[ネタバレ注意]『監獄実験-プリズンラボ』第8巻|祝!アニメ化!大人気監禁ミステリー

スポンサーリンク


Pocket

今回は、コミックス累計125万部を突破する人気っぷりでみごとアニメ化された『監獄実験-プリズンラボ』、その第8巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

監獄実験(8) (アクションコミックス)

この物語の鍵を握る男・原川さんがクールに表紙を飾っています。
しかし、右手のナイフと左腕の手錠がどうにも気になりますね…。

 

〜追記〜
第8巻以降の最新記事一覧はこちらから↓
『監獄実験』の記事一覧

 

そして、この『監獄実験-プリズンラボ』がなんとアニメ化されたようですね。

おめでとうございます!

タテ型アニメ配信アプリ「アニメBeans」で2018年12月28日から配信が開始されているようです。

気になる方は以下のリンクからアプリをダウンロードしてご覧くださいね。

 

今回の記事では、そんな『監獄実験-プリズンラボ』第8巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

<『監獄実験-プリズンラボ』を全巻無料で読む方法>

文字だけでなく『監獄実験-プリズンラボ』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むと31日間マンガが読み放題になるので、この『監獄実験-プリズンラボ』全巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

スポンサーリンク

『監獄実験-プリズンラボ』7巻の振り返り

以下の記事に『監獄実験-プリズンラボ』第7巻の見どころをまとめています。

主人公の江山だけでなくボスの九字間や原川さんたちゲーム運営者も、それぞれの狙いと思惑を成し遂げるために一斉に動き始めた様子が描かれていました。

続く第8巻、事態は急展開を迎えます。

 

では、さっそく第8巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『監獄実験-プリズンラボ』8巻の見どころ&感想

監禁ゲームを作った男・原川が語る過去

江山が桐島のいる監禁室にいると、そこに突然原川さんが入ってきて2人へ向けて自身の昔話をし始めました。

彼は高校生の頃に両親を事故で亡くしたことをきっかけに、九字間の経営する児童養護施設へ引き取られていたそうです。

そこで周りと馴染めなかった彼は壮絶なイジメを受けていたのですが、そんな彼にも優しい言葉をかけてくれていたのが入瀬都という女子と新村渓という男子でした。

原川さんは彼女のことが好きだったのですが、そんな彼女も突然施設から姿を消してしまいます。

そしてここから、彼の境遇は大きく変化することとなりました。

 

これまで考えの読めないことが多かった原川さんがようやく腹の中を明かしてくれそうです。

彼の昔話はもう少し続きます。

 

“監獄実験”が原川を変えてしまう!

入瀬が施設からいなくなったことで人生の全てに絶望していた原川さんに、九字間と会う機会が与えられました。

そこで彼が九字間に言われたのは「これから君は救われる」「そのためにやってもらおう 監獄実験を」という意味深な言葉でした。

そうして彼が連れて行かれた部屋には、なんと手足を拘束された入瀬の姿があったのです。

そこで始められたのは、いま江山が受けている監禁ゲームとほぼ同じ内容の監獄実験。

施設でのイジメを指示していた真犯人が入瀬だったという衝撃の事実を伝えられた彼は、憎しみのままに彼女に復讐をし、最終的には殺してしまいました。

そしてそのゲームが終わった後、彼は九字間の組織へと入ったそうです。

 

いま江山が参加しているゲームを原川さんも経験していたんですね。
しかもイジメや復讐といった境遇まで似た状況で。

この原川さんの話をきっかけに、物語は急展開を迎えます。

 

原川が九字前への復讐を決意する!

そして原川さんの口から告げられる衝撃の事実はまだ続きます。

その入瀬が桐島の姉だということ、入瀬と桐島の境遇を一緒にするために九字間が桐島への集団暴行を仕組んでいたことなどなど…。

そして全てを語り終えた彼は江山に、「理不尽の元凶である自分だけを殺して全てを終わらせないか」と提案します。

しかし江山の答えはNO。
理不尽の元凶は原川さんではなく九字間だと言って、原川さんに復讐を促します。

その言葉を受けて、腹を括った原川さん。

単身で九字間の元へと向かいますが、またここで今度は九字間の口から新たな事実が告げられした。

なんとこれまで登場していた九字間は本物ではなく、ただの九字間の“代役”だったというのです。

第8巻の最後には、「俺が九字間の名を語る黒幕を見つけ出す」と憎しみと決意のこもった表情の原川さんが描かれていました。

ここから本物の黒幕を追う物語へと進んでいくのでしょうか?

気になるところではありますが、これで第8巻はおしまいです。

 

まとめ

「監禁ゲーム」の真相が明らかになる重要な巻でしたね。
物語が終幕へと向かって行っているようです。

江山は本当に桐島を殺してしまうのか、そして原川さんは黒幕への復讐を成し遂げることができるのか。

先の読めない展開に期待が膨らみます。

 

〜追記〜

『監獄実験-プリズンラボ』9巻の感想記事

以下の記事に『監獄実験-プリズンラボ』第9巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『監獄実験-プリズンラボ』全巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください