[ネタバレ注意]『ゴールデンゴールド』最新第6巻|コウフクもヒトもカネも全てが征服されていく…!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、3年連続で「マンガ大賞」にノミネートされた現代マネースリラーマンガ『ゴールデンゴールド』、その第6巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

ゴールデンゴールド(6) (モーニングコミックス)

大きく堂々と描かれているのは若かりし頃のばーちゃんですね。
その後ろでまたフクノカミは元気一杯楽しそうなことをしています(笑)

 

冒頭にも書きましたが、3月に発表された「マンガ大賞2019」でこの『ゴールデンゴールド』はみごと第12位にランクインしました。

しかも2017年から3年連続でノミネートされており、その唯一無二の独特な不気味さとおもしろさで長く支持され続けている作品といえるでしょう。

 

今回の記事では、そんな『ゴールデンゴールド』第6巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

<『ゴールデンゴールド』をおトクに読む方法>

文字だけでなく『ゴールデンゴールド』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『ゴールデンゴールド』をおトクに読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

 

スポンサーリンク

『ゴールデンゴールド』5巻の振り返り

以下の記事に『ゴールデンゴールド』第5巻の見どころをまとめています。

ばーちゃんの過去エピソードから始まった第5巻。

どうやら彼女は昔から商売気質な女の子だったようで、若い頃の夢は「社長になること」だったみたいですね。

そして彼女のやることはどんどん規模が大きくなっていき、ついには企業の買収にまで手を出そうとしていました。

そんな中で起こったフクノカミの異変。
それはフクノカミがいきなり3体に分裂し始めるというものでした。

この3体のフクノカミがいったいどんな展開をもたらすのか…。

 

では、さっそく第6巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『ゴールデンゴールド』6巻の見どころ&感想

“多様性”を求めフクノカミが3体に分裂!!

前巻第5巻の最後に現れた第2第3のフクノカミが、第6巻の冒頭からさっそくその能力を島民に向けて発揮していきます。

丸い顔で目を見開いているフクノカミは、投資や散財を促す“カネノカミ”

面長でちょっと怖い顔をしているフクノカミは、人を集めることに特化し、嫌なものを嫌と言わせる“ヒトノカミ”

それぞれが違った能力を持っているのですが、フクノカミに言わせるとこれは多様性を重視した結果だそうです。

しかしカネノカミとヒトノカミも参加していた会合の様子を見ていると、どうやら互いに協力関係にあるわけではないみたいですね。

“ヒト”と“カネ”、それぞれに特化した2体のカミの出現がここからの展開にどう影響してくるのでしょうか?
期待と不安が膨らんでいきます。

 

流花が及川にフラれてフクノカミが激ヤセ!?

流花が図書室で勉強をしているとそこに及川と同級生の女の子がやってきます。

その女の子は流花が及川のことが好きだということを知っていたために2人を茶化すような行動をとるのですが、その流れで彼が流花のことをなんとも思っていなかったという事実が明らかになってしまいました。

当然ショックを受ける流花。
そしてなぜかこの日から、彼女の気持ちの変化と同じように島にも変化が現れ始めます。

大繁盛していたコンビニには人が来なくなりばーちゃんの体調も悪化、さらにあのフクノカミまでもが頬がこけるほど激ヤセしていたのです。

その原因は、及川への感情が元になっていた流花のフクノカミへの願いが薄まっていったからでした。

このままこれまでフクノカミがもたらしてきた島への影響は消えてしまうのか、と思ったのですが、その後流花が及川にやっぱり拒絶されていなかったことを知ったことで全てが活気を取り戻しました。

 

これまでいくら流花が「アニメイトなんていらない」と願ってもフクノカミが消えなかったのは、その大元の及川への想いを原動力にしていたからだったんですね。

フクノカミを消す方法がわかっても、その彼女の想いを完全になくすということは今はまだ難しそうです。

 

まとめ

第6巻の大きな見どころとしては上記の2つですが、他にもこの先の展開に影響してきそうなエピソードがいくつかありました。

寧島のショッピングモール“寧モール”が完成間近だったり、島民に怪しげなファンドを売った男がフクノカミによってフクを奪われてしまったり…。

そしてこの巻の最後には、なんとカネノカミがヒトノカミをモールの屋上から突き落として殺そうとするシーンが描かれていました。

そんな状況に続く次巻予告には「多様性を重んじたはずの分裂。しかしはじまったのは『聖戦』!?」という一文がありました。

次巻、フクノカミたち同士の「聖戦」が始まるのでしょうか?
そしてその「聖戦」が島にどんな影響を及ぼすのでしょうか?

気になることだらけですが、とにかく次巻が待ち遠しいですね。

 

『ゴールデンゴールド』7巻の発売日は?

『ゴールデンゴールド』第7巻は2020年の春に発売予定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『ゴールデンゴールド』をおトクに読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください