[ネタバレ注意]『BEASTARS』最新第20巻|仲間の応援を受けレゴシは1匹で縄張り争いに挑む!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、2021年1月にTVアニメの放送が予定されている動物版青春ヒューマンドラマ『BEASTARS』、その第20巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

BEASTARS 20 (少年チャンピオン・コミックス)

足を“食って食われた仲”であるレゴシとルイがクールに表紙を飾っています。
いつの日かこの2匹がビースター“ズ”になる時がくるのでしょうか?

 

さて、この第20巻ではいよいよメロンとの決着をつける“愛肉の日”を迎えることとなります。

キューとの修行を乗り越え、できる限りの準備をして裏市での縄張り争いに臨むレゴシ。
はたして彼はどんな戦いの末にメロンとの因縁に終止符を打つのでしょうか?

 

今回の記事では、そんな『BEASTARS』第20巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

BEASTARS』第20巻を無料で読む方法!

文字だけでなく『BEASTARS』をマンガとして読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『BEASTARS』第20巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。

気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『BEASTARS』19巻の振り返り

以下の記事に『BEASTARS』第19巻の見どころをまとめています。

 

では、さっそく第20巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『BEASTARS』20巻の見どころ&感想[ネタバレ]

レゴシとの修行後にキューが裏切り行為にでる!?

前巻の最後で「街を歩く首にギプスをはめたキリンをキューが転倒させるからレゴシはそれを全力で止める」という修行が始まり、草食獣を守るために感情のコントロールができなくなるほど必死にキューを追いかけるレゴシ。

口周りに自身の凶暴性が集まっても「噛みたくない!」と強く思うレゴシでしたが、彼はそこで自分が入れ歯だったことを思い出し、それを外した牙の無い口でキューを咥えることで見事彼女を止めて見せました。

そしてキューはその修行を通して「レゴシの凶暴さを引き出すのは“空腹”だ」と見い出し、それを聞いたレゴシはその日から断食に入ります。

がしかし、なんと彼女はその情報をお金と引き換えにメロンに売ったのです。

それはこれまでの彼女の人生に抗うための行動だったようですが、そんな弱い自分を愚直に信じて「まて」と言われたがるレゴシを見て彼女はそれに応え、重ねて「『よし』と私が叫んだその時は私を食べてくれ」と申し訳なさそうに口にしました。

当然レゴシはそれを拒否し、素直にメロンに勝つための手助けをしてくれたことに対して彼女に感謝を伝えて、彼はその日から自分の家に引きこもるようになります。

 

キューとメロンが通じていたことには正直驚きを隠せませんでしたが、伝わった情報自体はレゴシにとってあまり痛手にならないものような気がします。

これまで荒んだ裏市しか知らなかった彼女の生活が、レゴシとの出会いによって少しでも豊かなものになっていけば良いですね。

 

スポンサーリンク

ついにレゴシとハルが初めてのキスを交わす!

愛肉の日の前日である12月24日、レゴシと25日のレクスマス(クリスマスのようなイベント)を一緒に過ごすために彼の部屋の前にやってきたハル。

しかしレゴシは断食中のため、彼女の身を案じてドア越しに「逃げて」「危険すぎる」としか会話をせず、当然それに怒った彼女はすぐに帰ってしまいました。

ただ、話半ばで帰られたレゴシも彼女の履いていたスカートによって撒かれた匂いを頼りに彼女を追いかけ、街を抜け人気のない土手まで出たところで2人は再び話を始めます。

するとハルは普段から抱えていたレゴシに対する想いが溢れて泣き出してしまったのですが、そんな状況で「今何考えてるの」と聞かれたレゴシは、階段の途中にいる彼女に向かって「今すごくキスしやすい高さだなって思ってる」と口にしました。

そして、レゴシは断食のおかげか普段のように動じることもなくハルに迫り、2人はここで初めてキスを交わすことができたのです。

そうして次の日の25日、レゴシはハルの思いも胸に秘めて裏市へと足を運んでいきます。

 

これまではレゴシが1人で暴走してハルがそれを受け止めるようなシーンが多かったですが、特別な日と特別な状況ということもあって少し珍しい2匹の関係を見ることができましたね。

初めはこの2匹がこんな関係になるとは想像もできませんでしたが、今ではもうどうかこの逆風だらけの社会でも2匹が幸せになってほしいと願わんばかりです。

 

ついに愛肉の日の縄張り争いが幕を開ける!

いよいよ迎えた12月25日の“愛肉の日”。

レゴシは裏市でドク組、イナリ組、マダラ組、シシ組の4つの組の中にたった1人で、ルイと自分の血を混ぜた混血を染み込ませた松明を掲げて立っていました。

とはいえ縄張り争いにもルールがありレゴシがいきなりメロンと戦うというわけにはいかないようで、彼はまずおじいちゃんと同じ種族であるコモドオオトカゲの組・ドク組と戦うことになります。

開戦早々ドク組のボスであるサボンによってコモドオオトカゲの毒を注入されるレゴシ。

しかしおじいちゃんの血を引くレゴシにその毒は効かず、それどころかこのタイミングで彼の中に眠っていたトカゲの再生能力が目覚め、なんとレゴシがかつて抜いたはずの牙が再び生えてきたのです。

その後、毒が効かないことがわかったサボンは肉弾戦へと切り替え、レゴシを崩れかけの建物の中へと追い込んでから尻尾を自切し渡してきたかと思いきや、それにくくりつけた爆弾を爆発させレゴシを瓦礫の下へと沈めました。

ただそれを食らってもまだ立ち上がるレゴシに対して、今度はドク組の部下全員が爆弾をくくりつけた尻尾を彼に向かって放ってきたのですが、それでもレゴシは「切られてもまだ意思が残っている尻尾をかわいそうに思った」と、その大量の尻尾をパンツに入れ爆発から庇って見せたのです。

それを見たサボンはレゴシからその尻尾を奪い取り、レゴシの混血の炎を宿す松明を借りてそれらを火葬しました。

第20巻は、このサボンがレゴシを認めたとも取れるようなシーンを最後におしまいとなります。

はたしてレゴシVSドク組の戦いはどんな決着を迎えるのでしょうか?

 

まとめ

実は上のレゴシが燃やしていた松明に使う混血を用意する段階で、彼が部屋でルイを食べたと取れるような演出がされていたんです。

第17巻でもあったレゴシがハルを食べたかのような演出といい、本当にこの手の演出はページをめくるのが怖くなりますね…。

週刊連載時の「少年マガジン」であの血だらけのレゴシの部屋を見たファンの方は、きっと1週間気が気じゃなかったことでしょう。

単行本派の僕としては、あの話で巻またぎにされていなくて本当に良かったです(笑)

さて、この第20巻で“愛肉の日”の縄張り争いが始まり、ここからしばらくはレゴシが裏市を仕切る組と連戦していくような展開が続いていきそうですね。

彼が“他種族の動物と本気で戦う”というのはこれまで意外と多くはなかったので、次巻以降どんな戦いが繰り広げられていくのかが楽しみです。

 

『BEASTARS』21巻の発売日は?

『BEASTARS』第21巻は2020年10月8日に発売予定のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入できますよ。

created by Rinker
秋田書店
¥499 (2020/09/18 19:13:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、『BEASTARS』第20巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『BEASTARS』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『BEASTARS』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『BEASTARS』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

U-NEXTの31日間無料トライアルでBEASTARS』第19巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにU-NEXT以外にもマンガを無料、もしくはお得に読む方法があります!
気になる方は以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください