[ネタバレ注意]『魔法少女サイト』第13巻|真相が次々と明らかになり物語はさらに激しさを増す!!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、物語が終局へと向かうにつれてますます激しさを増している『魔法少女サイト』、その第13巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

魔法少女サイト(13) (少年チャンピオン・コミックス)

穴沢虹海のステッキの紋章が瞳に映った朝霧さんのお父さん・朝霧次郎が不気味な笑みで表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第14巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『魔法少女サイト』の記事一覧

 

前巻第12巻から本格的に始まった魔法少女 VS サイト管理人の殲滅戦。

前回の記事では「1冊通して見どころしかなかった」と書きましたが、この第13巻はそれを上回る読み応えと衝撃的事実のオンパレードでした。

1つの物語の終結へ向け、『魔法少女サイト』の集大成が描かれ続けています。

 

今回の記事では、そんな『魔法少女サイト』第13巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

<『魔法少女サイト』第13巻を無料で読む方法>

文字だけでなく『魔法少女サイト』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『魔法少女サイト』第13巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

スポンサーリンク

『魔法少女サイト』12巻の振り返り

以下の記事に『魔法少女サイト』第12巻の見どころをまとめています。

ついに始まった魔法少女 VS サイト管理人の殲滅戦。
魔法少女たちは管理人たちの手から自分たちの家族を守ることができるのでしょうか?

そして漆(7)と他の管理人の戦いも始まり、第12巻の最後には彼女の背後に立つ壱(1)の姿が描かれていました。

どの局面でも激闘は避けられないでしょう。

 

では、さっそく第13巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『魔法少女サイト』13巻の見どころ&感想

“魔刀”憐賀紗雪 VS “魔剣・喰異丸”伍(5)

前巻ですでに激闘を繰り広げていた“魔刀”をもつ燐賀紗雪と“魔剣・喰異丸”をもつ伍(5)との戦いに決着がつきます。

伍を倒すには切っても再生する触手をどうにかして直接権を破壊するしかないと考える燐賀さん。

そんな彼女が寿命を削って繰り出した技は、硬化の能力を切った物体だけでなく本体にも侵食させることができる斬撃でした。

しかし伍も“魔剣”以外の能力も使って彼女に致命傷を与えます。

結果、燐賀さんと伍は相打ち。
彼女は家族を守れはしたものの、自らの命を失ってしまいました。

 

強化されたステッキの力を使う魔法少女と、複数のステッキの能力を自在に使える管理人との戦いは想像以上の激しさでした。

このレベルの戦いが続くとなれば、きっと“全員生き残って勝つ”という可能性は極めて低いんでしょうね…。

 

漆(7)VS 壱(1)!壱の圧倒的な力が明らかに

燐賀さんと伍の戦いと同時進行で、漆と壱の戦いも描かれます。

壱が漆を始末しに現れた理由、それは「人間が好き」という“バグ”が漆の中に起きていると判断したからでした。

そんな壱の持つ能力の数はなんと100

今回は
「時間の動きを破壊する能力」
「対象の者を介して移動する能力」
「引力を持ち周囲にあるもの全てが強制的に斬られに来る光の剣の能力」
という3つの能力を披露していましたが、これらの他にあと97個もあるというのです。

その圧倒的な力を前に為す術もない漆。

このまま彼女はやられてしまうのか、と思ったその時、なんと美炭とアリスと安篠磯子の3人が漆を救ったのです。

ここから、この3人と漆の中に残った長月雹花の感情が管理人たちに一矢報いるのでしょうか。

管理人、魔法少女に続く第3勢力の誕生に期待が膨らみます。

 

朝霧彩に伝えられた2つの真実

朝霧次郎が穴沢虹海のステッキの能力を使って要に強制的に勉強をさせていた時、家族を管理人から守るために朝霧さんが戻ってきました。

そして朝霧さんが兄と父のいる部屋のドアを開けた瞬間、次郎がステッキの力を使って彼女を止め、これまで伝えずにいた衝撃的な事実を伝えます。

その内容とは、「彩が本当の家族ではない」ということ。
つまり朝霧さんは養子で、これまでの兄や父からのひどい扱いは全てそのためだったのです。

そんな状況でタイミング悪く現れた拾弐(12)。

次郎はまたステッキの力で拾弐を止めようとしますが、力を使いすぎたことによって寿命が蝕まれ、口と尻から大量に血を吐いて倒れてしまいました。

しかしそんな事実を聞かされても朝霧さんは家族を守るためにステッキの力を使うのですが、今度は拾弐からまた衝撃的な事実を聞かされるのです。

なんと、彼女と本当に血の繋がっていたのは奴村さんで、彼女たちは双子として生まれてきたというのです。

今の状況を振り返ると朝霧さんはまさに「不幸を絵に描いたような少女」なのですが、奴村さんと運命で繋がっていたという喜びを噛み締め、ステッキの力で拾弐を倒します。

 

そしてこんな事実を知らされた上でも、まだ仲間の元へと向かおうとする朝霧さん。

この戦いの末に、彼女がこれ以上不幸にならないことを願うばかりです。

 

まとめ

魔法少女と管理人の死闘、漆と壱の戦い、そして明かされた朝霧さんの衝撃的な事実…。

ものすごい急展開で物語が進んでいくため、かなり密度の濃い1冊だったと思います。

そしてこの第13巻の最後には、いよいよ「10日後のテンペストが世界を新たに創り替える」という壱の言葉がありました。

もうここから先の展開は全く予想できません。
とにかく、次巻が楽しみです。

 

〜追記〜

『魔法少女サイト』14巻の感想記事

以下の記事に『魔法少女サイト』第14巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『魔法少女サイト』第13巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください