[ネタバレ注意]『夢で見たあの子のために』最新第3巻|事態は急展開へ!希望と絶望が千里を覆う…

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「僕だけがいない街」の作者・三部けい先生が描く本格サスペンスマンガ『夢で見たあの子のために』、その第3巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

夢で見たあの子のために(3) (角川コミックス・エース)

幼い頃の千里とエナンがゴミ捨て場のような場所でこちらを見つめています。

 

1巻、2巻と早いペースでテンポよく進んできたこの物語ですが、この第3巻で事態が急展開します。

ただの復讐劇かと思いきやまさかこんな展開になるとは、想像すらしてませんでした…。

 

今回の記事では、そんな『夢で見たあの子のために』第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

スポンサーリンク

『夢で見たあの子のために』2巻の振り返り

以下の記事に『夢で見たあの子のために』第2巻の見どころをまとめています。

「火の男」に復讐するために手掛かりを探し続ける千里。

そんな彼の身に、一登が死んでから一度も起こっていない“一登との視覚共有”が突然再び起こ理ました。

果たして、この現象が物語にどう影響してくるのでしょうか…。

 

では、さっそく第3巻の内容の方に入っていきましょう。

『夢で見たあの子のために』3巻の見どころ&感想

兄・一登が生きてた!が、しかし…

思い出の鉄塔の下でこれまでずっと起こらなかった一登との視覚共有が起こった千里は、兄が生きていた喜びをひしひしと噛み締めます。

ですが、その映し出された姿にはどこか違和感がありました。

千里は視覚共有で見た一登がいたであろう場所に急いで向かうのですが、どういうわけかそこは男性1人が殺された殺人現場となっていました。

そしてここで、衝撃の事実が明らかとなります。

なんと一登はあの「火の男」と行動を共にしており、三ツ目という殺し屋になっていたのです。

 

ただ兄を探して犯人に復讐をする物語だと思っていたのですが、まさかの急展開となってしまいました。

ここから謎がどんどんと広がっていきます…。

 

一登へ視覚共有は成功するのか??

千里は一登からの視覚共有が起こったことを逆手に取り、今度は仲間に自分を襲わせて、視覚共有によって一登に自分の居場所を伝えようとします。

しかし、それをするために一登の格好に変装していた千里の元に「三ツ目」に恨みを持つ覆面集団が現れ、なんといきなり襲われてしまったのです。

ですが、そこは何とか警察の介入もあり事態は収束したのですが、この一件で千里は一登が一体どんなことに関わっているのか、さらにわからなくなったようでした。

その後、千里に再び一登の視覚共有が。

一登に千里の視覚が伝わっていれば近くの場所の風景が見えると期待していた千里でしたが、一登はまたこことは違う別の場所に移動していました。

 

「火の男」探し同様、一筋縄ではいかない兄探し。
殺し屋となってしまった一登に会うことはできるのでしょうか…。

続きが気になるところではありますが、第3巻はここでおしまいです。

 

まとめ

「死んでいると思っていた兄が実は生きていて、そしてさらにその兄が殺し屋になっていた」というこの展開、衝撃的すぎませんか?

この第3巻で、これからの物語の展開が全く予想できなくなってしまいました…。

謎が1つ明らかになったと思いきや、またさらに深まっていく謎の数々。
ここからのストーリーがどういったものになるのか、次巻の展開にも期待が膨らみます。

 

『夢で見たあの子のために』4巻の発売日は?

『夢で見たあの子のために』第4巻は2019年6月4日に発売予定だそうです。

Amazonでも予約・購入ができますよ。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください