塾講師バイトは本当にブラック?
実際に4年間働いてわかったメリット

スポンサーリンク


Pocket

塾,勉強,講師

ブラックバイトとして有名になった塾講師のバイト。

その中でも個別指導講師の評判は特に悪いですね。

時間外労働や膨大な授業準備、保護者からのクレーム対応などに多くの大学生が苦しでいるという話をテレビやネットニュースで目にした人も多いと思います。

 

そんな中で、僕は個別指導の塾講師のバイトを大学在学中の4年間、ずっと続けてきました。

しかも他のバイトをすることなく、塾講師一筋です。

やめられなかったわけじゃありません。むしろ楽しんでバイトをしていましたよ。(塾の環境が緩かっただけかもしれませんが。)

なので、この記事では塾講師、特に個別指導塾講師のメリットを中心に書いていこうと思います。

デメリットは他のサイトに腐るほど書いてありますしね。

塾講師のバイトをしようか迷っている人、いまバイトを探している人の参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

塾講師のメリットとは?

コミュニケーション能力が鍛えられる

 

塾には小学生から高校生まで幅広い生徒が在籍しています。

その生徒一人一人にも個性があり、

授業中にじっとしていられないほど元気な生徒

人見知りで話しかけても反応が薄い生徒

逆におしゃべりが大好きな生徒

いつも眠そうですぐに寝ちゃう生徒

etc…

などたくさんのタイプの生徒がいます。

 

当然、そんな生徒たちすべてに同じように接していては授業もはかどりません。生徒に合わせてコミュニケーションの取り方を変える必要があります。

少し大変そうに思うかもしれませんが、この経験が普段の生活で予想以上に役に立ちます。

こんなにいろんなタイプの人間と深く関わるバイトもそうないんじゃないですよ。

 

コミュ力は鍛えておいて絶対に損はないスキルです。それがバイトでお金を稼ぎながら身につけられれば一石二鳥だとおもいませんか?

 

塾講師は就活の面接でウケがいい

 

僕は今年就活を終えたのですが、自己PRに書いた塾講師の経験はどの面接でも突っ込まれました。

特に面接官には

「あまり勉強が好きじゃない生徒の授業をしていた」

という話が好感触でしたね。

 

実際の面接では

・どのように勉強に興味を持たせたか?

・実際に成績を上げることはできたのか?

・時にはしっかり叱ることもあったか?

などが聞かれました。

 

ただ、面接で塾講師の経験を話す就活生は自分以外にもたくさんいます。ありきたりな内容では印象には残りません。

しかしその点では個別指導塾は担当する生徒が多いので、エピソードのタネも集めやすいと思いますよ。

 

 

何より生徒が可愛い。これが1番。

 

「先生!先生!」と駆け寄ってきて嬉しそうに学校の話をしてくれる生徒は本当に可愛いものです。

また、最初は人見知りでなかなか離してくれなかった生徒が徐々に心を開いて、笑顔を見せてくれるととても愛着がわきます。

 

僕はこどもが好きなのもあってそれだけでバイトに行くのが楽しかったですね。

中でも、生徒の受験が終わって塾を卒業する時に

「先生に教えてもらえてよかった」

と言われた時はまさに感無量でした。

 

他の大学の人と仲良くなれる

 

飲食店などのバイトはパートの方など年齢層がばらつきがちですが、塾講師のバイトはそのほとんどが大学生です。

そのため、自分の通っている大学以外の学生と仲良くなれ、交流の幅が広がります。

 

他大学のサークルや学祭にも行きやすくなるので、自分自身の活動の幅も広がりますし、意外な出会いも生まれるかもしれませんよ。

 

まとめ

 

以上が個別指導塾講師のバイトのメリットです。

もちろん、僕自身も全くしんどい事が無かったかというとそうではありません。

ただそれ以上に得られるものが多かったな、というのが4年間このバイトを続けてきた感想です。

塾講師のバイトをするか迷っている人は、周りの評判だけで判断するのではなく一度軽い気持ちで塾講師を体験してみてください。

意外と向いているかもしれませんよ。

 

では、今回は以上です。

ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください