[ネタバレ注意]『株式会社 神かくし』第1巻|神さまに人間を受け渡すダークホラーなお仕事マンガ!

Pocket

今回は、“人智を超えた存在”を相手に“人材”を紹介する怪異的ダークホラーマンガ『株式会社 神かくし』、その第1巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

株式会社 神かくし(1) (ヤングキングコミックス)

黒く不気味な背景に笑みを浮かべて立っている男性、彼こそが「株式会社 神かくし」の社長です。

表紙からも伝わってくるようにかなりダークな雰囲気の作品となっており、特に“怪異もの”系のホラーマンガが好きな方にはお勧めできる作品となっています。

収録されているエピソードもこの第1巻時点では単発のものが多く、気軽に読めるのも良かったですね。

 

今回の記事では、そんな『株式会社 神かくし』の第1巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『株式会社 神かくし』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『株式会社 神かくし』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『株式会社 神かくし』第1巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2022年11月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『株式会社 神かくし』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事にはマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『株式会社 神かくし』のあらすじ

以下に『株式会社 神かくし』のあらすじを載せておきます。

依頼した人間を不慮の事故に見せかけて消してくれるという会社「神かくし」。
振り込め詐欺グループにいた影井新太は詐欺の仕事もままならないまま、先輩に連れられ、ターゲットの人間を消してほしいと「神かくし」に依頼するが、会社の正体は意外なクライアントに人材を紹介する仕事だった!?
現世と怪異が交錯するダークサスペンス!

引用:株式会社 神隠し|少年画報社

上記リンクから冒頭第1話の途中までを無料で試し読みすることができますよ。

 

では、さっそく第1巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『株式会社 神かくし』1巻の見どころ&感想[ネタバレ]

人間を消す仕事を請け負う「神かくし」の実態とは!?

あらすじにもある通り、このマンガは依頼された人間を消す仕事を請け負う「神かくし」という会社を中心に展開されていきます。

しかし、この会社はただ人間を消息不明にしたり不慮の事故に遭わせたりするのではなく、“意外なクライアント”にその人間を紹介するという形で依頼を遂行していました。

その“クライアント”というのが、“神さま”や“土地神”、“悪霊”や“もののけ”などの“人智を超えた存在”です。

つまりこの「神かくし」という会社は、「“誰かから恨みを買った人間”を生贄のような形で神さまたちに受け渡す」というという仕事をしているのです。

このマンガでは、そんな罪人と神さまを相手にした不気味で危険な“仕事”が次々と描かれていきます。

 

「神かくし」の新人・影井新太が社長に振り回される!

主人公として描かれている影井新太は、第1話でオレオレ詐欺をしていたために生贄にされたものの、神さまに“受け取り拒否”をされたことをきっかけに「神かくし」で働き始めた青年です。

そんな彼は「使えなかったら“ご紹介”」と言われて言われており、社長に振り回されながら訳もわからないままに“神さま”相手の仕事に同行していました。

そしてしばらくしてからは、依頼された人間を現場まで運んだり“供え”たりする仕事を1人でも任されるようになり、“人を消す”という罪悪感や恐怖心を抱きながらも仕事をこなしていきます。

時にはしくじって自分が“妖怪”に襲われそうになる場面もありましたが、そういった経験も踏まえて気の弱い彼が今後どのように成長していくのかが楽しみです。

 

人が作った“神さま”は誰を生贄に所望するのか?

この第1巻の最後には、とある宗教団体が作り出した“神さま”に捧げる生贄を「神かくし」が用意する、というエピソードが収録されていました。

ただ、その宗教団体の代表が信者からお金を巻き上げることしか考えていないような人間で、教団のトップであるにもかかわらず“神さま”の存在など全く信じていませんでした。

つまり、その代表にとって「生贄を捧げる」というのは、信者に対する単なるパフォーマンスでしかなかったのです。

しかし、実際には多くの信者たちの信仰心により“神さま”は生み出されいるようで、それを心から信仰している副代表は本当に1人の人間を生贄に捧げようとしていました。

はたして、人が作り出した“神さま”というのはどのような姿形をしており、一体誰が生贄になってしまうのでしょうか?

この巻のラストを飾る悪人への制裁のシーンは、ぜひ絵と一緒にご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『株式会社 神かくし』第1巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

最近は悪人へ制裁を与えるマンガが数多く世に出ていますが、制裁を神さまが行いその仲介を人間がするという設定はかなり斬新ですよね。

“神さま”や“妖怪”も不気味にデザインされており、常に不穏な雰囲気を感じながら緊張感を持って読むことができました。

この第1巻では1話ごとに1つの仕事が描かれていましたが、次巻以降では複数話にわたる少し手応えのある仕事というのも見てみたいですね。

表紙の社長の過去にも何か秘密がありそうですし、この先どんな展開で物語が進んでいくのか期待が膨らみます。

 

『株式会社 神かくし』2巻の発売日は?

『株式会社 神かくし』第2巻は2022年11月28日に発売されています。

Amazonや楽天でも購入できますよ。

 

以上、『株式会社 神かくし』第巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『株式会社 神かくし』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『株式会社 神かくし』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『株式会社 神かくし』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『株式会社 神かくし』第1巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp 1000コース