[ネタバレ注意]『ロッキンユー!!!』第1巻|ロックが好きなら絶対読むべきな超オススメマンガ

スポンサーリンク


Pocket

今回は、週刊少年ジャンプの公式マンガアプリ「少年ジャンプ+」で連載中の「根暗青春オルタナロック物語」マンガのご紹介です。

そのマンガがこちら。

ロッキンユー!!! 1 (ジャンプコミックス)

ロッキンユー!!!』です。

表紙を飾っているのが、根暗でひたすらロックが好きな先輩・不二美アキラです。

 

僕自身が大学で軽音部員だったこともあって、このマンガはドンピシャで刺さりましたね。

アキラの姿やロックへの向き合い方も、勝手に僕の先輩や後輩と重ねて読んでいました。

帯のコメントにも僕が大好きなヒトリエのヴォーカルでありボカロPでもある wowaka さんのコメントが書かれてあり、これがコミックスの購入を決め手でした。

 

今回の記事では、そんな『ロッキンユー!!!』第1巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ロッキンユー!!!』のあらすじ

『ロッキンユー!!!』のあらすじを以下に載せておきます。

「ナンバーガールが義務教育」なオルタナ根暗ロック好き・アキラと打ち込めるものを探してる、ごくごく普通の少年・タカシ。正反対の二人の出会い。熱く、そして鬱屈としたロックな日々が始まる—!!

ロッキンユー!!! / 少年ジャンププラス

きっとあらすじ冒頭の「ナンバーガール」がわかる人は『ロッキンユー!!!』を楽しめると思います。

上のリンクから1話2話が無料で読めますので、そちらからぜひ読んでみてください。

 

では、内容の方に入っていきましょう。

 

『ロッキンユー!!!』1巻の見どころ

部活動紹介でいきなりナンバーガール

根暗でうつむいたアキラが1人で体育館の舞台に立ち、見開きでデカデカと「NUMBER GIRL 透明少女」と書かれた1コマ。

僕はこの冒頭のシーンで完全に『ロッキンユー!!!』の虜になりました。

曲が始まると同時に嘘みたいに激しくギターをかき鳴らして怒鳴るように歌うアキラを見て、タカシが口を開けて圧倒されたように見上げていましたが、僕もまさにそんな感じでした。

上のリンクで読める1話にはそのシーンがカラーで描かれているので、そこだけでもぜひ見て欲しいですね。

 

中庭でのゲリラ勧誘ライブ

アキラとタカシが部員を集めるために中庭で勧誘ライブをするシーンがあります。

タカシの初ステージ、パートはボーカル、演奏曲は初音ミク「ワールドエンド・ダンスホール」。

でもやっぱり、いきなり人前でなんて当然歌えないんですよね。

歌ってる途中でも「違う、こんなもんじゃないのに」って自分でもわかってしまう感覚、痛いほどわかります。

 

演奏が終わった後、悔し涙を流すタカシ。

その悔しさをバネにして、いつか世界中を「熱狂」させてほしいです。

 

フジファブリック他名バンドや名曲が登場

NUMBER GIRLの透明少女をはじめ、作中には数々のロックの名曲が登場します。

フジファブリック 「桜の季節」
eastern youth 「感受性応答セヨ」
amazarashi 「地方都市のメメント・モリ」
wowaka(現実逃避P)feat.初音ミク&巡音ルカ 「ワールズエンドダンスホール」

etc …

 

僕は iTunesに1万曲ぐらい曲を持っていて、上の曲もいくつか持っています。

ふと思いつきで作中でその曲が登場したタイミングで僕も同じ曲を現実で再生してみると、タカシやアキラと同じ気持ちになってストーリーに入り込めているような、そんな不思議な感覚になりました。

こんな楽しみ方ができるマンガは出会ったことがありません。

「タカシもこんな気持ちで聞いてるんだろうな」って、より感情移入しちゃいましたね。

もし音源を持っている方がいたら、それをかけながら『ロッキンユー!!!』を読んで見てください。

 

まとめ

超個人的にですが、『ロッキンユー!!!』は自分の経歴も重なってすごく入り込んで読むことができました。

部活の後輩にも「絶対に読んだ方がいい」とオススメしたいぐらいです。

 

1巻ではまだロック研究会はアキラとタカシの2人ですが、3人4人と人が集まり、いつか彼らのバンドとしての演奏が見れるかもしれないと思うと楽しみですね。

その展開は、2巻以降に期待しましょう。

 

〜追記〜

『ロッキンユー!!!』2巻の感想記事

以下の記事に『ロッキンユー!!!』第2巻の見どころをまとめました。

合わせてご覧ください。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください