[ネタバレ注意]『ねずみの初恋』最新第2巻|ねずみとの日常を手に入れるため、碧は初めての“仕事”に出る!

本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。
Pocket

今回は、殺し屋の少女・ねずみと一緒に暮らすために殺し屋になった普通の青年・碧との残酷な初恋を描いた物語『ねずみの初恋』、その第2巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

ねずみの初恋(2) (ヤングマガジンコミックス)

到底殺し屋とは思えないほど可愛い服を着たねずみが、とろんとした表情でこちらを見つめています。

実はこれ、“とある瞬間”で碧が見ていた光景なのですが、このシーンに辿り着くまでの“残酷な過程”があったからこそ、この瞬間が余計に尊いものに見えてしまいますね。

 

さて、ごく普通の生活を送っていたにも関わらず、ねずみと出会ったことで殺し屋にならざるを得なくなるという碧にとって180度真逆と言っていいほど大きく人生を変える出来事があった第1巻。

そんな前巻では殺し屋のトレーニングまでが描かれていましたが、この第2巻ではいよいよ碧が“初仕事”に出向きます。

そのシーンを読んでいる時は緊張感が凄まじく、無意識に碧と一緒に息を殺しながらページをめくっていましたね…。

はたして彼の“初仕事”はどんな結果となったのか、必見です。

 

今回の記事では、そんな『ねずみの初恋』の第2巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

『ねずみの初恋』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『ねずみの初恋』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『ねずみの初恋』第2巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2024年7月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『ねずみの初恋』を電子書籍で読むならセールや割引が充実コミックシーモアがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、無料会員登録で必ず【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

コミックシーモア で『ねずみの初恋』第2巻をお得に読む

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

さらに、下記の記事には上記以外にも『ねずみの初恋』を無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『ねずみの初恋』1巻の振り返り

前巻の内容を振り返りたい方は、以下の記事に『ねずみの初恋』第1巻の見どころをまとめているので、こちらから先にご覧ください。

 

スポンサーリンク

『ねずみの初恋』2巻(7話〜)の見どころ&感想[ネタバレ]

それでは、さっそく『ねずみの初恋』第2巻の内容に入っていきましょう。

碧の殺し屋としての初仕事、その結果は!?

いよいよ碧の殺し屋としての初仕事の日、1ヶ月のトレーニングを経た彼の体はしっかりと仕上がっており、そんな彼にねずみは最後の最後までアドバイスを送り続けていました。

今回碧がるターゲットは若い男、場所は混雑した駅構内、制限時間は男が駅を出るまで、出された指示は「殺したことを誰にもバレずに帰ってくる」こと。

ヤクザたちに“仕事場”となる駅構内まで連れてこられた碧は、かなり緊張した面持ちでスタンバイをします。

すると目の前をターゲットの男が通り過ぎ、ねずみから教わった追跡方法で男の後ろを尾けていく碧。

ここからのシーンは、本当に碧の心境と同じように呼吸を忘れるほどの緊張感を味わいながらページをめくっていましたね…。

結果的にはストーリー的に予想出来ていた通り“成功”となったものの、文字だけでは決して伝わらないこのシーンの緊張感は、ぜひマンガをご自身で読んで味わってみてほしいです。

 

碧とねずみの“ご褒美デート”が微笑ましすぎる!

碧の初仕事を終えた次のシーンから、殺し屋2人とは思えないほど甘々で微笑ましすぎる碧とねずみのデートが描かれていきます。

カフェでは2人でパンケーキを食べ、ねずみが口につけたクリームを碧が取ってあげたり。

ゲームセンターで一緒にゲームをしてから碧の好きなイラストレーターの個展に行ったり。

居酒屋で今度は碧が口につけた米粒をねずみが口で取ってあげたり。

どれもこれもラブコメ顔負けの甘さな上に、上記の殺しのシーンとのテンションのギャップで、気づけば自然と広角が緩んでいました。

碧もねずみもこれ以上ないくらい幸せそうな顔をしていて、もうずっと2人が仲良く暮らしていく展開でもいいとさえ思っていたのですが、どうやらそうはいかないみたいですね…。

ここからまた。“殺し屋”である2人に試練が訪れることになります。

 

碧が敵対組織の「藍原組」に捕えられてしまう!

初仕事からいくつかの仕事をこなした頃、碧が3人の男を同時に殺す仕事を終えた時に、その場にいた1人の小さな女の子に犯行を見られてしまいます。

組織の指示では「その場にいた人間は全員目撃者として殺せ」と命じられていた碧。

しかし彼は犯行を見ても特に騒がない少女を見て、殺さずに帰ってきてしまいました。

ただその結果、彼は夜道でその少女に金属バットで頭を殴られ、拉致されてしまったのです。

どうやらその少女は碧が殺した3人が所属する「藍原組」にいる子どもだったようで、その子伝いに碧が組の人間を殺したことが幹部に伝わり、どこの組の手の者か吐かせるために攫ったみたいですね。

そしてその状況がいるかを通してねずみにも伝えられたのですが、碧のことを早くも切り捨てて事を進めようとする組の人たちにねずみは驚くべき提案をしたのです。

はたして彼女は一体どんな無茶を言ってのけたのか、激戦必至の次巻へと繋がるこの第2巻のラストシーンは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『ねずみの初恋』第2巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

“殺し屋”を題材にしたマンガで、こんなにも殺し屋側の生活を見守りたくなる、応援したくなるマンガはそうそう無いですよね。

それほどまでに、中盤で描かれた2人のデートシーンはとても幸せそうでした。

ただ前巻もそうでしたが、この『ねずみの初恋』は1冊の中で感情を良い方にも悪い方にも揺さぶりすぎなんですよね…。

その差が大きすぎて、読み終わった時には満足感と共に疲労感すら感じてしまうほどでした。

次巻は攫われてしまった絶体絶命の碧を救うためにねずみが行動を開始していきますが、どうか今回も2人揃って無事に帰ってきて、また甘いデートや日常生活を見せて欲しいものです。

 

『ねずみの初恋』3巻(17話〜)の発売日は?

続く17話以降が収録された『ねずみの初恋』第3巻は2024年9月ごろに発売予定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお知らせしますね。

 

以上、『ねずみの初恋』第2巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『ねずみの初恋』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥836 (2024/07/25 02:38:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

『ねずみの初恋』を電子書籍で読むならセールや割引が充実コミックシーモアがオススメです!

コミックシーモア で『ねずみの初恋』第2巻をお得に読む

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

『ねずみの初恋』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『ねずみの初恋』第2巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp 1000コース