[ネタバレ無し]押見修造先生が描くダークファンタジー『ハピネス』|心情の細やかな描写が素晴らしい作品

スポンサーリンク


Pocket

今回はマンガ『惡の華』の作者、押見修造先生の『ハピネス』というマンガの紹介です。

ハピネス(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

押見修造先生代表作の『惡の華』や『血の轍』に比べると少し知名度は低いかと思います。

しかしそれらの作品に負けず劣らず、押見修造先生の独特な世界観が存分に描かれています。

 

1巻のあらすじはこちらです。

謎の少女に襲われ、決断を迫られたあの夜──。幸せでも、不幸でもなかった僕のありきたりな日常は、跡形もなく壊れてしまった…。首筋に残った“傷”。何かを求めて、止まない“渇き”。冴えない高校生だった、岡崎を待ち受ける運命とは…!?

ハピネス(1)|講談社コミックプラス

もう少し具体的にいうと、

「謎の少女=吸血鬼に襲われ、自らも吸血鬼になってしまった少年が苦しみや葛藤を抱えながら人として、そして吸血鬼として成長していく」

というストーリーです。

 

そんなダークファンタジーなマンガ、『ハピネス』の見どころを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

『ハピネス』の見どころ

登場人物の綿密な心情描写

このマンガはとにかくキャラの心情が細かく描かれています。

特に重要なシーンほどセリフが少なく、表情のアップが多い気がしますね。

 

吸血鬼となってしまった主人公=岡崎の理性と吸血鬼の本能との葛藤。

吸血鬼という存在に翻弄される周りの人間たち。

そして個性ある吸血鬼たちの信念や生き様。

 

セリフは少ないのになぜか時間をかけて読み込んでしまう、そんな不思議な雰囲気を放つマンガです。

 

押見修造先生が描く独創的でどこか不気味な描写

押見修造先生が描く絵は、とにかく見るものを惹きつけます。

ハピネス,2巻

ハピネス2巻

ハピネス3巻

ハピネス3巻

少し不気味に思われるかもしれませんが、これが押見修造作品なのです。

もちろん全てがこのような絵というわけではありませんよ。

ただこのような独特の描写が作品にかなりのアクセントを与えています。

 

もし『ハピネス』の試し読みがしたいという方は、上のあらすじのリンクから1話を読むことができますのでぜひご覧ください。

 

登場人物たちの成長

このマンガは“吸血鬼と戦う”というようなバトル漫画ではありません。

謎に包まれた“吸血鬼”という存在に対して、登場人物たちが様々な視点から向き合うことで、それらが交差しストーリーが進んでいきます。

どのキャラも自らの置かれた状況に、健気に、懸命に向き合うので読んでいると自然に感情移入してしまいます。

誰でも必ず1人は好きなキャラが見つかると思いますよ。

ちなみに僕は2巻の表紙の五所さんが好きです。

ハピネス(2) (週刊少年マガジンコミックス)

 

まとめ

 

極力ネタバレ無しで『ハピネス』を紹介したかったのですが、すこし曖昧な内容になってしまいましたね。

うまく魅力を伝えられたでしょうか?

 

この『ハピネス』は1月9日に7巻が発売され、現在も別冊少年マガジンで連載中です。

押見修造先生の作品といえば『惡の華』が有名ですが、この『ハピネス』はそれよりもかなり読みやすい作品だと思います。

 

まだまだ後追いもできる巻数ですので、ぜひ手に取って読んでみてはいかがでしょうか。

 

購入はこちら↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください