好きなマンガが見つかるアプリ『ヨモ』をご紹介!|マンガ好きはインストール必須の超オススメアプリ

スポンサーリンク


Pocket

こんにちは。自他共に認めるマンガ好き、“JIBO”(じぼ)と申します。

いきなりですが、“ヨモ(yomo)”というアプリはご存知でしょうか?

 

僕も最近使い始めたのですが、正直かなりオススメです。

マンガが好きな方ならインストール必須とも言えるくらい役に立つ「マンガレビューアプリ」となっています。

今回の記事では、そんな“ヨモ(yomo)”の魅力をたっぷりとお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

ヨモ(yomo)ってどんなアプリ?

ヨモ(yomo)”は5月9日にリリースされ、「好きなマンガが見つかるアプリ」というコンセプトで作られた比較的新しいサービスです。

公式サイトはコチラ
好きなマンガが見つかるアプリ『ヨモ』

このアプリ“ヨモ(yomo)”には

・読んだマンガの記録
・おもしろいマンガ探し
・新刊発売情報の通知

などなど、マンガが好きな人が今までに「あったらいいな」と思っていたような機能がたくさん充実しているんです。

まさにマンガ好きのためのアプリだと思いませんか?

 

ヨモ(yomo)の魅力

読んだマンガを記録できる

ヨモ(yomo)”では、自分が今まで読んだことのあるマンガを「よんだ」して「マイ読んだな」に並べておくことができます。

僕はこの機能がお気に入りです。

 

“きっと好き”なマンガをAIがオススメしてくれる

ヨモ(yomo)”では「よんだ」の他に「よみたい」マンガも登録できるのですが、なんとその情報を元にしてアプリ内のAIが僕が“きっと好き”であろうマンガを紹介してくれるのです。

ちなみに僕のアプリでは

『寄生獣』
『セトウツミ』
『3月のライオン』

が紹介されているのですが、これらのマンガはどれも僕が読んでみたいと思いながらもなかなか読めていない作品たちです。

他にも

『サンクチュアリ』
『童夢』
『ハッピーシュガーライフ』

など知らない作品も紹介されているのですが、きっと読んでみるとおもしろいと感じるのでしょう。

 

そしてなんとこの“ヨモ(yomo)”のAIはまだまだ発展途上でこれからどんどん成長していくそうなので、これからどんなマンガをオススメされるのか非常に楽しみです。

 

自分とマンガの好みが似た人が見つかる

また“ヨモ(yomo)”では登録した「よんだ」「よみたい」の情報を元に「マイ本棚の近いユーザー」つまり「マンガの好みの近いユーザー」を紹介してくれます。

ユーザーのフォロー機能もあるので、その人が「よんだ」したマンガやその感想をみて、次に自分が読むマンガを決めることもできます。

これからどんどんユーザーが増えて、同じマンガが好きな人同士のコミュニティとかできていったら楽しそうですよね。

 

忘れがちな新刊発売日を通知でお知らせ

僕もよく忘れちゃうんですよね…。コミックスの新刊の発売日。

特にいろんな雑誌のコミックスを買っていると、それぞれで発売日もバラバラなので余計に覚えられないんです…。

しかしそんな悩みも、この“ヨモ(yomo)”が解決してくれます。

ヨモ(yomo)”では「おしらせ」というタブがあり、そこに「よんだ」「よみたい」したまんがの発売日になると通知が表示されます。

プッシュ通知も設定可能なので、これを設定しておけばもうコミックスの新刊の買い忘れはありませんね。

 

※この機能は2018年7月4日時点でバグを含んでいるそうです。(運営に確認済み)

作品によっては新刊発売日の情報の通知が届かない場合がありますので、ご注意ください。

改善され次第、このブログでもお知らせいたします。

<追記>

7月24日現在、「よんだ」「よみたい」したマンガの新刊発売日の通知が来ることを確認いたしました。

もうバグは改善されているようですね。

 

素敵なキャンペーンも開催

ヨモ(yomo)”では、期間限定でユーザーにかなりお得なキャンペーンも開催されています。

2018年7月4日現在ですと、

「AIがオススメするマンガ全巻プレゼントキャンペーン!」

というキャンペーンが開催されているのですが、なんと、僕これに当選してしまったんです。

正直当たると思っていなかったんで、めちゃくちゃ嬉しかったです。

しかも当選したのは『セトウツミ』、“ヨモ(yomo)”のAIさん、よくわかっていらっしゃる。

 

これからもきっといろんなキャンペーンが行われていくと思います。

積極的に参加していきたいですね。

 

まとめ

まだまだリリースされてから日の浅い「マンガコミュニティアプリ」“ヨモ(yomo)”。

今はまだユーザー数が少ないような感じはありますが、これからもっと認知度も上がり、きっと賑わっていくでしょう。

僕も“ヨモ(yomo)”に「JIBO」で登録しているので、よかったらフォローもよろしくお願いします。

 

では、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください