[ネタバレ注意]『呪術廻戦』第9巻|五条と夏油の過去が描かれる「懐玉・玉折」編、終幕!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、五条覚醒と夏油の高専裏切りの真相が描かれる「懐玉・玉折」編の結末が描かれる『呪術廻戦』第9巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

呪術廻戦 9 (ジャンプコミックス)

袈裟に身を包み取り込む前の呪霊を手に持った「最悪の呪詛師」・夏油傑が表紙を飾っています。

 

〜追記〜
第10巻以降の最新記事一覧はこちら↓
『呪術廻戦』の記事一覧

 

前巻第8巻の記事の最後にも書きましたが、この第9巻には「五条VS伏黒甚爾」や「夏油VS伏黒甚爾」、「五条の覚醒」や「夏油の高専裏切りの真相」など、現在の物語にも関わってくるような展開が次々と描かれていきます。

このエピソードを読んでからこの物語の前日譚である第0巻を読んでみると、またいろいろと違った見方ができるシーンもあって面白かったですよ。

 

今回の記事では、そんな『呪術廻戦』第9巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』第9巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『呪術廻戦』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『呪術廻戦』第9巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『呪術廻戦』8巻の振り返り

以下の記事に『呪術廻戦』第8巻の見どころをまとめています。

では、さっそく第9巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『呪術廻戦』9巻の見どころ&感想[ネタバレ]

五条と夏油が伏黒甚爾に破れる!?

前巻の最後で伏黒甚爾に背後から刺された五条でしたが、ひとまずその傷は致命傷になっていないようでした。

しかし、“天与呪縛”によって呪力を完全に持たない代わりに常人離れした五感と身体能力を持つ彼を相手に五条は攻め切ることができず、逆に一瞬の隙を突かれて今度は「術式強制解除」の力を持つ特級呪具で喉を串刺しにされてしまいました。

そして彼はそのままめった刺しにされて、最後には頭を刺されて地面に倒れてしまったのです。

その後、伏黒甚爾は夏油の後を追って星漿体の天内理子を銃殺、夏油の呪霊操術による強力な呪霊たちもあっさりと退け、夏油を倒した後天内理子の遺体を持って去っていきました。

 

当時から“最強”だった五条と夏油をあっさり倒してしまう伏黒甚爾の戦闘力は圧倒的でしたね…。

それも容赦無く刀で切り付けていくので、読んでいる途中の絶望感は半端じゃなかったです。

しかし、ここからさらに“最強”となった五条の逆転劇が幕を開けることとなります。

 

五条悟が反転術式を会得し覚醒する!

天内理子の遺体を依頼主のところに運んだ伏黒甚爾を待っていたのは、なんと刺された頭や喉の致命傷を死に際で会得した反転術式によって再生し回復した五条でした。

そしてすぐさま戦闘が始まり、五条は伏黒甚爾の初手を軽々と避けていきなり反転術式で得た“正の力”を術式に流して発動する術式反転「赫」を繰り出して彼を吹っ飛ばします。

それを受けた伏黒甚爾は特級呪具を際限なく伸びる鎖とつなぎ、無下限呪術も「蒼」も「赫」もその「術式強制解除」の力で対処しようとするのですが、五条の力はそのさらに上を行っていました。

彼は順転と反転の2つの無限を衝突させることで生成される仮想の質量を押し出す虚式「茈」によって、伏黒甚爾の右半身を抉り飛ばしてしまったのです。

その後、彼は最期の言葉に息子である伏黒恵を五条に託すようなことを言い、この一連の任務は幕を閉じました。

 

「さすがにやりすぎだろ…」と思わせられてからの五条復活にはかなり鳥肌が立ちましたね。

もともと強者の風格はあった彼ですが、覚醒直後のハイになった様子はまさに“最強”の名がふさわしい術師でした。

そしてそこから1年後、五条と夏油のこれまでの関係が崩れ去る出来事が起きます。

 

高専を裏切り呪詛師となった夏油傑の目的とは!?

上記の任務から1年が経った頃、夏油は様々な任務をこなしていく上で、もともと持っていた「呪術は非術師を守るためにある」という信念に疑問を持ち始めていました。

そんな時に、彼はとある任務で訪れた村で非術師に理不尽に虐げられ檻に入れられている2人の少女と出会います。

そして、それをきっかけにして彼の信念は完全に崩れ去り、なんと彼はその村の住民(非術師)112人を皆殺しにして逃走したのです。

全ては呪霊の生まれない術師だけの世界を作るため。

そうして彼は“呪詛師”として五条たち高専生とは違う道を歩き始めました。
前巻から続く過去編はここでおしまいです。

 

まとめ

個人的には今回の過去編で、五条先生の強さの秘密よりも夏油の抱えていた想いの方が印象に残りましたね。

これまでは得体の知れない呪詛師といった印象でしたが、この過去編を読んでからこれまでのエピソードを振り返ってみるとかなり見え方が違ってくるシーンもあると思います。

さて、この第9巻の最後では上記の過去編の後、京都校2年生の究極メカ丸こと与幸吉が夏油達の内通者だったことが明らかになります。

彼はその見返りに真人の無為転変で五体不満足な体を直してもらうのですが、どうやら完全に夏油の仲間になったわけでは無いようですね。

というわけで、次巻は体の治った与幸吉と真人の激闘から幕を開けることになります。

 

〜追記〜

『呪術廻戦』10巻の感想記事

以下の記事に『呪術廻戦』第10巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

『呪術廻戦』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
¥460 (2020/07/10 03:37:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

『呪術廻戦』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『呪術廻戦』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『呪術廻戦』第9巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください