[ネタバレ注意]『地上100階〈脱出確率0.0001% 〉第1巻|「このマンガがすごい!WEB」で1位をとった命がけ脱出ゲームマンガ

スポンサーリンク


Pocket

今回はLINEマンガで絶賛連載中、「このマンガがすごい!WEB」の「モラル崩壊の脱出不可能マンガ」でランキング第1位を獲得したマンガの第1巻のご紹介です。

そのマンガがコチラ。(画像をクリックするとAmazonの商品ページへ移動できます。)

地上100階~脱出確率0.0001%~1 (LINEコミックス)

地上100階 〈脱出確率0.0001%〉』です。

 

まず、この「モラル崩壊の脱出不可能マンガ」ランキングとは何なのか、から説明しますと、このランキングは「このマンガがすごい!」の編集部が独自の観点で作成したランキングとなっています。

堅苦しい規則や息苦しい人間関係に縛られて、いろいろと窮屈な世の中。もうこんな生活はイヤだ! せめてフィクションの世界ぐらいでは思う存分好き勝手やらせてくれ!
そんな日々のストレスがたまっている皆様のために、今回は閉鎖された空間で、我を忘れて欲望のままに行動しまくるマンガをランキング形式で、ご紹介!

人気ジャンルでもあるデスゲーム系マンガが多すぎて、いったいどれを読んだらよいのかと悩んでいる人も必見! そのほか、母子愛とか登山とか恋愛ゲームとかメシテロとかいろんなジャンルから選出したぞ!

このマンガがすごい!WEB

 

ここ数年で「デスゲーム系マンガ」「脱出系マンガ」って本当に多くなりましたよね。

そんな世の中に数多く出回っている「モラル崩壊の脱出不可能マンガ」のランキングの中で、見事1位に輝いたのが今回ご紹介する『地上100階』です。

 

今回の記事では、その第1巻の見どころを感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『地上100階』のあらすじ

以下に『地上100階』のあらすじを載せておきますね。

未曾有の財政危機に瀕した近未来都市・TOKYOに開設された、ある国営ギャンブルーー。 1フロアが東京都千代田区ほどの広さを持つ100階建ての塔「バベルダンジョン」に集められた約20人の男女。自らの生死が賭けの対象となった国営ギャンブル参加者たちの目的はただひとつ。塔から脱出すること。その達成賞金は100億円! 極限の状況下、生き残りを賭けた死闘が始まる!!

地上100階 〜脱出確率0.0001%〜/LINEマンガ

『カイジ』をイメージしてもらうのが一番わかりやすいかもしれません。

特別難しいルールもなく、設定自体はシンプルなのでとっつきやすいと思います。

では、内容の方に入っていきましょう。

 

『地上100階』の見どころ

記憶のない主人公・黒海樹

このマンガの舞台である“国営ギャンブル”「バベルダンジョン」、ここへの参加者は目的は違ってもみんな自分の意思でエントリーをして参加しています。

そんな中でただ一人、なぜかこのダンジョンのことも偶然遭遇した幼馴染の女の子・小石絹代のことも記憶から抜け落ちてしまっているのが、主人公の黒海樹です。

なぜ彼はこの「バベルダンジョン」へエントリーしたのか、はたまた“させられたのか”、そしてなぜ記憶を失っているのか。

デスゲームには向かないような正義感と優しさを兼ね備えた彼ですが、はたしてこのダンジョンで生き残っていくことができるのでしょうか。

 

…しかしデスゲーム系マンガの主人公にはこのタイプの人間が多いですよね(笑)

「主人公」という肩書きのイメージを考えると、仕方ないことなのかもしれませんが。

 

バベルダンジョン「第1のミッション」、開始!

ついに地上100階でのミッション「円柱水路の間」が始まってしまいました。

クリア条件は「出口」を見つけること。

ミッション開始のアナウンスとともに円柱形の縦に長いフロアに水が注がれていきます。

壁にはトゲ、流れてくる水は渦を生み、チャレンジャーたちは出口を見つけるどころか溺れないようにするだけでも精一杯な様子。

そんな中で、記憶喪失の主人公・黒海樹の頭が冴えます。

フロアから得られるヒントから、もうすでに沈んでしまったフロア下部のドアこそが本当の出口なんじゃないかという彼。

しかしフロアの天井からもロープが出現。いったいどっちが本物の「出口」なんでしょうか。

真実は、まだ1巻では描かれていませんでした…。気になる…。

 

最恐・最狂のチャレンジャー・佐鳥アスマ

この「バベルダンジョン」で敵となるのはミッションだけではありません。

こんなヤバい匂いがぷんぷんするような“ダンジョン”に身を投じるチャレンジャーたちも一癖も二癖もあるような奴らばかりです。

その中でも最も危険なのは佐鳥アスマという男。

黒海樹を助けるために必死な小石絹代に借りを作らせ服従を誓わせたり、他のプレイヤーを圧倒的な暴力でねじ伏せゲームを有利に進めようとします。

 

こういう腕っぷしも強く支配的なキャラっていかにもデスゲーム向きですよね。

黒海樹はこの「バベルダンジョン」に、そしてこの佐鳥アスマに、どう立ち向かっていくのでしょうか。

 

まとめ

 

『地上100階』の第1巻はとりあえず物語が動き出し、ミッションが始まる序章のような感じでした。

もし仮にこのまま地上1階に降りるまでゲームが続くとなると、今はまだ100回なので、後100個もゲームをクリアしないとダメなんですね…

そりゃ<脱出確率0.001%>にもなりますよ(笑)

ひとまず続きとなる『地上100回』第2巻では、黒海樹、小石絹代は無事ミッションをクリアすることができるのでしょうか。

読むのが楽しみです。

 

〜追記〜

『地上100階』第2巻の見どころを以下の記事にまとめました。

合わせてご覧ください。

 

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください