[ネタバレ注意]『夢で見たあの子のために』第10巻|蓮士が「火の男」となった壮絶な過去が明かされる!

Pocket

今回は、互いの思惑が交差し緊張感が張り詰めていくなか、物語はクライマックスへと加速していく『夢で見たあの子のために』第10巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

夢で見たあの子のために(10) (角川コミックス・エース)

物置となっているお寺の離れで楽しそうにしている男の子と女の子が描かれています。

実は彼らは、男の子は現在の「火の男」である蓮士で、女の子は千里と一登の母親である光恵なんですよ。

なぜ仲の良さそうな彼らが離れることになり、その後光恵は千里たちの父親である勇士と結婚し、蓮士は勇士の元から一登をさらっていくことになったのか。

この第10巻では、そんな蓮士が「火の男」になり現在に至るまでの壮絶な過去が明かされていきます。

 

〜追記〜
最終第11巻までを含む最新記事一覧はこちら↓
『夢で見たあの子のために』の記事一覧

 

今回の記事では、そんな『夢で見たあの子のために』の第10巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『夢で見たあの子のために』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『夢で見たあの子のために』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『夢で見たあの子のために』第10巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2022年10月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『夢で見たあの子のために』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【半額クーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事にはマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『夢で見たあの子のために』巻9の振り返り

以下の記事に『夢で見たあの子のために』第9巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第10巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『夢で見たあの子のために』10巻の見どころ&感想[ネタバレ]

若園の暴露によって千里が追い詰められていく!?

暴露系配信者に捜査資料を内部告発をした若園さんの策略により、「三ツ目」の実在証明、「ユウキカズト」という名前、そして「三ツ目」の素顔として千里の顔写真が全国に晒されてしまいました。

若園さんの目的は当然一登を引っ張り出すことであり、一登もこの動画を見て「『火の男』もそいつも俺が始末する」とより明確な殺意を抱きます。

ですがそんなことを知らない世間はこの動画から千里の本名や実家を特定し始め、それにより実家には報道陣が押しかけ千里とエナンはもみじ園に避難せざるを得なくなってしまいました。

ただ、それと同時に警察の多治見さんと上司の駒津さんも若園=「模倣犯」として動き出しており、警察で千里を保護するためにもみじ園を訪れます。

しかしその時には千里は「今保護されて身動きが取れなくなるわけにはいかない」「やれるとこまで若園を追ってやる」と、エナンと一緒に園を脱走していたのです。

はたして世間と警察の目が光るなかで、千里はどこまで若園を追い詰めることができるのでしょうか?

 

まさかこれまで常に「火の男」も一登も追い求める側だった千里が、一転して世間に追われ逃亡劇を繰り広げることになるとは予想外でした。

とはいえ、こんな状況に追い込まれても慌てることなく、自分のやるべきことをしっかり見据えた行動ができるのはさすがですよね。

今は暴走する若園さんに好き勝手やられているやられている状況ですが、早く彼に一矢報いる千里たちが見たいものです。

 

「火の男」(蓮士)の幼少期からの過去が語られる

この第10巻の後半では、「火の男」であり千里の父・勇士の双子の弟である蓮士がどのような人生を送ってきたのか、その幼少期から現在までの半生が語られていきます。

彼は物心つく前から寺で暮らしており、「蓮士」という名前も住職からつけてもらったようですね。

その理由は、もともと彼の出自の家は大金持ちの商家で双子が生まれやすく、“下の子”となった子は「忌み子」として寺に里子に出されるという古い風習があったからでした。

その寺で彼は双子の兄である勇士と光恵さんと出会い仲良くなったものの、光恵が親戚の家から東京に帰る日を境に勇士も彼の前に姿を現さなくなりました。

そこから9年後、再び光恵と出会った蓮士は彼女と付き合うことになったのですが、偶然その2人を街で見た勇士が「忌み子」である蓮士に嫉妬して彼女を奪い、蓮士を寺からも追い出してしまったのです。

そして彼はそこから危ない仕事に手をつけて“組”の金を奪った際に拉致られてしまい、この時に初めて人を殺してしまいます。(火の傷もこの時にできていました。)

これをきっかけに現在の「火の男」がやっている「悪人を殺して金を奪う」生活が始まり、寺から5年経った頃に彼はまた光恵と再開しました。

そうして彼女と何度か会ううちに勇士と彼女の家庭の問題を知った蓮士は、“あの日”の犯行を実行し一登を「未来の相棒」として連れて帰ったみたいです。

 

蓮士も生まれや育ち、その後の出会いなど、数奇な運命に翻弄されてきた1人だったんですね。

悪人ではあるものの、“双子の弟”として生まれた時点から彼に待ち受けていたたくさんの“理不尽”と“逆風”には同情してしまいました。

やっていることの良し悪しはさておき、“信念を持っている悪”というキャラはどうしても魅力的に見えてしまいますね。

多くの因縁を作り他方から命を狙われている彼が、どのような最期を迎えるのかとても気になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

上記では割愛しましたが、この第10巻では暴露動画を見た一登の過去回想も描かれており、そこには「火の男」が若園さんのお父さんを殺した時の“真相”が描かれていました。

若園さんが「火の男」を執念深く追うようになったきっかけ、そして一登が“殺し屋”としての人生を歩むことになったきっかけでもあるそのシーンは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『夢で見たあの子のために』第10巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

また、この巻の最後には園を抜け出した後、街で若園さんの姿を捕らえた千里の姿がありました。

はたして彼はここからどんな行動に出るのでしょうか?

次巻も彼の行動から目が離せません。

 

〜追記〜

『夢で見たあの子のために』完結巻・最終第11巻の感想記事

以下の記事に、ついに完結を迎える『夢で見たあの子のために』第11巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

以上、『夢で見たあの子のために』第10巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『夢で見たあの子のために』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『夢で見たあの子のために』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『夢で見たあの子のために』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『夢で見たあの子のために』第10巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp