ビジネス書は速読より多読|「本を読む時間がない」人にオススメの一冊

スポンサーリンク


Pocket

今回は年間400冊もの本を読む敏腕社長が実践する、「多読」の読書法が学べる本のご紹介です。

その本がこちら。

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング」です。

この本は Kindle Unlimited の読み放題で読むことができます。

 

僕はこのブログの記事を書評に絞ってから、ほぼ毎日1冊本を読み書評を書いています。

大学の研究室に通いながらなので更新するのがなかなか厳しい日もありましたが、なんとか続けられています。

そんな時に出会ったのがこの本でした。

「ビジネス書」を「多読」するだけでなく、さらに「100倍の利益を稼ぎ出す」“レバレッジリーディング”。

読書の効率をさらに上げることができそうだと思い、すぐにダウンロードして読んでみました。

根拠がしっかりと提示されており、ノウハウに説得力が感じられました。

 

今回はそんな中から僕が特に印象に残った内容を3つご紹介します。

 

スポンサーリンク

『レバレッジ・リーディング』を読んで

“読書”とは“投資活動”である

わたしはお金を使うにあたっては、本ほど素晴らしい投資対象はないと思っています。

この本の著者・本田直之さんはこう述べています。

その理由は、本から得た知識を仕事に活用すれば100枚のリターンが見込めるから、だそうです。

この“活用する”という点が重要なんですね。

今思えば、僕は本を読んで、書評にまとめた段階で満足してしまうことが多かったです。

「本を閉じたらすぐ実行」

今後はこれを意識しながら本を読もうと思います。

 

ビジネス書から何十年という経験を学ぶ

ビジネス書には成功者の、何十年もの成功するまでのプロセスが書かれたものがあります。

成功者の経験や知恵を学ぶのにこれ以上適したものはないそうです。

自分以外のたくさんの人が生涯を通して生み出し、身につけたスキルや考え方をたった数時間で学ぶことができる。

そう考えれば確かに、これ以上の人生の教科書はないかもしれませんね。

 

本を徹底的に汚す

ここでいう「汚す」とは、本に線を引いたり書き込んだり、端を折ったりすることを言います。

本そのものを“読書ノート”にもしてしまうんですね。

 

僕はこの「本に書き込む」という作業にどうしても抵抗を感じてしまいます。

なので今は Kindle などの電子書籍を読む場合だけ、たくさん汚していこうと思います。

 

まとめ

 

1500円程度の“本を買う”という自己投資が100枚の15万円のリターンになる。

この言葉だけで本を読むモチベーションが湧いてきます。

 

この本は、普段読む本よりもたくさん線を引き、「汚す」ことを意識しながら読み進めてみました。

こんな風にこれから読んでいくビジネス書も、少しずつ実行に移していきたいです。

 

いろんなビジネス書を読んでみたいけど時間がない、そう悩んでいる方にぜひ読んで欲しい1冊でした。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください