[ネタバレ注意]『サマータイムレンダ』最新第5巻|潮の死と“影”の過去と秘密が明らかに…!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、いよいよ謎に満ちた物語の核心部が描かれ始める離島タイムリープサスペンスマンガ『サマータイムレンダ』、その第5巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

サマータイムレンダ 5 (ジャンプコミックス)

光の差し込む海の中で潮と潮の“影”が描かれています。

 

第3巻では美しい色合いの夕暮れ時の海岸のカバーイラストが大きなタオルになりましたが、第5巻ではこのきれいなカバーイラストが限定クリアファイルになるそうです。

『サマータイムレンダ』5巻のコミックスの帯の折り返しに応募券がついており、前回と同じく抽選で100名に当たるみたいですね。

僕は3巻のタオルが幸運にも当選したので、今回のクリアファイルも絶対に応募します(笑)

締め切りは2019年2月25日までで、電子版では帯がつかないので注意が必要です。

コミックス版はこちらから購入できますよ↓

 

さて、この第5巻ではいよいよ“影”の核心部へと物語が進められていきます。

読み終わった時には少し疲れを感じるほど、緊張感のあるシーンが続いていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『サマータイムレンダ』第5巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『サマータイムレンダ』4巻の振り返り

以下の記事に『サマータイムレンダ』第4巻の見どころをまとめています。

慎平の4度目のタイムリープになぜか潮の“影”が一緒についてきたことによって、今回のタイムリープはこれまでのものとはかなり違ったルートへと進み出しました。

慎平が潮の“影”を生かすという選択をしたことで南雲先生とは別行動になってしまいましたが、幼馴染の窓が協力してくれることになり、3人で事件の真相を探ることに。

そして、潮の“影”が指紋認証で解除した潮のスマホの中には彼女と“影”が一緒に写った動画が1つ残されていました。

そして2人の口から、彼女の死の真相が語られ始めます。

では、さっそく第5巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『サマータイムレンダ』5巻の見どころ&感想

潮と潮の“影”自身から語られる過去と死の真相

冒頭からいきなり4巻の最後に登場した黒い塊のような影が潮の姿となって襲いかかってきましたが、それを潮と潮の“影”は2人で協力して倒すことができました。

ここで、“影”は自分自身が潮本人ではなく“影”であることを理解したようです。

“影”としての自覚がなかったのは、“影”としての本質の部分まで上書きコピーしてしまったことが原因だったみたいですね。

そして、この潮のスマホに残されていた動画を見た彼女の“影”は、自分の失っていた記憶を思いだし、慎平と窓にその時の映像を見せます。

しおりとしおりの“影”の接触と入れ替わり、潮の死、潮の“影”が記憶を失うことになった原因、その全てがその映像の中にありました。

 

真実を目の当たりにし、影に立ち向かう覚悟を改めて固めた3人。

ここから彼らの反撃が始まります。

 

“影”の手がかりを求めいざ旧病棟へ!

3人は“影”の手がかりを掴むため、窓が以前から怪しいと思っていた旧病棟へと忍びこみます。

“影”としての記憶を取り戻した潮は“影”の気配を察知したり、影の中に身体をしまい込んで移動したりと、散策には大活躍でした。

そんな彼らが見つけたのは、不気味な姿をした「ヒルコ様」の像と“影”にしか通れない扉。

そして、潮の“影”がヒルコ様の像をスキャンして鍵を見つけ、扉の隙間に入り込んで内側から扉の鍵を開けることに成功しました。

その扉の先には“影”の気配がする地下に降りるための穴がありました。

3人はその先へと進んでいきます。

 

それにしても、急に潮(の“影”)がとても頼りになる存在になりましたね(笑)

制限はあるものの“影”の能力をほとんど使えるようなので、これからの活躍にも期待が膨らみます。

 

地下を進んで“影”の巣へ…

地下への穴の先には戦時中に掘られた地下壕があり、今は“影”だけの通り道となっていました。

寒気がするほどの嫌な気配を感じ取る潮。

その気配のする方へと歩みを進めていくと、そこにはさっそく鼻から上が無い赤ちゃんのような“影”が1体いました。

嗅覚で慎平たちの存在を感じ取ったその“影”はすごい勢いで窓に飛びかかってきましたが、間一髪のところで慎平が根津さんから託されたネイルガンでその動きを止めることに成功します。

そしてさらに奥深くへ進んでいくと、そこは自然の洞窟へとつながっていました。

すると突然潮が大量の影の気配を感じ取り、先ほどの赤ちゃんのような影が大量に3人に襲いかかってきました。

走って逃げようとする3人。

一体この場所は“影”にとってどういう価値のある場所なのか…。

気になることは山ほどありますが、第5巻はここでおしまいです。

 

まとめ

潮としおりの死や潮の“影”の記憶など、これまで謎だったことが一気に明らかになりましたね。

しかし舞台が「旧病棟」へと移るにつれて、また新たな“影”の謎もたくさん出てきました。

物語がどんどん核心へと近づいている感があります。
それと同時に読み手が疲れてしまうほどの緊張感も強くなってきていますが(笑)

次巻はきっともっと“影”の真相や謎が明らかになっていくことでしょう。

引き続き、今後の展開から目が離せません。

 

『サマータイムレンダ』6巻の発売日は?

『サマータイムレンダ』第6巻は5月2日に発売予定だそうです

今から発売が待ち遠しいですね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください