[ネタバレ注意]『亜人』最新第16巻|大量のIBMによる混乱の中、亜人誕生の秘密が語られる…!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、永井VS佐藤もクライマックスとなる中、ついに亜人という存在の核心に迫る“誕生秘話”が語られる『亜人』、その第16巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

亜人(16) (アフタヌーンKC)

ワニのような牙を剥き出しにした、これまでの様相とは変化を遂げた佐藤のIBMが表紙を飾っています。

この巻を前巻第15巻の表紙と並べてみると佐藤のIBMと永井のIBMが向き合っているような構図となってカッコいいんですよね。

永井と佐藤の戦いも決着の時が近いと言うことを示しているのでしょうか?

 

今回の記事では、そんな『亜人』第16巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『亜人』を無料やおトクに読む方法

文字だけでなく『亜人』をマンガとして読みたい方へ向けて、以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『亜人』15巻の振り返り

以下の記事に『亜人』第15巻の見どころをまとめています。

では、さっそく第16巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『亜人』16巻の見どころ&感想

オグラ博士の口から亜人誕生の瞬間が語られる

永井と佐藤が共にフラッド現象を発生させ入間基地がIBMだらけになっている中、IBM研究の第一人者であるオグラ博士はその様子を見て基地へと足を向かわせていました。

そしてその途中で同じく基地に向かって車を走らせていた大学生2人組に拾ってもらった博士は、そのうちの1人に「亜人はどう生まれたか」と問われ、それに対して「亜人は人の心が作り出したものだ」と答えます。

どうやら博士は「『人間の感情』は未知のエネルギー(IBM)を生み出すことができる」と考えているようで、遠い昔の誰かが絶命した時に抱いた強い感情が「心」を膨張させたことによって亜人は生まれた、というのです。

その後博士は、亡くなった息子がプレゼントしてくれたタバコが最後の1本になったことをきっかけに、車を降りて大量のIBMに自ら殺されに行ってしまいました。

 

博士はこのIBMに殺される結末を運命として感じ取っていたようですね。

彼は殺される直前に両手を広げて「完璧だ」と呟いており、その様子からは清々しさまで感じられてしまいました。

 

スポンサーリンク

永井が記憶喪失で亜人であることを忘れてしまう!?

大量のIBMが発生している渦中で佐藤がヘリに捕まって飛び去ろうとしていた時、ギリギリで永井が逃すまいと彼の足を掴むことに成功します。

ただ流石にヘリの上下運動によってあえなく振り落とされてしまうのですが、なんと彼は地面に落ちた拍子に頭を強く打ち、自身が亜人であることを知るきっかけとなった事故の直後からの記憶を失ってしまったのです。

その後佐藤も遠距離からの狙撃によってヘリから落ちてきたのですが、彼は佐藤の顔を見ても誰かわかっていませんでした。

そんな彼を見て「コレでお互いわだかまりもなく新し一歩を踏み出せるね」という佐藤。

しかし永井はカバンの中の拳銃を見てその違和感からすぐに状況を整理しようとし、自身が記憶を失っていること、そしてこんなことに首を突っ込んでいるという自分らしからぬ状況から、すぐに「僕は亜人だ」と気付いて躊躇なく頭に発砲したのです。

倒れた彼が次に目を覚ました時、彼はまた全てを思い出し佐藤を追い始めました。

佐藤がヘリに追いつくのが先か、それとも永井が佐藤を止めるのが先か。

2人の戦いはまだ決着とはいかないようです。

 

まとめ

亜人誕生の秘密については「人の心が生み出した」というなんとも抽象的なものでしたが、オグラ博士の「人間が地球の意に反して新しい何かを作り出したと信じたいじゃないか」と言って笑う様子を見て、僕も深く考えることをやめました。

元々フィクション、と言ってしまえばそれまでですが、やっぱり登場人物の思考に沿って世界観に入り込むことが、物語を楽しむ一番の秘訣ですよね。

また、途中で永井が記憶喪失になったときは、「永井がどういう人間か」がこれ以上にない形で再認識させられる最高のきっかけだったように思います。

佐藤はこのまま国外へ逃亡しようとしているようですが、「逃げられて終わり」のエンドではなくきちっと永井に決着をつけてほしいですね。

次巻以降の展開も楽しみです。

 

『亜人』17巻の発売日は?

『亜人』第17巻の発売日はまだ未定のようです。

詳細が分かり次第、このブログでもお伝えいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

『亜人』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

created by Rinker
講談社
¥726 (2020/09/29 16:07:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

『亜人』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『亜人』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『亜人』無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください