[ネタバレ注意]『BEASTARS』第9巻|ついに演劇部で起きた食殺事件の犯人が明らかに!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、各メディアから評価され見事マンガ賞4冠を達成した『BEASTARS』、その第9巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

BEASTARS 9 (少年チャンピオン・コミックス)

演劇部の花形新人、ドールビッグホーンのピナが表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第10巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『BEASTARS』の記事一覧

 

上にも書きましたが『BEASTARS』マンガ賞4冠、すごいですね。

「マンガ大賞2018」「文化庁メディア芸術祭」「手塚治虫文化賞」「講談社漫画賞」の4つで賞を受賞したそうです。

まさに総ナメ状態。おめでとうございます。

 

今回の記事では、そんな人気絶頂の『BEASTARS』の第9巻の見どころを、感想も含めてまとめました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『BEASTARS』8巻の振り返り

『BEASTARS』第8巻の見どころは以下の記事にまとめています。

演劇部の食殺事件の犯人を捕まえるために強くなろうとゴウヒンの元で修行を積んだレゴシ。

9巻ではその成果を存分に発揮してくれるのでしょうか。

では、内容の方に入っていきましょう。

 

『BEASTARS』第9巻の見どころ

演劇部食殺事件の犯人が明らかに…!

演劇部の活動中にクロヒョウのタオがアリクイのキビの腕を引きちぎってしまう(もちろん偶然です)事故が起きました。

重症のキビを医務室に運んだのはレゴシとヒグマのリズ。

そしてキビを医務室に運んだ後、そのドアの前でレゴシがリズに一言。

「あの日テム食ったのお前だよね」

あまりにも突然に、そしてど直球で聞くので、読んでいた僕まで驚いて呆気にとられてしまいましたよ…

そしてまたリズもそれをあっさり認め、この場で2匹のバトルが始まるのかと思いきや、なんとそこに割って入ったのは今回表紙を飾っているピナでした。

結果的にピナのおかげで一旦話し合いにもつれ込み、助けられた形となったレゴシ。

いつかこの2匹の間に決着がつく日が来るのでしょうか。それとも分かり合う形となるのでしょうか。

事件の真相から目が離せません。

 

レゴシ、裏市でルイと遭遇

ゴウヒンの修行の一環として、裏市で怪しい動きを見せる2匹の肉食獣を見つけ跡を追うレゴシ。

しかし彼らはシシ組の一員で、スパイだと思われたレゴシは他のシシ組のメンバーに取り囲まれてしまいました。

もちろんその中にはかつての演劇部の部長であり、今はシシ組のボスであるルイもいます。

こんな形ではありますが、ルイとの予期せぬ再会を尻尾を振って喜ぶレゴシ。

しかしそんな彼をルイは突き放します。

「お前は裏社会に染まるな」「そのまま光の中を突き進めるだろ」と。

 

やっぱり肩書きは変わってもルイはルイですね。己の信念を貫き通す姿が格好いいです。

一応学校は休学中ということになっているはずですが、また彼が学校に戻って来る日は来るのでしょうか。

 

演劇部食殺事件の真相

第77話では、演劇部で起きたテムの食殺事件の真相が描かれています。

ヒグマとしての力を抑え込むために毎日薬を飲んでいたリズ。

そのおかげで周りからは優しいクマだと言われてきた彼は、テムから初めて「怖い」という言葉をぶつけられます。

テムはなんでも見たままを言う性格なようで、“本当の自分”を見てくれているような気がしたリズはある日、薬を飲まずに彼の前へと姿をあらわすことにしました。

初めは少しおびえながらも、その後は当然のような顔で肉食獣としてのリズを受け入れるテム。

「僕らは親友だよ」とリズに打ち明けます。

その嬉しさからか、気の緩みからか、次のシーンでは血まみれのリズが1匹、教室で座りこんでいました。

 

これが1巻の冒頭で描かれていたシーンの全てだったんですね。

リズはただの快楽殺人動物ではなかったようです。真相を突き止められるのを嫌ったのは思い出を自分だけのものにしておきたかったからでしょうか。

いつか想いの全てを明らかにしてくれることを期待します。

 

まとめ

『BEASTARS』のこれまでのストーリー全体を通した1つの謎が明らかにされる巻でしたね。

またそれぞれの思惑が、事情が少しずつ交わってきたようにも感じます。

続きとなる『BEASTARS』第10巻では、また物語が大きく動き出しそうな気がしますね、今から発売が楽しみです。

 

〜追記〜

『BEASTARS』第10巻の感想記事

以下の記事に『BEASTARS』第10巻の見どころをまとめました。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください