[ネタバレ注意]『天国大魔境』第1巻|2つの世界から謎を解き明かす冒険マンガがおもしろい!

スポンサーリンク



Pocket

今回は、2つの世界を同時に描きながら謎に満ちた日本を解き明かしていく、そんな冒険ミステリーマンガのご紹介です。

そのマンガがこちら。

天国大魔境(1) (アフタヌーンコミックス)

天国大魔境』です。

 

作者は、アニメ化もされた『それでも町は廻っている』と同じ、石黒正和先生です。

この『天国大魔境』の帯には『BEASTARS』の板垣巴溜先生をはじめ、5人のマンガ家の絶賛コメントが記載されていました。

読む前からハードルが上がりっぱなしでしたが、内容はそれを軽々と超えてきましたね。

 

今回の記事では、そんな『天国大魔境』第1巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

若干のネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『天国大魔境』のあらすじ

 

以下に『天国大魔境』のあらすじを載せておきます。

美しい壁に囲まれた世界で暮らす子供たち。
少年・トキオはある日、「外の外に行きたいですか?」というメッセージを受け取り——?
ほころび始めた天国で、少年少女の大冒険が始まる!
超才・石黒正数の最新作! 極大スケールでスタート!!

天国大魔境 / 石黒正数 – アフタヌーン公式サイト

上のリンクから1話と2話の試し読みができますよ。

あらすじの方では『天国大魔境』の“天国”のほうだけが書かれていますが、“大冒険”が描かれるのは“大魔境”の方です。

読めば読むほど謎がどんどん深まっていくような、そんな読み応えばっちりの第1巻でしたね。

 

では、さっそく内容の方に入っていきましょう。

 

『天国大魔境』の見どころ&感想

描かれる2つの世界

この『天国大魔境』では、2つの世界で同時に物語が進んでいきます。

美しくて平和な、壁に囲まれた“天国”のような世界。

表紙のバックに描かれている、全てが崩壊した“魔境”のような世界。

それぞれの世界が「なぜそんな状況になっているのか?」はまだ描かれていません。

 

今は2つの世界で全く別々のエピソードが描かれているですが、いずれ交じり合うことになるのでしょうか?

この謎は物語の核となってきそうですね。

 

“天国”と“地獄”に同じ顔の人物が?

それぞれの世界に、同じ顔をした男の子2人と女の子2人が登場します。

“天国”の外の世界に興味を持つトキオと、その“天国”にいる同じ顔を探すマル。

何かと感が鋭いミミヒメと、マルのボディーガードをしているキルコ。

マルだけは“天国”に自分と同じ顔をした人間がいることを知っていて、彼に会って「薬」を打つことが目的のようです。

 

これでますます2つの世界の関係性がわからなくなってきましたね…。

ただ、この4人が物語の鍵を握っているのは間違いなさそうです。

 

外の世界にいる怪物”人食い”

崩壊した世界が「魔境」と呼ばれているのは、“人食い”と呼ばれる「怪物」がいるためです。

それは鳥類のような姿をしていて人間を襲い、触手で分解して体内に取り込んでしまうという、まさに「怪物」。

しかしマルは“人食い”の体内に入り込む能力、キルコは光線銃を持っていて“人食い”に立ち向かっていきます。

 

読んでいると急にマルの特殊能力が登場してびっくりしたのですが、それも彼の秘密なのでしょうか?

どういうわけか、“人食い”の体に触れたと思ったら直接心臓のようなものを握りつぶしていました…。

 

本当に、謎だらけの第1巻です。

 

まとめ

1巻ではまだ「天国」と「大魔境」が繋がっていないため、1冊で2つの物語を読んでいるような気分でした。

それにしても、本当に謎が多いマンガですね。

その謎はいずれ全て明かされるのでしょうか、続きが気になって仕方ありません。

 

『天国大魔境』2巻の発売日は?

 

そんな『天国大魔境』第2巻の発売日は、2019年1月ごろのようです。

詳しい情報がわかり次第、このブログでもお知らせいたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

スポンサー様
image1.jpeg

image1.jpeg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください