イナベカズ先生のサイコな世界観がどんどん展開されていきますよ。

 

スポンサーリンク

電人Nの目的は“推しを世界一のアイドルにすること”

電人となった那須(以下:N)は、まずコンビニの自動ドアやシャッターを操り、これまで自分をこき使ってきた店長を殺してします。

そしてこの一件を通して「なんでもできるんだ」と自信をつけたNは、それから街中の監視カメラを通して応援していたアイドルの神崎さんを常に監視し始めました。

初めは信号を青にしてあげたり自販機で当たりを出してあげたりと、あくまでささやかな応援なのかなと思っていたのですが、当然彼の行動がそんなもので収まるはずがありません。

なんと彼は、神崎さんの所属するアイドルグループのライバルグループが乗った車を踏切で停止させ、電車と衝突させることで皆殺しにしてしまったのです。

この他にも、彼女にSNSを通して説教していた粘着男をエレベーターで切断したり、動画サイトにある他のアイドルグループのチャンネルを全て消したりと、だんだん直接的な手口を取るようになってきたN。

全ては彼女を世界一のアイドルにするため。
一切の手段を選ばない彼の殺戮は、ここからまだまだ続いていきそうです。

 

しかし、これだけの事件が自分の身の回りでおきた神崎さん自身も、さすがに誰かに監視されていると疑い始めたようでしたね。

このままでは彼女が世界一になるより先に罪の意識に耐えきれずにアイドルをやめるか、最悪命を絶ってしまいそうな気がするのですが…。

Nはいろんな意味で少しやりすぎな気がします。

 

都市伝説の私立探偵“スドー”登場!

Nの引き起こした一連の事件を追っていた警察が、もはや自分たちの手に負えないと判断し協力を仰いだのが“スドー”と呼ばれる2人1組の青年でした。

なんと彼らには元は脳の一部が結合した双子だったという噂があり、2人揃うと常人には見えない何かが見えると、警察から重宝されている存在だというのです。

そして、さっそく今回の敵が電子機器に介入して事件を起こしていることに気づいた彼らは、犯人が“人間と機械の両面を持った存在”であり、同時に“神に近い存在”だという結論を下しました。

はたして彼らは一体どんな手段を用いて電人Nにたどり着き、彼の凶行を止めるつもりなのでしょうか?

気になるところではありますが、この第1巻はここでおしまいです。

 

まとめ

那須が電人Nに生まれ変わってからはかなりグロいシーンが続きましたね。
割と耐性のある僕でも目を背けてしまうようなシーンもあったので、作画のイナベカズ先生の画力、おそるべしです。

ストーリーについても、初めはNに対して「こんなの誰にも止められないんじゃないか」と思っていたのですが、特殊能力を持ったスドーの登場で先の展開が一気に分からなくなりました。

ほとんど神とも言える実態のない電人Nをどうやって追い詰めていくのか。

僕には全く想像がつかないので、早く続きが読みたいです(笑)

 

〜追記〜

『電人N』2巻の感想記事

以下の記事に『電人N』の第2巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『電人N』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
講談社
¥693 (2020/09/17 23:18:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

『電人N』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『電人N』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『電人N』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください