[ネタバレ注意]『BEASTARS』最新第15巻|TVアニメ放送開始!レゴシやハルが美麗なカラーで動き出す!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、2019年10月9日にTVアニメが放送開始される大人気動物版ヒューマンドラマ『BEASTARS』、その第15巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

BEASTARS(15) (少年チャンピオン・コミックス)

ヒョウとガゼルのハーフで像牙の密売人でもあるメロンがとぼけたような表情で表紙を飾っています。

 

冒頭にも書きましたが、ついにこの『BEASTARS』のTVアニメが始まりますね。

公式サイトで見られるPVではとても綺麗な映像で動き回るレゴシやハルが描かれており、マンガでは表せない動物ならではの躍動感のようなものも綿密に表現されていました。

いまマンガ本編では舞台が学校から離れ「社会人編」として少し大人っぽいレゴシが描かれていますが、アニメではまた学校で友達と青春を送るかれの姿が見れるのが楽しみです。

 

今回の記事では、そんな『BEASTARS』第15巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『BEASTARS』第15巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『BEASTARS』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『BEASTARS』第15巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

『BEASTARS』14巻の振り返り

以下の記事に『BEASTARS』第14巻の見どころをまとめています。

ビースターズであるヤフヤに呼ばれ警視庁最上階の応接間兼にんじん畑の食料庫に招かれたレゴシ。

そんな2匹が会って何も起こらないはずもなく、ヤフヤがレゴシの頭を踏みつけたり、レゴシが自らの牙を全て折ってヤフヤに一発お見舞いしたりと、衝撃的の展開が次々と繰り広げられました。

その後のエピソードもレゴシとハルちゃんがデートをするのですが、ハルちゃんが裏市に行きたがったりと決して甘々しい内容ではなかったですね。

だんだんテーマが重ためになっていく「社会人編」。
続く第15巻もレゴシが「肉食獣と草食獣」について悩みまくります。

 

では、さっそく第15巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『BEASTARS』15巻の見どころ&感想

レゴシがハルちゃんご一家にお邪魔する!

レゴシがハルちゃんの家の前で彼女とお互いのスケジュール確認をしていると、そこにハルちゃんのお父さんが現れてかなり気まずい空気が流れてしまいました。

そしてお父さんの「夕食でもどう?」という社交辞令を真に受けたレゴシは、手の込んだ暖かい一汁三菜の草食獣らしい晩ご飯をご馳走になります。

特に何かが起きるでもなく、ただハルちゃんが愛されて育ったんだということを実感したレゴシ。

その後、彼が帰ろうとするとお父さんが「駅まで車で送ろうか」と言ってくれ、2人は小動物用の窮屈な車の中でもう少し話をすることに。

するとレゴシは会話の流れでいきなり「娘さんが好きなんです」と告白し、それを聞いたお父さんも家での彼の振る舞いを思い出しながら笑顔で「また遊びにおいで」と言ってくれました。

緊張感のあるエピソードが続いてきた中で、久々にほっこりとするワンシーンでしたね。

ハルちゃんも終始楽しそうで、本当にいつかいろんな壁を乗り越えて一緒になってほしいものです。

 

ヤフヤさんがレゴシを連れてメロンを追う!

レゴシがバイトの出前をしていると、突然彼の前にビースターであるヤフヤさんが姿を現し「僕の手伝いをしてくれないか」と頼んできました。

そして「引き受けてくれたら前科をもみ消す」という餌につられ引き受けたレゴシは、上流階級の獣が集まる“仮面夜行会”というパーティに連れてこられます。

全てはこのパーティを主催している像牙の密売人のメロンを捕まえるため。

そのためにヤフヤはまたいきなりレゴシを殴り彼の血をグラスに入れ、自分の血と混ぜて肉食獣と草食獣の混血を作り出すことによって、周りにいる動物たちの反応からみごとパーティに紛れ込むメロンを特定することに成功しました。

その後、地上に出て応援を要請してくるというヤフヤの代わりにメロンを見張ることになったレゴシ。

しかし彼はガゼルとヒョウのハーフであるメロンに将来自分とハルちゃんの間にできる子供の姿を重ねてしまい、なんと彼を「もっと貴方と話したい」という理由で開放してしまったのです。

そしてレゴシは、自ら開放したメロンに腹を拳銃で撃たれてしまい、意識不明の重体に陥ってしまいました…。

 

生死をさまよう中でレゴシは自殺した母と出会う

メロンに腹を撃たれ意識を失ったレゴシが次に意識を取り戻した時、なんと彼は重体の自分の体の横で幽体離脱をしてしまっていたのです。

そんな幽体の彼に話しかけてくる声がして驚きながら振り向くと、そこには6年前に自殺したレゴシのお母さんの姿がありました

そこからレゴシは、コモドオオトカゲの父親とハイイロオオカミの母親のハーフとして生まれたお母さんのレアノの複雑な人生を聞かされます。

幼少期は、母の血を色濃く受け継いだ美しいオオカミそのものだったこと。

中学生になった頃から、父親がコモドオオトカゲであることを隠して生きていくと決めたこと。

19になっていきなり、父親の遺伝から背中に鱗が広がり始めたこと。

そして、自分が美しいオオカミのままでいられるうちに、どこの誰ともわからないハイイロオオカミとの間に子どもを授かったこと…。

それでもレゴシが生まれた時は本当に嬉しかったそうで、父親のゴーシャと家族3人で写真を撮った時には背中に広がった鱗の痒みですら誇らしくなっていたそうですよ。

肉食獣と草食獣の恋愛について、またその間に生まれてくる“ハーフ”という存在について頭を抱えていたレゴシに送られる最も身近な人のお話は、また次巻へと続いていくみたいです。

 

まとめ

表紙にも描かれているメロンはこれまでのストーリー史上一番の悪人として描かれていきそうですね。

上では紹介できませんでしたが、彼はルイが抜けた後のシシ組の新たなボスにもなっているそうで、そこでも笑顔で残虐非道な行いを見せびらかしていましたよ。

はたしてレゴシは一命を取り留め再びメロンと相見えることになるのか?

また彼と同じくハーフである母親との会話の中で何か悩みの解決となる糸口がつかめるのでしょうか?

気になることだらけではありますが、キャラも出揃いここから広がっていくであろう展開に期待が膨らむばかりです。

 

『BEASTARS』16巻の発売日は?

『BEASTARS』第16巻は2019年12月6日に発売のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入ができますよ。

created by Rinker
¥499 (2019/10/22 22:41:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

created by Rinker
秋田書店
¥499 (2019/10/22 18:34:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『BEASTRAS』第15巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください