[ネタバレ注意]『豚の復讐』最新第8巻|勇者(同級生)の妨害を退け王女の妹を修道院から連れ戻せ!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、復讐相手も残すところ12人となったところで、いよいよ幹部クラスの同級生が武たちの前に立ちはだかる『豚の復讐』第8巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

豚の復讐 8巻【特典イラスト付き】 (ゼノンコミックス)

彼女は槇山未華子、『歌姫未華子の超絶美声インビシブルアサシン』という「一定範囲に任意の振動や音を発生させる」スキルを持つ、承認欲求と自己顕示欲の塊のようなタケシの同級生です。

この第8巻で武たちは彼女と、「国土開発庁 統括」を任されている幹部クラスの同級生・佐々木晃典の2人を相手に復讐を行なっていきます。

ただ、佐々木はさすがに幹部クラスなだけあってこれまでのものとは頭ひとつ抜けた強力なスキルを持っており、武たちは一筋縄では行かない戦いを強いられることになるんですよね。

そんな彼に対して武たちはどう立ち向かうのか、能力バトルマンガさながらの攻防はかなり読み応えがありましたよ。

 

今回の記事では、そんな『豚の復讐』の第8巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

『豚の復讐』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『豚の復讐』をマンガとして読みたい方は、マンガアプリ「マンガBANG」で第7巻の途中まで無料で公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「マンガBANG」をインストール

それ以降のエピソードが気になる方や巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『豚の復讐』第8巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2024年7月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『豚の復讐』を電子書籍で読むならセールや割引が充実コミックシーモアがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、無料会員登録で必ず【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

コミックシーモア で『豚の復讐』第8巻をお得に読む

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

さらに、下記の記事には上記以外にも『豚の復讐』を無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『豚の復讐』7巻の振り返り

前巻の内容を振り返りたい方は、以下の記事に『豚の復讐』第7巻の見どころをまとめているので、こちらから先にご覧ください。

 

スポンサーリンク

『豚の復讐』8巻(30話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

それでは、さっそく『豚の復讐』第8巻の内容に入っていきましょう。

政治が知識を持つ王女の妹・ラーテがいる修道院へ!

勇者との戦いと王都での政治を両立していた王女が過労で倒れてしまう、という新たな問題に直面してしまった武たち。

そこで王女は自分よりも政治の知識がある人物として、今は修道院送りになっている妹のラーテを紹介してくれ、武たちは彼女を連れ戻すために遠方の修道院へと向かうことにします。

しかしそこにはすでに同級生の槇山と佐々木が襲撃しており、槇山は修道僧を脅して集めてアイドルごっこを、佐々木はサブクエエストと称して修道女たちにいかがわしいことを強制していました。

本当に武の同級生たちは1人もロクな人物がいないというか、異世界の住民たちを使って自分の欲求を叶えることしか脳がないようなヤツらばかりですよね…。

修道院に辿り着いてラーテと合流しこの惨状を目の当たりにした武は、今回も修道僧と修道女を同級生から解放するために仲間と共に立ち上がります。

 

アイドルごっこで修道僧を苦しめる槇山未華子に復讐を!

修道院の別々の場所でやりたい放題している槇山と佐々木を別々に撃破することにした武たちは、まず槇山を倒すために彼女が行なっている“らいぶ”へと潜り込みます。

彼女は修道僧たちをファンに見立てて無理やり踊らせ、失敗した者がいれば能力を声に乗せて殺していく、という最悪な“らいぶ”を行なっていました。

そこで武は彼らに耳栓を渡したうえで槇山を存分におだてさせ、彼女のテンションが最高潮に達したところでダイブコールをしてそれを受け止めずに落下させて拘束する、という作戦を仕掛けます。

そしていざその作戦を実行するといとも簡単に彼女は引っかかり、そこからはいつものように武と修道僧たちによる拷問と復讐が彼女を待ち受けていました。

この槇山、これまでの同級生の中でやっていることが一番しょうもなく、一番苦労せずに拘束できたかなりの雑魚キャラでしたね。

現実世界での過去エピソードも自己愛にまみれた見ていられないほど痛々しいものだったので、この記事での紹介は割愛させてもらって次の見どころ紹介へと進みましょう。

 

幹部級の同級生・佐々木の強スキルが武たちを襲う!

槇山への復讐が完了した武たちは、次に佐々木をおびき出しラーテと修道女たちを助け出すために行動を開始します。

そこで武はあえて自分が囮になり佐々木をラーテ達から引きはなそうとしたのですが、佐々木が馬よりも速いスピードで駆けてきたために十分な距離を稼ぐことはできませんでした。

しかもそのスピードだけでなく、怪力や体力回復、さらには空中ジャンプや生き返りまで、いくつもの常人離れした行動を見せつけてくる佐々木。

そんな彼のスキルは『異次元遊戯の大奸物アルティメットチートマスター』、「ゲームキャラのような能力や特徴を3つまで同時に身体に宿すことができる」という、まさにチートのようなスキルを持っているのです。

ちなみに、彼が生き返ることができる「残機」は100人殺して1UPするらしく、彼はそれをMAXの100にしていました。

そんなRPGゲームの主人公さながらのスキルを持つ佐々木を相手に、武たちはどんな手段で立ち向かうのでしょうか。

ハイスピードで予測不能な攻防が繰り広げられるこの第8巻のラストシーンは、ぜひご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『豚の復讐』第8巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

幹部級の同級生が残っているだけあって、流石にこれまでのペースで復讐を行なっていくのは難しくなってきましたね。

今回は槇山1人に復讐をして残す同級生は後11人、そのうちの6人が佐々木のような強力なスキルを持っていると予想できる幹部たちです。

ちなみにこの第8巻では佐々木との戦いで100ある「残機」のうち3つは減らしたものの、決着はつかずに次巻以降へと持ち越されていました。

はたして武たちは彼をあと97回殺すことができるのか、それとも捕らえて生かさず殺さずの状態で復讐を行なっていくのか。

これまでにない強敵との戦いがどんな決着を迎えるのか楽しみです。

 

『豚の復讐』9巻(36話〜)の発売日は?

続く36話以降が収録された『豚の復讐』第9巻は2024年10月19日に発売予定のようです。

今から続きが待ち遠しいですね。

 

以上、『豚の復讐』第8巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『豚の復讐』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥683 (2024/07/24 19:45:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

『豚の復讐』を電子書籍で読むならセールや割引が充実コミックシーモアがオススメです!

コミックシーモア で『豚の復讐』第8巻をお得に読む

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

『豚の復讐』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『豚の復讐』はマンガアプリ「マンガBANG」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「マンガBANG」をインストール

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『豚の復讐』第8巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp 1000コース