シンギュラリティに備えるための必読本| 落合陽一『超AI時代の生存戦略』

スポンサーリンク


Pocket

今回はこれから迎えるAI時代の「生き方」を学び、それに備えるための本の紹介です。

その本がこちら。

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

超AI時代の生存戦略 シンギュラリティに備える34のリスト』です。

この本の著者は今話題のメディアアーティスト、落合陽一さんです。

 

本の帯にも書かれてありますが、僕もその情熱大陸を見て彼の存在を知りました。

番組の中で「現代の魔法使いだ」と例えられていたのですが、彼の生み出す発明はまさに魔法そのもののように思えます。

 

タイトルの副題にもある“シンギュラリティ”、聞き馴染みのない言葉なので意味を調べてみました。

人工知能(AI)が人類の知能を超える転換点(技術的特異点)。または、それがもたらす世界の変化のことをいう。

コトバンク|シンギュラリティ

この本ではそのシンギュラリティを2040年代としています。

その2040年代、超AI時代に向けての「生き方」「働き方」「生活習慣」は現在とどう異なってくるのでしょうか。

この本に書かれたシンギュラリティに対する34もの備えの中から、僕が特に印象に残った3つをご紹介します。

 

スポンサーリンク

超AI時代の生存戦略とは

ワーク“アズ”ライフを見つける

現在世の中に浸透しているのはワークライフバランス(生活と仕事のバランス)という考え方です。

しかしこの本にはその「仕事」と「生活」の区別がなくなると書かれています。

それがワーク“アズ”ライフ、ライフ(生活)としてのワーク(仕事)です。

 

差別化した人生価値を仕事と仕事以外の両方で生み出し続ける方法を見つけられたものが生き残る時代だ

AIにほとんどの職が奪われるという将来に向けて、今から自分の生活にも“戦略”を取り入れていく必要がありそうですね。

 

「仕事」を「遊び」にしていく

この本には、物事を継続するには「ギャンブル」「コレクション」「心地よさ」の報酬が必要だと書かれています。

うまくいくかどうかわからない「ギャンブル性」

成果をひたすら積み上げていく「コレクション性」

成し遂げた時の達成感や爽快感などの「心地よさ」

これらの考え方を「遊び」として「仕事」に取り入れることが重要だそうです。

 

僕は今年4月から社会人になります。

むりやりにでもこの3つの報酬を意識し、少しでも楽しんでいこうと思います。

 

ストレスの原因は自分で決めたルール

ストレスの原因となる多くは、自分で決めたルールや仕組みに基づいている

この本にはそう書かれてあります。

「自分が1番でなくてもいい」「他人と比べない」など、意識の仕方を変えるだけでストレスが減らせるということには納得です。

ストレスの原因は他人や周りの環境であることがほとんどですもんね。

 

自分は自分らしく、楽だと思う考え方でストレスフリーを目指しましょう。

 

まとめ

 

AIのような最先端テクノロジーに恐れや恐怖を抱いている人のことを「テクノフォビア」というそうです。

近年のテクノロジーに関する報道のされ方から考えると、それも無理のないことだとおもいますね。

 

しかし僕はそれ以上に、テクノロジーがもたらしてくれる想像もできないような未来を見てみたいです。

2040年代、シンギュラリティにスムーズに適応できるよう、この本を元に“生存戦略”を立てていくことにします。

 

これから起こりうる世の中の劇的な変化に乗り遅れたくない方は、ぜひ一度手に取ってみてください。

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください