[ネタバレ注意]『はじめアルゴリズム』|このマンガを読むときっと数学がやりたくなる!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、1人の天才数学少年がその「数学」のおもしろさ、奥深さに気づかせてくれる、そんなマンガのご紹介です。

そのマンガがこちら。

はじめアルゴリズム(1) (モーニング KC)

『はじめアルゴリズム』です。

表紙に描かれている1人の少年、彼が天才的な数学の才能を持つ「ハジメ」です。

 

このマンガのテーマは「数学」です。

このブログを読んでくださっている方の中にも、もう「数学」と聞いただけで拒絶反応を起こすような方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしこのマンガ、読まず嫌いをするのは非常にもったいないと思いますよ。

大げさではなく、本当に世界を見る目が変わってしまうかもしれません。

 

今回の記事では、そんな『はじめアルゴリズム』の見どころを、感想も一緒にまとめて見ました。

若干のネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『はじめアルゴリズム』のあらすじ

以下に『はじめアルゴリズム』のあらすじを載せておきます。

老数学者・内田豊は地元での講演後、ふらりと立ち会った母校で、「数字」と遊び、「数学」の才能に溢れた小学5年生・関口ハジメに出会ったのであった…。

足す足す引く引くワクワクドキドキ!
ワンダーボーイ、数字と一緒に世界を大冒険!

読めば数学が少し好きになる、天才が少し好きになる!!

はじめアルゴリズム/三原和人-モーニング公式サイト

「数学の天才」と聞くと、どこか近寄りがたい自分の世界を持った人をイメージしてしまいますが、このマンガはそのイメージを消し去ります。

とにかく好奇心旺盛なハジメが無邪気でかわいらしいので、読んでいるこっちまで数学が楽しくなってきてしまいますよ。

では、さっそく内容の方に入っていきましょう。

 

『はじめアルゴリズム』の見どころ

数学を通して見る美しい世界

ハジメの持つ類い稀なる数学の才能は、第1話目から存分に描かれています。

雲の運動、木の枝の分かれ方、水の波紋の伝わり方、トンボの羽の模様…。

ハジメが見ている世界の全てが、ハジメの手によって「数学」の世界へと広がっていくのです。

自然を数学的に見る、なんて普通考えもしないですよね。

ただそれをハジメがあまりにもキラキラした目をして行なっているので、なんだか数学まで美しく見えてきました。

 

老数学者・内田との出会い

ハジメはいくら天才とは言ってもまだ小学5年生で、中学校で習う数学のことは知りません。

全てが独学というか、ひらめきをそのまま式にしたようなものなので、彼の書く式には独自の記号や絵がたくさん出てきます。

そんなハジメを見て、天才的な才能を見出したのが、老数学者の内田さんでした。

内田さんはハジメ独自の「数学」には足りないスキルや知識を彼に与えます。

当然食いつくハジメ、その興味は止まることなく、なんとそのまま親元を離れ教授のもとで数学を学ぶことを決心します。

「ウチダ」という強力な師を手に入れた彼がここからどんな世界を見ていくのか、とても楽しみです。

 

数学がとてもおもしろそうに思えてくる

とにかく、ハジメは楽しそうに数学と向き合い、目をキラキラさせながら問題を解いていきます。

そんな姿を見せられると、どんなに数学が嫌いな人でも「…数学にも楽しい部分があるのかな?」と興味を持ってしまうはずです。

自分が嫌いな食べ物を、他の人が「めちゃくちゃ美味しい!」と言いながら食べていると自分も食べたくなってきませんか?

それと一緒です。たぶん。

ハジメは小学生ですが、解いている内容的には高校数学以上のものが多いので、数学が嫌いな高校生や大学生にぜひ一度手にとってもらいたいマンガですね。

 

まとめ

僕の高校時代の数学の先生が「数学に必要なのは数学を美しいと思えるかどうかだ」と言っていた記憶があります。

その言葉は当時の理系の僕でも全くピンときていなかったのですが、この『はじめアルゴリズム』を読んでそれが少し理解できたような気がします。

作中には「〜方程式」や「〜の定理」などもたくさん出てくるのですが、正直理解できなくても問題ありません。

ハジメの成長を内田さんと一緒に見届けていくような、そんな視点から楽しめるマンガだと思います。

 

〜追記〜

『はじめアルゴリズム』3巻の感想記事

以下の記事に『はじめアルゴリズム』第3巻の見どころをまとめました。

ぜひ、合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

1巻の購入はコチラ↓

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください