[ネタバレ注意]『十字架のろくにん』最新第9巻|5年後が舞台の新章突入!悪を裁くため「十字架さん」が動く!

Pocket

今回は、前巻から5年の月日が流れ「十字架さん」を中心とした新章が本格始動する『十字架のろくにん』第9巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

十字架のろくにん(9) (マガジンポケットコミックス)

5年が経ち20歳になった本作の主人公・漆間俊がこちらに冷たい視線を向けて表紙を飾っています。

どこか寂しげな表情にも見えるのは、現在の彼が“とある事情”を抱えているからなんですよね…。

 

さて、前巻の帯には「かまいたち」山内健二さんからのコメントが掲載されていましたが、この第9巻には『トレース』や『ブルータル』を手がける古賀慶先生からの推薦コメントが掲載されていました。

目を覆いたくなる絶望と残虐。十字架を背負う俊は復讐を遂げられるのか、その先に救いはあるのか、目が離せない。

引用:『十字架のろくにん』コミックス9巻帯より

前巻はまさに「目を覆いたくなる絶望と残虐」がこれでもかと描かれた内容でしたよね…。

正直、たとえ今後俊の復讐が成し遂げられたとしても、おじいさんと弟の翔を殺された彼にもう救いはないんじゃないかと思ってしまいます。

はたして、この物語が完結する時、彼は一体どんな表情を見せてくれるのでしょうか?

 

今回の記事では、そんな『十字架のろくにん』の第9巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

『十字架のろくにん』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『十字架のろくにん』をマンガとして読みたい方には、以下のコミック.jp「30日間無料お試し」をオススメしています。

以下のリンクから「30日間無料お試し」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが1200ポイント分もらえるので、この『十字架のろくにん』第9巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料会員登録をしてみてくださいね。
無料期間中の解約で料金は発生しません。

気になる方はこちらからアクセスできます。

コミック.jpの「30日間無料お試し」が気になる方はこちらから↓

コミック.jp 1000コース

※本ページの情報は2023年1月時点のものです。
最新の配信状況はコミック.jpのサイトにてご確認ください。

また、『十字架のろくにん』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

PayPayを使って簡単に決済ができますし、初回ログインの方は最大6回使える【70%OFFクーポン】がもらえるので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

下記記事にはマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください

 

『十字架のろくにん』8巻の振り返り

以下の記事に『十字架のろくにん』第8巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第9巻の内容の方に入っていきましょう。

 

スポンサーリンク

『十字架のろくにん』9巻の見どころ&感想[ネタバレ]

“ジュージカ”として活動する俊は記憶喪失になっていた

新章がスタートした前巻の最後に登場した俊は、北見高梧という医者と川奈美々という看護師と一緒に“ジュージカ”として悪人を殺す活動をしていました。

この第9巻では冒頭から、東さんからの「バイト先の店長を殺してほしい」という依頼を受けて、彼を捕らえ拘束して殺すシーンが描かれていきます。

そしてその処刑が終わった後、俊は現在記憶喪失になっている事が明かされたのです。

どうやら彼は自分の名前と処刑に関する事以外を忘れてしまっており、そんな時に1人で悪人を裁く活動をしていた北見さんと出会って“ジュージカ”の一員になったみたいですね。

ただ、今回の東さんとの再会をきっかけに少しずつ記憶が揺さぶられ、この巻の最後にはおじいさんの小屋で銃を手にした事で「至極京を殺す」という本来の目的を思い出せていました。

 

次なるターゲットは“革命倶楽部”入信者の権田!

東さんの次の依頼者は、あの至極京が率いる“革命倶楽部”の入信者である権田という男に、お金を巻き上げられて祖父を殺された高校生の青年です。

彼の祖父は権田と関わったばかりに洗脳されてしまい、彼は祖父への借金を理由に家に居座るようになった権田から目を背けたくなるような酷い仕打ちを受けていました。

そしてある日権田を怒らせて暴力を振るわれている孫を見ていた祖父は、正気を取り戻して権田を止めに入ったのですが、その時に頭を強く打って亡くなってしまったのです。

この話を依頼者から聞いた俊と北見さんはその依頼を引き受け、さっそく別の家でお金を強奪していた権田を拉致しにいきました。

その後、2人は捕らえた権田を“ある装置”に固定し断罪を行なっていくのですが、その処刑方法はとてもここでは書けないほど酷いものでした…。

それは一体どんな処刑なのか、思わず顔を歪めてしまうそのシーンはぜひ絵と一緒に、覚悟を持った上でご自身の目でご覧ください。

「今すぐそのシーンを読みたい!」という方は以下の記事にこの『十字架のろくにん』第9巻を無料、またはお得に読める方法をまとめているので、ぜひご活用ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

新章の本格スタートとなったこの第9巻ですが、まさか1発目の拷問があんなに汚いものになるとは思いもしませんでした(笑)

ただ、「やり過ぎなくらいの拷問シーン」という『十字架のろくにん』らしい点は新章でも引き継がれているようなので、これからも読者の見たいものは見せてくれそうですね。

ちなみに権田の処刑シーンの後、5年後の「京ちゃん」こと至極京の姿が描かれていました。

どうやら彼は社会活動化として表舞台でも活躍しているようで、オンラインサロンとなった“革命倶楽部”には10万人もの登録者がいるみたいです。

その中には俊の家族を死に追いやった“研究者”と呼ばれるような人間たちもいるのでしょうか?

至極京と俊が対峙するのはまだ先になりそうですが、この新章では今度こそ彼への復讐を成し遂げて欲しいものですね。

 

『十字架のろくにん』10巻(104話〜)の発売日は?

『十字架のろくにん』第10巻は2023年3月9日に発売予定のようです。

今から発売が待ち遠しいですね。

 

以上、『十字架のろくにん』第9巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『十字架のろくにん』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『十字架のろくにん』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

『十字架のろくにん』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

コミック.jpの30日間無料お試しで『十字架のろくにん』第9巻を無料で読む場合はこちら

コミック.jp