[ネタバレ注意]『うらみちお兄さん』第1巻|爽やかだけどブラックな体操のお兄さんがおもしろい

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「次に来るマンガ大賞 2017」 Webマンガ部門で1位を獲得した、pixivでも大人気のブラックな体操のお兄さんマンガのご紹介です。

そのマンガがこちら。

うらみちお兄さん (2)

うらみちお兄さん』です

ブラックさとは無縁そうな体操のお兄さんのうらみちお兄さんが爽やかに表紙を飾っています。

前々から気にはなっていたマンガだったのですが、先日本屋に置かれていた「お試し読み冊子」を手に取ってからハマってしまいました。

いやー、久々に読んだギャグマンガ、おもしろかったですね〜。

 

今回の記事では、そんな『うらみちお兄さん』第1巻の見どころを感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『うらみちお兄さん』のあらすじ

以下に『うらみちお兄さん』のあらすじを載せておきます。

よい子のみんな〜!
裏表のあるお兄さんは好きかな〜?
教育番組「ママンとトゥギャザー」の体操のお兄さん・表田裏道(おもたうらみち)31歳。
爽やかだけど情緒不安定な“うらみちお兄さん”が垣間見せる大人の闇に、よい子のみんなはドン引き必至…!?
大人になった“よい子”たちに送る、哀しみの人生賛歌!

うらみちお兄さん-pixivコミック

上記リンクから冒頭5話分の試し読みができます。

番組名が「ママンとトゥギャザー」ってだけでもうおもしろそうな雰囲気がありませんか?(笑)

あらすじではお兄さんが闇を垣間見せるとありますが、実際は闇がダダ漏れです。

 

では、さっそく第1巻の内容に入っていきましょう。

 

『うらみちお兄さん』1巻の見どころ

子どもに人生の闇を教えまくるお兄さん

うらみちお兄さんは番組中は基本的にずっと笑顔でいるのですが、その笑顔のまま子ども達に人生の闇を教えます。

まだまだ先の就職活動についてお話ししたり、31歳独身のリアルな実生活を伝えたり、いろんな「理不尽」なことについて語ったり…。

ただ、実際子ども達は訳もわからずポカンとしているので、お兄さんがストレスのはけ口として言っているだけかもしれませんね。

何にせよ、教育番組なのにあまり教育には良くなさそうな番組ですね。

 

お兄さんと愉快な共演者達

「ママンとトゥギャザー」には体操のお兄さんだけでなく、子ども番組らしく歌のお兄さんやお姉さん、うさぎとくまの着ぐるみも一緒に出演しています。

しかしその共演者達もなかなかクセの強い人たちばかりなんですよね。

低レベルな下ネタが大好きな残念イケメンの歌のお兄さんに、結婚願望丸出しのアラサー歌のお姉さん。

ウサオくんとクマオくんの中の人・兎原と熊谷はうらみちお兄さんの大学時代の後輩で、特に兎原はいつも影でお兄さんを悪く言ってはボコられています。

 

こんな人たちが集まった番組なので、収録前後の控え室のシーンはかなりおもしろいです。

でも読めば読むほど、よく教育番組として成り立ってるなーと不思議に思えてきてしまいますけどね。

 

 

それぞれの休日

第1巻の最後には、みんなの丸一日休みの様子が描かれていました。

熊谷は魚釣り、歌のお姉さんはお笑いを観に行って、兎原はパチンコで負けていたりと、各々イメージにあった感じの好きなことをして過ごしていました。

そして最後のシーンではうらみちお兄さんの家に兎原と熊谷が集まり、釣った魚を肴に宅飲みをが始まろうというところで、第1巻はおしまいです。

 

休日に宅飲みなんて、番組中はギクシャクしているお兄さんと兎原ですが本当は仲がいいんですね。

最後の一コマのお兄さん、いい表情してましたよ。

 

まとめ

僕はあまりギャグマンガを読まないのですが、この『うらみちお兄さん』は結構はまってしまいましたね。
終始にやにやが止まりませんでした。

うらみちお兄さんが子ども達に解く人生の闇が何度か僕にも刺さったりしましたが、それも含めておもしろかったです。

絵もきれいで会話のテンポもいいこのマンガ、ギャグマンガ好きの方にはぜひ読んでみて欲しい作品です。

 

では、ありがとうございました。

 

〜追記〜

『うらみちお兄さん』第2巻の感想記事

以下の記事に『うらみちお兄さん』第2巻の見どころをまとめています。

合わせてご覧ください。

 

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください