[ネタバレ注意]『来世は他人がいい』最新第3巻|祝!次にくるマンガ大賞2018で第1位の超話題作!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「次にくるマンガ大賞2018」をはじめ、様々なマンガ賞で輝かしい成績を収めている『来世は他人がいい』、その最新第3巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

来世は他人がいい(3) (アフタヌーンKC)

椅子に座ってこちらを見つめる吉乃の手に、霧島が口付けをしています。

まるで彼が忠誠を誓っているような格好ですが、彼女の表情は全く嬉しそうじゃありませんね(笑)

 

さてこの『来世は他人がいい』、前巻第2巻が2018年7月に発売されて以降、立て続けに素晴らしい功績をあげているんです。

冒頭にも書きましたが、「次に来るマンガ大賞2018」ではみごと第1位に。

そして「マンガ新聞大賞2018」でも大賞を受賞し、あの「このマンガがすごい!2019」では第8位にランクインしました。

僕がこのマンガを知ったのは「次に来るマンガ大賞2018」にノミネートされていたのがきっかけだったのですが、そこからまさかここまでの話題作になるとは驚きましたね。

その分ストーリーへの期待値も上がっているので、この約10ヶ月ぶりの新刊が楽しみでしかたなかったです。

 

今回の記事では、そんな『来世は他人がいい』第3巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

<『来世は他人がいい』をおトクに読む方法>

文字だけでなく『来世は他人がいい』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『来世は他人がいい』をおトクに読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

スポンサーリンク

『来世は他人がいい』2巻の振り返り

以下の記事に『来世は他人がいい』第2巻の見どころをまとめています。

吉乃と霧島が他組のヤクザと乱闘騒ぎを起こすという物騒な展開から始まった第2巻。

そのシーンでは鬼のように強かった霧島ですが、その後は彼の意外と人間味のある一面も描かれていました。

寝てる吉乃の部屋に忍び込んで寝顔を見つめたり、吉乃が慕う組の青年・翔真に敵対心を燃やしたり…。

しかしこの翔真への敵対心が、第3巻では彼をまた彼の奇行を引き起こしそうです。

 

では、さっそく第3巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『来世は他人がいい』3巻の見どころ&感想

翔真に対する嫉妬心が霧島を狂わせる!

翔真が大阪に帰ってから、吉乃は自分に対する霧島の態度にどこか違和感を覚え始めます。

その違和感の正体、それは霧島の翔真に対する嫉妬心が変化した殺意のようなものでした。

彼女がそれについて指摘すると、彼は「そうかもしれない 嫉妬で頭がイカれそうだ」とそこで初めてその嫉妬心を自覚をします。

そしてその後、自分の行き方を曲げてまで擦り寄ろうとしてくる彼に吉乃はブチギレ。

最終的にこの話は彼女が「1年経ったらアンタのことを捨てて大阪に帰るけど、万が一わたしがアンタに惚れるようなことがあればこのまま東京に住み続けたるわ」という宣言をしたところで終わりとなりました。

 

霧島にはずっとどこか不気味な感じが漂っているのですが、怒った時の吉乃はそれ以上の怖さを発揮している気がします。

しかしそれでも霧島は今回の件でまた彼女に惚れ直したそうで、「永遠に吉乃のことが好きだ」と更なる想いを打ち明けていました。

その時の頬を赤らめる霧島の顔は、また違った意味で不気味でしたね…(笑)

 

吉乃のいとこ・椿によって彼女の腎臓のありかが明らかに!

京都から吉乃のいとこである椿が横浜に引っ越してくるということで、吉乃と霧島の2人はその彼女に会いに横浜に足を運びます。

最初は普通にショッピングやグルメを楽しんでいた3人でしたが、夜になって吉乃が学校関連の急用で1人で家に帰り、霧島と椿は2人きりになってしまいました。

そして彼女をデートに誘う霧島。
彼女もその誘いを受け、2人は観覧車に乗り込みます。

そこで彼が聞いたこと、それは第1巻で吉乃が売った“腎臓のありか”についてでした。
彼はあれ以降ずっと吉乃の腎臓の行方を探っていたそうなのです。

結果、彼女の口からは「腎臓ではなく血液を1500mL400万円で買い取った」という事実が明かされました。

吉乃の腎臓はどこにも売られていなかったのです。

作り笑いで本心の見えない2人の短い観覧車デートは、こんな甘さのかけらもない会話だけで幕を閉じました。

 

安易に2人が浮気でもするのかと思いながら読んでいたので、まさか吉乃の腎臓の話がここで出てくるとは驚きましたね。

この椿もフワッとしているようでなかなかキツ目の性格をしていたので、またいつか別のシーンでも霧島との絡みを見てみたいです。

 

霧島の過去の恋愛事情が描かれる

とある芸能人が集まるパーティーに参加していた霧島は、そこで3年前に少しの間だけ付き合っていた汐田奈緒と出会います。

しかしその場では特に深い話をするわけでもなく、霧島が彼女に連絡先を伝えてお別れとなりました。

その日の夜、吉乃から電話で夏休み中に彼女の大阪の実家に顔を出す日程をいつにするかという相談を受けた彼は、お盆前ではなく7月中にずらすようお願いをしてきたのです。

そんな彼が見ていたのは汐田奈緒のSNS。
そこには7月30日に大阪で開催される彼女のイベントの告知が記載されていました。

不敵な笑みを浮かべる霧島ですが、彼が一体何をしでかそうとしているのか…。
その答えは次巻へと続きます。

 

まとめ

霧島が嫉妬をしていたり吉乃が椿とのお出かけでテンションが上がっていたりと、これまでとは少し違った2人の様子が見れた巻でした。

次巻はいよいよ霧島が大阪の地に降り立ちます。

翔真とのこともありましたし、何かトラブルが起きるなら吉乃の実家でだろうと思っていたのですが、まさかの元カノ登場でもう一波乱起きそうな予感ですね…。

彼女の存在が一体どんな展開を生み出すのか、今から続きが楽しみです。

 

『来世は他人がいい』4巻の発売日は?

『来世は他人がいい』第4巻は2019年の冬ごろに発売予定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『来世は他人がいい』をおトクに読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください