[ネタバレ注意]『ハイスコアガール』最終第10巻|ハルオと大野さんの勝負と恋の結末は!?

スポンサーリンク


Pocket

今回は、堂々のエンディングを迎えた青春“ゲーム”ラブコメマンガ『ハイスコアガール』、その最終第10巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

ハイスコアガール(10)(完) (ビッグガンガンコミックススーパー)

ハルオの家でハルオと大野さんが仲良く並んでゲームをしています。

初期の頃はよく見た光景ですが、今となっては懐かしい気持ちになりますね。

 

そしてこの『ハイスコアガール』、なんとTVアニメの第2期の制作が決定しているみたいですね。

放送開始は2019年10月だそうです。

TVアニメ『ハイスコアガール』公式サイト

上記の公式サイトへのリンクから第2期のPVも見れるので、ぜひそちらものぞいてみてください。

 

今回の記事では、そんな『ハイスコアガール』第10巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ハイスコアガール』9巻の振り返り

以下の記事に『ハイスコアガール』第9巻の見どころをまとめています。

ハルオがついに大野さんへの恋心を自覚したのですが、その大野さんはなんと家庭の事情で日本を離れてしまうことになりました。

大野さんが日本を離れるまでの期限はあと1ヶ月。

そんな中で「スーパーストリートファイターⅡX」の全国大会が開催され、ハルオは“優勝して大野さんに愛の告白をする”ために、そして大野さんは“優勝してハルオにちゃんと別れを告げる”ために、この大会に2人で参加します。

が、しかし、なんと大野さんが初戦で敗退してしまったのです。

2人の想いはこんなにあっさり叶わないものとなってしまうのか…。

 

では、さっそく第10巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『ハイスコアガール』10巻の見どころ&感想

準決勝!ハルオ:ガイル VS 大野さん:ザンギエフ

「スーパーストリートファイターⅡX」の全国大会の初戦で敗退してしまった大野さんでしたが、なんと彼女は敗者復活戦を勝ちあがり、ハルオと同じ準決勝まで上り詰めてきたのです。

そしていよいよ始まったハルオ VS 大野さんの戦い。

使用キャラは互いに持ちキャラのガイルとザンギエフです。

2人ともこれまでに見せたことのないような気迫で1ラウンド目は大野さん、2ラウンド目はハルオが取り、ついに最終決戦。

両者あと一発圏内までもつれ込む超接戦となりました。

鉄壁の“待ち”の姿勢を取り、ザンギエフの“攻め”を待つガイル。

そしてザンギエフがジャンプして攻めてきた瞬間を見逃さずに攻撃を繰り出すハルオ、しかしそれを大野さんはまさかの超高等テクニックで回避します。

結果、ハルオは大野さんに敗れました。
そして彼女も決勝で負け、2人の大会はこれで幕を閉じました。

 

YouTubeでの動画ならまだしも、マンガでここまで緊張感の張り詰めた手に汗握る格闘ゲームの対戦が見れるなんて想像以上でした…。

これで、ゲームの決着は着きました。
あとは恋の決着を着けるだけです。

 

2人の関係はこれでもう終わってしまうのか…?

“優勝して大野さんに愛の告白をする”という目標が叶わず、そこに追い討ちをかけるように彼女の海外移住の話を聞かされたハルオはあからさまに意気消沈していました。

それに加え、大野さんのお姉さんを通して返された“昔あげたおもちゃの指輪”をみて、「もう終わったんだ」と完全に自分の中で区切りをつけてしまったのです。

そして大野さんの出発の日である7月24日、この日になってもハルオはウジウジしたままで、彼女の見送りにも行こうとしません。

そんな時に彼があったのは、日高さんでした。

日高さんを通して大野さんの想いを知ったハルオ。

指輪を返された意味を「その指輪を持って迎えにきて欲しい」と言う意味だと教えてもらった彼は、原付に乗って空港へと走り出しました。

 

最後の最後に“らしくない”ハルオで終わってしまうのかと内心不安でしたが、最後に決心がついたようで安心しました。

あまりラブコメを読まない僕ですが、こんなに恋の応援したくなる主人公はハルオが初めてかもしれません。

 

最終話:ハルオの想いは大野さんに届くのか!?

空港へと原付を飛ばすハルオ。

ですが時間はすでに飛行機が発つ夕方になろうとしており、物理的にもう間に合いません。

道中ではゲームのキャラ達がハルオの想いに応え、信号を青に変えたり車を止めたりしてくれていたのですが、空は空港に着く前に暗くなってしまいました。

離陸してしまった飛行機。
それでも行くしかないと、諦めるなと、ハルオはキャラ達に背中を押されてなんとか空港にたどり着きます。

そしてそこには、乱気流と機器のトラブルで引き返してきた飛行機から降りてきた大野さんの姿が。

駆け寄って大粒の涙を流しながら抱き合う2人。

ハルオが大野さんに“指輪”を渡した時、2人の周りには彼らの大好きなたくさんのゲームのキャラ達が2人を祝福していました。

これで、ゲーセンから始まったラブコメマンガ『ハイスコアガール』は完結です。

 

まとめ

ゲームのキャラ達がハルオの背中を押し、2人の周りで一緒になって嬉しそうにしているシーンは僕もちょっと泣きそうになってしまいました。

この『ハイスコアガール』と言うマンガの全てが、この最終第10巻に詰まっていたと思います。

ゲームが“eスポーツ”という形でも注目を浴びていくこれからの時代。

この作品は完結したあとも、ゲームとマンガを通して多くの人の心を魅了し続けることでしょう。

 

押切先生、連載お疲れ様でした。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください