[ネタバレ注意]『不滅のあなたへ』最新8巻|大切な人を守るためフシは成長を続ける

スポンサーリンク


Pocket

今回は、たった1話の間に舞台が百年以上も先へと進むという驚きの展開をみせた、唯一無二の“不死”の物語『不滅のあなたへ』の第8巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

不滅のあなたへ(8) (講談社コミックス)

ウラリス王国の第1皇子であるボンと、その家族が揃って表紙を飾っています。

 

前巻第7巻の最後で登場したこのボンが、今回の第8巻ではフシとともに大活躍します。

少しお調子者でわがままなところもありますが、仲間想いの優しい男ですよ。

きっとフシの成長にいい影響を与えてくれると思います。

 

今回の記事では、そんな『不滅のあなたへ』第8巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『不滅のあなたへ』7巻の振り返り

以下の記事に『不滅のあなたへ』第7巻の見どころをまとめています。

この第7巻は展開の早さについて行くのが大変でした(笑)

まさかたった1話で百年以上も舞台が移り変わるとは…。

そんな数百年後の世界で出会ったボンによって、ここからの展開は一体どうなって行くのでしょうか。

 

では、さっそく8巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『不滅のあなたへ』8巻の見どころ&感想

 

フシの決意とボンがみせる新しい世界

ボンに捕らえられ、そのままウラリス王国の彼の家に連れて行かれたフシ。

ボンはフシを手厚くもてなそうとするのですが、フシは隙あらばすぐに彼の家から逃げ出そうとします。

その理由は、「ノッカーの襲撃によってこれ以上犠牲者を増やしたくないから」。

そしてフシは「次 目の前でノッカーに殺されたらこの身体をノッカーに渡してノッカーの襲撃を終わらせる」と“黒いの”に宣言します。

それを聞いたボンが彼にかけた言葉は「お前に新しい世界を与えてやる 自分を捨てるかどうか決めるのはその後だ」というものでした。

 

僕は正直このシーンまではボンのお調子者感が少し苦手だったのですが、フシにかけた言葉で仲間想いのいい男だという認識に変わりました。

ここから、ボンとフシはともに行動することになります。

 

フシの新たな能力「死者の蘇生」

フシはこれまで死んだものに対して、“死んだものの抜け殻を作る”ことと“死者の姿になる”ことしかできないと思っていました。

しかし今回、フシ自身は気づいていませんが、なんと死者の蘇生ができたのです。

条件はおそらく“フシが死んだものの抜け殻を作る”ことと“死んだものの魂がまだ近くにあること”。

魂の姿が見えるボンだからこそ気づけた、フシの新たな能力です。

 

これがあればフシと一緒にいるマーチやトナリも蘇生できるはずなのですが、フシが自分の元から離れていってしまうのを嫌がるボンは、彼には絶対伝えようとはしません。

いつかフシ自身がこの能力に気づき、またみんなで過ごせる日々がくるのでしょうか?

それともこの能力にはまだ何か知られざる制約があるのでしょうか?

フシが自力で気づく日が楽しみです。

 

まとめ

今回はフシの成長が大きく見られた1冊だったと思います。

ひたすら仲間を大切にし、逆に仲間からも慕われているボンを見て、フシも何かを感じ取ったようです。

僕個人的にはこの2人のコンビはけっこう好きですね。

まだまだ次巻も一緒に行動をするようなので、今後の展開が楽しみです。

 

『不滅のあなたへ』9巻の発売日は?

『不滅のあなたへ』第9巻は2018年11月16日に発売予定だそうです。

かなり短いスパンで次巻が出ますね。今から待ち遠しいです。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください