Kindle Unlimited のここに感動!|登録してみてわかった事と初めての電子書籍の感想

スポンサーリンク


Pocket

Kindle

2018年1月1日に Amazon のサービス“Kindle Unlimited”に登録しました。

先日、新しくiPad を購入したこともあって電子書籍デビューです。

僕は今まで本は紙派でした。紙の質感が好きとかいうより買った本は本棚に綺麗に並べておきたいタイプなんです。

ただ、このブログを始めた影響で「もっといろんなジャンルの本を読みたい」と思うようになってきたので、とうとう電子書籍に手を出すことにしました。

そこで Kindle のアプリをダウンロードしてはじめて “Kindle Unlimited” の存在を知りました。月額980円で本が読み放題とはとても魅力的です。

普通にビジネス書1冊で980円以上しますしね。

さらに最初の30日間は無料というお得な割引まで。速攻で登録しました。

その後 Kindle を利用し始めてからは感動と衝撃の連続です。

今回はそんな Kindle Unlimited の感想です。

 

スポンサーリンク

Kindle Unlimited のここがすごい!

月額980円で本が読み放題

何と言っても大量の本が読み放題なのが魅力的ですね。

書籍やコミック、雑誌を含む和書が12万冊。洋書まで含めると120万冊以上が月額980円で読み放題です。

普通に本を1冊買う値段で1ヶ月間読み放題ってすごくないですか?

 

新作タイトルがゾクゾク追加

読み放題と聞いて、僕はどうせ古い本ばかりなんだろうなと思っていたのですが、そんなことは全くありませんでした。

Kindle Unlimited では、今でも本屋に並んでいるような本や雑誌まで無料で読めます。

ついこの間本屋で買おうか迷った本が読み放題の中にあってびっくりしました。買わなくてよかったです。

これからどんな本が追加されていくのか楽しみです。

 

電子書籍のここがすごい!

気になった箇所に線が引ける

Kindle のアプリでは文章中の気になった箇所に線が引けます。

気軽に本に書き込みができるというのが紙の本との1番の違いだと思います。

しかもただ線を引けるだけではないのです。線を引いた箇所をリストとしてまとめて見ることができるのです。

これは書評を書くときもはかどりそうですね。

 

本を読みながらわからない言葉を検索できる

本を読んでいる最中にわからない言葉が出てきた場合に、Webに切り替えたりすることなくそのページから言葉の意味を検索することができます。

専門書などを読んでいるときに便利ですよね。

上の線を引く機能と合わせて使うと効率よく本の内容を理解していけそうです。

 

場所を取らない

この記事の冒頭部分で僕は本を並べるのが好きだと言いましたが、現状は本棚から本が溢れており積ん読状態となっています。

それが電子書籍では iPad 1枚以上に場所を取ることがないのです。

カバンの中で俺や汚れを気にしなくてもいいし、そこまで重くないし、片手で読めるのもいいですよね。

大学の通学時間にも重宝しそうです。

 

まとめ

 

Kindle Unlimited に登録してからというもの、すっかり電子書籍の虜になってしまいました。無料期間が終わっても月額980円で継続するつもりです。

これで今まで縁のなかったジャンルの本も読み、たくさんインプット、アウトプットをしていきたいです。

最初の1ヶ月は無料で登録できますので、気になった方はぜひ利用してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください