[ネタバレ注意]『正直不動産』第2巻|嘘がつけない不動産営業は大変すぎる!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、いろんな業界から反響の声が続々と上がっている不動産営業マンガ『正直不動産』の第2巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちらです。

正直不動産 2 (2) (ビッグコミックス)

主人公の永瀬がキリッとした眼差しでこちらを見ている後ろで、意地の悪い部長が大笑いしています。

 

この『正直不動産』、実際の不動産業界の人が読んでも素晴らしい完成度らしいですよ。

僕のような一般人にはわからない、不動産業界の「あるある」がたくさん盛り込まれているようです。

たかがマンガの情報だから、と侮ってはいけませんね。

 

さて、今回の記事では、そんな『正直不動産』第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『正直不動産』1巻の振り返り

以下の記事に『正直不動産』第1巻の見どころをまとめています。

良くも悪くも“嘘”が武器となる不動産営業の世界でそれを奪われてしまったエース営業マンの永瀬。

おかげで成績はガタ落ち、ですが腹をくくって正直な営業をしていくと心に決めました。

2巻では、いったいどんな困難が彼を待ち受けているのでしょうか。

では、内容の方に入っていきましょう。

 

『正直不動産』2巻の見どころ&感想

悪条件だらけの物件をどう売る?

社長から直々に物件の担当を任せられた永瀬。

しかしその物件は土地の問題、家を建てる工務店の問題など、悪条件をいくつも抱えた物件でした。

嘘がつけないために正直に話しすぎて客を怒らせ、社長からは「とにかく売れ」と圧をかけられ、まさに八方塞がりな状況に追い詰められます。

もう売ることは無理だと考え、社長に退職届を出そうとしたその時、なんと後輩の桐山がその物件の売却を決めてきてくれたのです。

なんとか首の皮が繋がった永瀬は、退職届を破り捨てることができました。

 

ちょっと形は特殊ですが、「ライバルが仲間になった」ような展開になりましたね。

桐山はちょっと嫌味な奴と思っていましたが、このエピソードで好感度がググッとアップしました。

 

上司の嫌味にも“正直”に反論

永瀬は物件についてだけでなく、とにかく思ったことは全部口に出てしまいます。

それが相手が嫌味っぽい上司であろうとズバッと言ってしまうのでなかなかに痛快ですよ。

ネチネチと長時間部下を責める上司には給料泥棒といい、わがままな大地主にはボンボンと言ってのける…。

見ていてハラハラする部分もありますが、僕的には毎回「よく言った!」って気持ちになります。

憧れる気持ちもありますが、まあ僕はせいぜい妄想の中で上司を言い負かすことぐらいしかできませんね(笑)

 

事故物件でも包み隠さず正直に

事故物件とは、これまでにその物件の中で人が死んだことがあるものをさします。

正直、買い手からすれば気持ちのいい物件ではありませんよね。

そういう所も全て正直に話してしまう(黙ってることができない)のが永瀬という男です。

 

しかし事故物件は、事故が起きてから二人目の入居者である場合、事故から10年以上経っている場合は不動産屋に告知義務はない、との説明がありました。

本当に、勉強になるマンガです。

世の中の不動産屋さんがみんな永瀬のような人だったらいいのに、と読んでいる間はずっとそんなことばかり考えてしまいます(笑)

 

まとめ

1巻に引き続き2巻も、難しいイメージのある不動産業界についてたくさんのリアルな知識がふんだんに盛り込まれていた1冊でした。

僕は家を購入する予定は当分ありませんが、もしその機会があれば不動産屋にいく前にこのマンガを熟読してから行こうと思っています。

こういう興味や知識のきっかけとなってくれるような面白いマンガがもっと世の中に知られるようになれば嬉しいですね。

このブログでも、微力ながらお手伝いしていきたいです。

 

〜追記〜

『正直不動産』3巻の感想記事

『正直不動産』第3巻の見どころを以下の記事にまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

購入はコチラ↓

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください