[ネタバレ注意] 『バイオレンスアクション』最新4巻|丸腰で風邪ひきのケイがピンチに!

スポンサーリンク



Pocket

今回は、5月11日発売の、「このマンガがすごい! 2018」や「全国書店員が選んだオススメコミック2018」にもランクインした今話題の『バイオレンスアクション』の最新第4巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら↓

バイオレンスアクション 4 (ビッグコミックススペシャル)

銃ではなく、左手に卵、右手にハンドミキサーを持ったケイが表紙を飾っています。

相変わらず、ゆるふわ系の道を突き進んでいますね。

 

『バイオレンスアクション』のあらすじは以下の記事にまとめています。

こちらはネタバレ無しですので、気軽にご覧ください。

 

今回の記事では、そんな『バイオレンスアクション』の最新第4巻の見どころを感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『バイオレンスアクション』4巻の見どころ

渡辺くん、“怖い人”に刃向かう

1巻でケイのいる殺し屋でバイトとして働き始めた渡辺くん。

傷を負ったターゲットを運んだ病院で「いざ」という時のための見張りをしていると、そこに“怖い人”が入って来ます。

病院内は“中立地帯”、“病人以外の血が流れてはいけない”というルールがあります。

今まで気弱そうな渡辺くんでしたが、このルールのおかげもあって「早く帰れって。ケガするよ。」と強気な発言。

結果としてターゲットを守ることができました。

このスリルが好きだと気付いた渡辺くんですが、今後調子に乗って何かトラブルの種になりそうな予感がしますね…。

とにかく無茶はせず、頑張ってもらいたいです。

 

ケイ、風邪っぴきになる

この4巻から「人狩り猟師」との戦いが始まるのですが、ケイは最初の登場シーンから鼻をズビズビいわせて風邪を引いています。

そして護衛するお巡りさんの目の前で倒れてしまい、カバンをチェックされ武器は取り上げに。

おまけにそのお巡りさんを狙う猟師たちの仲間と間違えられ、手錠までかけられてしまいます。

そんな状態になってもケイはお巡りさんを守ろうと猟師と戦うのですが、さすがに厳しかったようで2人とも捕まってしまいました。

そのまま川へ捨てられてしまった系を助けたのは意外な人物でした。

 

みちたかくんと巌谷、登場

川に流されたケイを拾い上げて救ったのは、なんとみちたかくんと巌谷(いわや)の2人でした。

3巻で敵だった巌谷が、今はみちたかくんにこき使われているようです。

この『バイオレンスアクション』もケイの仲間となってくれる人がどんどん増えてきましたね。

みちたかくんや巌谷のような、“かつて敵だった人物と主人公が共闘する”という展開はやはりアツいです。

いざ戦闘開始、どうなる?

といったところでこの『バイオレンスアクション』4巻はおしまいです。

続きが気になる…。

 

まとめ

 

『バイオレンスアクション』の登場人物はみんな個性的でそれぞれがちょっと変わった(歪んだ?)信念を持っているので、どのキャラ同士でも絡みがおもしろくなるんですよね。

3巻でプライドの高かった巌谷がみちたかくんにめちゃくちゃにこき使われているのは笑ってしまいました。

5巻ではどんな活躍を見せてくれるんでしょうか、とても楽しみです。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

スポンサー様
image1.jpeg

image1.jpeg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください