[ネタバレ注意]『よふかしのうた』最新第7巻|ついに吸血鬼・ナズナ誕生の秘密が明かされる!

Pocket

今回は、連載開始から大反響の“真夜中”に繰り広げられる少年×吸血鬼のラブコメマンガ『よふかしのうた』、その第7巻の見どころ&感想記事です。
(※ネタバレを含みます。)

その表紙がこちら。

よふかしのうた(7) (少年サンデーコミックス)

主人公・夜守コウが恋する吸血鬼・七草ナズナによく似ているものの、髪型や服装、雰囲気が異なる女性が満月を背に表紙を飾っています。

 

さて、この『よふかしのうた』は連載当初から気にはなっていたもののなかなか読むタイミングがなく、この第7巻が発売したタイミングでようやく一気読みすることができました。

僕は普段はあまりラブコメを読まないのですがこのマンガはラブコメ色が強すぎることもなく、またコウとナズナの会話のテンポの良さや2人の初々しさもあって、非常におもしろく読み進められましたね。

ただ平穏な内容だけではなく“吸血鬼”と関わる危うさや“吸血鬼”を脅かす存在も描かれたりと、物語としても読み応えがあるのが人気の秘訣なんだと感じました。

 

今回の記事では、そんな『よふかしのうた』の第7巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『よふかしのうた』を無料で読む方法!

文字だけでなく『よふかしのうた』をマンガとして読みたい方は、マンガアプリ「サンデーうぇぶり」でも公開されているので、ぜひそちらでも読んでみてください。

「サンデーうぇぶり」をインストール

また、巻ごとにまとめて読みたい方には、以下のU-NEXTの「31日間無料トライアル」をオススメしています。

以下のリンクから「31日間無料トライアル」に申し込むとマンガの購入に使えるポイントが600ポイント分もらえるので、この『よふかしのうた』第7巻を今すぐ無料で読むことができるんです。

気に入らなければ無料期間中でも解約ができるので、まずはお気軽に無料トライアルしてみてくださいね。

気になる方はこちらからアクセスできます↓

※本ページの情報は2021年6月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

また、上記のU-NEXT以外にも以下の記事にマンガを無料、もしくはお得に読むことができる電子書籍サービスマンガアプリをまとめています。
気になる方はぜひ一度のぞいてみてください!

 

『よふかしのうた』のあらすじ

このブログで『よふかしのうた』を紹介するのは初めてなので、以下にあらすじを載せておきます。

恋と青春は、夜に生まれる__さあ、たのしい夜ふかしの時間だ!
不眠が続く中2・夜守コウは、初めて一人外に出た夜、美しい吸血鬼・七草ナズナと出会う。
「今日に満足できるまで、夜ふかししてみろよ。少年」
彼女との二人きりの夜ふかしがコウの運命を大きく変えていく__
「これは、僕が、七草ナズナに恋をするための物語だ」
眠れない夜を過ごす全ての人へ贈る__真夜中のボーイ・ミーツ・ガール!連載開始から超絶大反響!!
ふたり たのし よふかし ラブストーリー開幕!!

引用:よふかしのうた|サンデーうぇぶり

上記リンクから「サンデーうぇぶり」をインストールすれば冒頭3話は無料で、それ以降は作品チケットを使えば無料で読むことができますよ。

 

では、さっそく第7巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『よふかしのうた』7巻の見どころ&感想[ネタバレ]

カブラとナズナの秘密の関係が語られる!

コウはカブラに「ナズナちゃんはカブラさんの眷属なんですか?」と尋ね、ナズナはカブラに「カブラは私の眷属だったんだ。」と自らの推理を語りました。

しかしこれらをカブラは全然違うと否定します。

その後、3人は立ち入り禁止の病室に行き、カブラは吸血鬼が人間だった時の記憶を無くしていくということと、血を吸えば相手の考えていること等がなんとなくわかることを確認し、カブラは自分の過去について話し始めました。

どうやらカブラの吸血鬼になる前の人間の時は体の弱い入院の多い子で、その病院に看護師として勤めていた七草ハルという吸血鬼と仲が良かったみたいですね。

そんな時に、退院して友達と遊びに行ったときに悪口を聞いたり、お見舞いに来た友達に嫌気がさしたことをきっかけに、ハルに吸血鬼にしてもらったようです。

そして吸血鬼になった後、とある居酒屋でハルは彼女に人間との子供が自分の腹の中に居ることを伝え、その後自分の子である「ナズナ」をカブラに託して彼女の前から姿を消しました。

 

カブラはナズナの親の眷属という衝撃的な事実が明かされました。

今はそんな様子は感じられませんが、カブラも最初はナズナのことを見るのもつらかったんでしょうね…。

ここから、ナズナの過去も分かったところでさらに物語は加速していきます。

 

吸血鬼たちは“吸血鬼狩り”に備えて私物処理を開始する!

翌日、コウとナズナはカブラに「吸血鬼は人間だったころの私物に触れると弱体化し、それに対する思い入れが強いほど弱体化する」という話を伝えます。

それを聞いてカブラはすぐに立ち入り禁止の病室にあった私物を撤去したようで、その後コウたちが帰った後に現れた“吸血鬼狩り”を行うウグイスアンコの魔の手が及ぶことはありませんでした。

そして場面は変わり、コウとナズナは小繁縷ミドリのもとへ行き、ミドリとミドリの眷属であるラヴ君の人間だったころの私物廃棄を始めます。

彼女の私物はラヴ君が廃棄し事は順調に進むかと思ったのですが、同じく吸血鬼であるラヴ君は自分の思い出の品をコウたちに伝えようとしません。

その後、コウとナズナとミドリの3人でラヴ君の思い出の品を問いただしたところ、ラヴ君の思い出の品は大学生時代に書いた「小繁縷ミドリのえっちな同人誌」500冊だということが明らかになりました。

そしてそれが明らかになったところで皆で屋上に行き、それらを読みながら500分全部を燃やしてひとまず一件落着となりました。

 

このエピソードはもうとにかくラヴ君のキャラの濃さにすべて持っていかれてしまいましたね(笑)

ミドリとラヴ君の歪な主従関係を見ていると、こんな眷属の形もアリなんだと認識を広げられました。

ずっと居るとお腹いっぱいになりそうですが、ぜひラヴ君には今後もたまにし登場してほしいです。

 

コウとナズナの自分探しの旅が始まる!

後日、カブラと再会したコウとナズナは、彼女に「病院にアンコが来たこと」と「既にナズナの両親が死んでること」が伝えられました。

それを聞いた後、コウとナズナはナズナの思い出の展望台に行き、記憶のないナズナの“自分探しの旅”を始めることを決意します。

そして2人が最初に来たのはナズナが10年前に来ていたと思われる学校でした。

この第7巻はその学校の中で同じ吸血鬼でありながら生徒たちに教鞭を取る平田ニコを発見したところでおしまいとなります。

 

まとめ

この第7巻はナズナと両親の関係など、今まで不明だった新しい情報が続々登場し、さらには探偵ウグイスアンコによる吸血狩りも本格的に始まったあって、怒涛の展開が繰り広げられていましたね。

ちなみに、ウグイスアンコによると吸血鬼は“思い出の品”以外でも殺し方があるみたいです。

それは一体何なのか、今後の物語のキーポイントになりそうですね。

また、この巻ではカブラによってナズナの過去が語られたように、次巻では平田ニコの口から彼女の過去がまた語られていくようです。

はたして、彼女の“自分探し”はどんな方向へと向かっていくのでしょうか?

先の展開からも目が離せません。

 

『よふかしのうた』8巻の発売日は?

『よふかしのうた』第8巻は2021年7月16日に発売予定のようです。

Amazonや楽天でも予約・購入できますよ。

created by Rinker
¥499 (2021/06/22 11:49:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

以上、『よふかしのうた』第7巻の見どころ&感想記事でした。
ありがとうございました。

 

『よふかしのうた』の購入はこちらから!

コミックスの購入はコチラ↓

 

『よふかしのうた』を電子書籍で読むならセールや割引が充実ebookjapanがオススメです!

 

『よふかしのうた』を全巻まとめて買うなら以下の漫画全巻ドットコムがオススメです!

 

『よふかしのうた』はマンガアプリ「サンデーうぇぶり」でも読むことができるので、気になった方はアプリをインストールして読んでみてくださいね。

「サンデーうぇぶり」をインストール

 

U-NEXTの31日間無料トライアルで『よふかしのうた』第7巻を無料で読む場合はこちら

U-NEXT<ユーネクスト>

 

さらにマンガを無料、もしくはお得に読むなら以下の記事をチェック!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください