[ネタバレ注意]『BEASTARS』最新第14巻|ビースターのヤフヤとレゴシがついに対面する…!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、舞台が学校の外へと移りこれまでとはまた違った青春を見せてくれる動物版ヒューマンドラマ『BEASTARS』、その第14巻の見どころ&感想記事です、

その表紙がこちら。

BEASTARS 14 (少年チャンピオン・コミックス)

レゴシの祖父・ゴーシャと因縁を持つ現ビースターのヤフヤがクールに表紙を飾っています。

 

第12巻から舞台が学校から外の世界へと移った『BEASTARS』。
作者の板垣巴留先生によると今は「社会人編」になるみたいですね。

しかしそれでも、成長はしても社会人になってもレゴシはレゴシです。

この第14巻でも肉食獣として悩む彼を中心に、いろんな出来事が描かれていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『BEASTARS』第14巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『BEASTARS』第14巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『BEASTARS』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『BEASTARS』第14巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

『BEASTARS』13巻の振り返り

以下の記事に『BEASTARS』第13巻の見どころをまとめています。

数年ぶりに再会したレゴシとゴーシャの共闘から始まった第13巻。

レゴシは初となる海洋区にも足を踏み入れ、そこで同じアパートに住んでいるゴマフアザラシのサグワンさんとも仲良くなりました。

そしてアパートの周りにいた骨肉麻薬の組織をレゴシが捕まえたことをきっかけに、警察から大量の“お餅”とヤフヤからの手紙が彼の元に届きます。

いよいよ、レゴシとヤフヤの対面です。

 

では、さっそく第14巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『BEASTARS』14巻の見どころ&感想

ヤフヤがレゴシを夕食に招待する!

骨肉麻薬の組織を捕まえたレゴシはヤフヤと名乗る人物から手紙をもらい、夕食への招待を受けて彼のいる警視庁へと足を運びます。

ヤフヤは警視庁最上階の応接間兼にんじん畑の食料庫にいて、その場の雰囲気からレゴシも彼がビースターだと察したようでした。

はじめは穏やかに会話と食事、そして景色を楽しんでいたように見えた2匹でしたが、とあるヤフヤのカミングアウトから状況は一変します。

その内容は「ビースターに就くとどんな望みでも1つ叶うという決まりがある」「例えばそれが…自分が罰した肉食獣を食糧の肥料にしたい…なんて望みでもね」というもの。

その言葉を喋り終わると同時にヤフヤはレゴシを転かして頭を踏みつけました。
彼はレゴシを通して自分を孤独に追いやったゴーシャへの恨みを晴らそうとしていたのです。

そして「地べたに這いつくばり食肉をしたこと、そして肉食獣に生まれたことを謝罪しろ」と続けるヤフヤ。

レゴシは大人しく従い床に頭をつけ謝罪をしましたが、彼が再び頭を上げた時、なんと「もう俺に牙はいりません」と自らの牙を全て自分で折っていたのです。

その牙を握りしめ、「これで俺の体はあなたをブン殴る資格を得ました」と言ってヤフヤに一発お見舞いしたレゴシ。

それでも最後にはビースターに失礼を働いたことを謝罪し、彼はその部屋を後にしました。

ヤフヤは「俄然君のことが好きになったよ…レゴシ」と言って去っていくレゴシを見送りました。
彼とゴーシャ、そしてレゴシとの因縁はまだまだ続いていきそうです。

 

まさかヤフヤが個人的な恨み丸出しでレゴシに手を出すとは…。
そしてレゴシもレゴシで牙を抜いてビースターに殴りかかるとは…。

ただでさえ緊張感のあったシーンだけに、怒涛の展開にかなり衝撃を受けてしまいました。

また近いうちに2匹は再会しそうですね。
この先の彼らの関係から目が離せません。

 

レゴシとハルちゃんが2匹で裏市へ…

大学へと進学したハルちゃんでしたが、それでも彼女はずっとレゴシのことを気にかけていました。

そして4月9日のレゴシの誕生日、彼女は「おめでとう」を言うために彼に会いに行き、その後これまでの事情を聞くためにレゴシをデートに誘います。

レゴシは食殺犯のリズと決闘したことやルイの足を食べたことなど洗いざらい話したのですが、彼女の反応は意外にもあっさりとした軽いものでした。

自分らしくレゴシと向き合うと決めたハルちゃん。
そんな彼女がこのデートの最後に行きたいと言ったのは、なんと草食獣の肉が売っている裏市でした。

当然止めようとするレゴシ、しかし彼女はスタスタと裏市に入っていき、そして自分と同じ種族であるウサギ肉専門店の前で足を止めたのです。

店に入り、ウサギの死骸が並ぶショーケースを見ても彼女は一切取り乱すようなことはせず、ただただ静かに手を合わせるだけでした。

レゴシのいる安心感を感じ、その場で「キスして」と言うハルちゃん。

しかしレゴシは様々な理由を並べてそれを断り、2匹の異様な裏市デートはただの痴話喧嘩で幕を閉じました。

 

久しぶりのレゴシとハルちゃんのツーショットでしたね。

互いに少し大人になって、草食肉食関係なしに歩み寄ろうとする2人の姿にはなんだか胸を打たれてしまいました。

この2匹の関係もどうなっていくのか楽しみですね。

 

まとめ

レゴシとヤフヤの関係もレゴシとハルちゃんの関係も、この第14巻を機に大きく動き出した感じがしますね。

ただレゴシとハルちゃんのデートの最後には、ヤフヤの側近である1匹のネズミが彼女のことを「レゴシの弱み」と言っていた1コマが描かれていました。

まさかビースターであるヤフヤがハルちゃん餌にレゴシに何か仕掛けてくるようなことがあるのでしょうか…?

またヤフヤ自身についても、この巻の最後に象牙売買の黒幕であるヒョウとガゼルのハーフの動物を取り逃がしてしまうシーンが描かれていました。

この事件が一体どんな展開へと進んでいくのか、次巻も楽しみです。

 

『BEASTARS』15巻の発売日は?

『BEASTARS』第15巻の発売日はまだ未定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『BEASTRAS』第14巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください