[ネタバレ注意]『ダーウィンズゲーム』第28巻|過去に戻ったカナメは対グリードの仲間集めに奔走する!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、“未来を変えるために過去へタイムリープをする”という驚きの展開を見せた衝撃の異能力バトルマンガ『ダーウィンズゲーム』、その第28巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

ダーウィンズゲーム 28 (少年チャンピオン・コミックス)

夕暮れにカラスたちが飛ぶ中で、1人スマホを片手にカナメがたたずんでいます。

まさにカナメが組織したクラン「サンセットレーベンズ」を表しているようですね。

 

〜追記〜
第29巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『ダーウィンズゲーム』の記事一覧

 

さて、この第28巻では、グリードの進行を止めるためにダーウィンズゲーム開始時点過去へと戻ったカナメが、もう1度シュカやレインたちを仲間に引き入れるために奔走します。

つまりこの終盤に来て第1巻で描かれた展開を改めて読むことができるのですが、まさに「強くてニューゲーム」状態のカナメが気持ちいいくらいに事態をいい方向へと導いていくんですよね。

懐かしさを感じつつも迫り来るグリードの脅威に向けて着々と対策が進められていく様子に、ここから先のクライマックスへの期待感が高められるような1冊となっていました。

 

今回の記事では、そんな『ダーウィンズゲーム』の第28巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

『ダーウィンズゲーム』を無料で読む方法!

文字だけでなく『ダーウィンズゲーム』をマンガとして読みたい方は、無料マンガアプリ「マンガBANG」でも第14巻まで無料で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「マンガBANG」をインストール

また、第15巻以降が読みたい1話ごとにではなくコミックス1巻ごとに読みたいという方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『ダーウィンズゲーム』の第28巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

U-NEXTの「31日間無料トライアル」が気になる方はこちらから↓

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

※本ページの情報は2024年2月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTのサイトにてご確認ください。

上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『ダーウィンズゲーム』27巻の振り返り

前巻の内容を振り返りたい方は、以下の記事に『ダーウィンズゲーム』第27巻の見どころをまとめているので、こちらから先にご覧ください。

 

スポンサーリンク

『ダーウィンズゲーム』28巻(109話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

それでは、さっそく『ダーウィンズゲーム』第28巻の内容に入っていきましょう。

まだ能力を持たないカナメが再びシュカに挑む!

この第28巻は前巻の続き、過去に戻ってまだ能力を与えられていないカナメと、すでにAランカーになっているシュカとの戦闘から幕を開けます。

シュカを対グリードの仲間に誘いたいだけなのでほとんど手は出さないカナメに対し、Dゲームの今後の展開を語るカナメを怪しんで積極的に能力『荊棘の女王クイーンオブソーン』を使い殺しにかかってくるシュカ。

しかしカナメはこれまでの修行や戦いで培ってきた戦闘スキルで彼女の攻撃をほぼ完璧に見切り、無駄のない動きですり抜けるように躱していきます。

そして最終的にはカナメが建物を利用して彼女の操る武器の動きを制限し、カウンターで顎への一撃を決めてみごと勝利となりました。

その後カナメの実力を認めたシュカとレインが再び仲間になってくれ、ここから未来のグリードの影響を排除するための作戦が本格的に始動していきます。

 

早々にセイゲンと接触したカナメが作戦を開始する!

過去のイザヤと接触できないかと彼の会社の前で出待ちをしていたカナメに、車に乗ったセイゲンが「私と同じ2回目なのではありませんか」と声をかけてきます。

このおかげで1周目よりもかなり早く接触することができた2人は、現在の状況や未来で何が起きるかなどの情報交換をして、スムーズに協力関係を結ぶことができていました。

そしてその後、イザヤが1匹の小型グリードを討ち漏らし未来にグリードが存在する可能性を高めてしまった侵攻に、くちなわ会が援軍として参加することでその小型グリードに発信機をつけることに成功したのです。

その発信機が壊されたのはカナメの通う高校付近、これにより彼の学校にグリードの協力者がいることも明らかになりました。

着々と仲間を集めつつ、グリードの目論見を先回りし可能性の芽を潰していくカナメ。

そんな彼が次に起こす行動は、早急にGMのイザヤに会うためのものでした。

 

カナメ&シュカVS雪蘭&士明のタッグマッチ戦が開戦!

早急にイザヤに会うためにカナメが立てた次の目標が、イベント戦に参加し勝つことでした。

しかしこの2周目ではまだDゲームを始めたばかりのカナメはランクが低く参加できない可能性があるため、その前にランクを上げられるビッグマッチを組むことにします。

それが、Dゲーム個人ランキング1位の雪蘭とその腹心の士明に、シュカと組んで挑むタッグマッチです。

この第28巻の後半では、戦闘開始からカナメとシュカが2人に対し初撃を仕掛けるところまでが描かれていました。

はたして、未来から来たとはいえ自分に戦闘スキルを叩き込んでくれた師匠にカナメは勝つことができるのでしょうか?

次巻へと繋がる元の未来ではあり得なかった夢のドリームマッチは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『ダーウィンズゲーム』第28巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

過去のストーリーをなぞりつつ、その時にはできなかったことや新しい展開が描かれていくことに、終始ワクワクさせられるような1冊となっていました。

その中でもカナメとシュカが雪蘭と士明のタッグに挑む展開にはかなりアツくなりましたね。

初撃から手に汗握る戦闘が繰り広げられていたので、ぜひ読んでみてほしいです。

また、上記では割愛しましたが、なぜシゲオがグリード達に「王」と呼ばれるのか、そのきっかけとなる出来事も描かれていまいした。

怒涛の勢いで回収されていく伏線やこれまでとの繋がりの数々。

次巻以降の展開にますます期待が高まります。

 

追記:『ダーウィンズゲーム』29巻の感想記事

以下の記事に『ダーウィンズゲーム』第29巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『ダーウィンズゲーム』第28巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『ダーウィンズゲーム』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『ダーウィンズゲーム』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『ダーウィンズゲーム』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『ダーウィンズゲーム』はマンガアプリ「マンガBANG」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「マンガBANG」をインストール

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『ダーウィンズゲーム』第28巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>