[ネタバレ注意]『ジンメン』最新第9巻|「サンデーうぇぶり」で人気No.1のアニマルパニックホラーマンガ

スポンサーリンク


Pocket

今回は、人間の顔のついた動物たちが人間を襲うパニックホラーマンガ『ジンメン』、その第9巻の見どころ&感想記事です。

その表紙がこちら。

ジンメン (9) (サンデーうぇぶりSSC)

どアップで描かれているのは四季族の1人、大きな金色の牛のヘルブストです。

ただでさえ気味の悪い顔をしているのに、その周りのドクロがさらに不気味さを増していますね…。

 

この『ジンメン』、なんと無料マンガアプリ「サンデーうぇぶり」で(時間で回復するフリーコインを使えば)全話無料で読むことができます。

僕自身もこのアプリでコツコツと読み進めてきたのですが、ストーリーが盛り上がってきたタイミングである程度まとまった形で読みたくなったので、コミックスを買ってきました。

やっぱり毎週1話より1冊で10話くらい一気に読んだ方が読み応えがありますね。

 

今回の記事では、そんな『ジンメン』第9巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ジンメン』のあらすじ

このブログで『ジンメン』を紹介するのは初めてなので、以下にあらすじを載せておきます。

転校で七年ぶりに故郷へ戻ってきた動物好きの主人公・神宮マサト。
幼馴染みの女子高生・ヒトミをデートに誘い、訪れた動物園で二人は人間の顔が付いた動物に突如襲われてしまう…
逃げ惑うマサトとヒトミ。
しかし、それは彼らが思いがけない世界に放り出される序章に過ぎなかったーーーー!!
動物が人類に反旗を翻す戦慄のアニマル・パニック・ホラー堂々開園。

ジンメン – カトウタカヒロ – サンデーうぇぶり

上記リンクからでも、冒頭3話までなら会員登録なしで読むことができます。
個人的にはスマホアプリで読むことをオススメしますよ。

では、さっそく第9巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『ジンメン』9巻の見どころ&感想

ヘルブストとの戦いでマサトの能力が覚醒!

ぶた園長の策略によって、表紙にも描かれている四季族の巨大な雌牛・ヘルブストと戦うことになったマサト。

人間と動物の間に愛なんて成立しないと言う彼女は、象のハナヨと心を通わせていた彼に相当の妬みをぶつけます。

そして追い詰められ、さらに自分のせいで中田さんまでが傷つけられたこの状況で、マサトはぶた園長にこれまで無意識に使っていた自分の能力を自覚させられます。

その能力とは「自分の意のままに他の動物を操れる」というもの。

今までのハナヨとの会話もすべて自分が洗脳していただけだと聞かされたマサトはついに激情し、耳と牙の尖った怪物のような姿へと変わってしまいました。

正気を失い、他の動物を操ってヘルブストに攻撃させるマサト。

しかし中田さんによって彼の暴走は止められ、その能力でヘルブストを眠らせることでこの戦いに決着をつけることができました。

 

ついにこれまで謎に包まれていたマサトの能力の正体が明らかになりましたね。

この能力が自在に操れるようになった今彼らに敵はいないのでは、と思ったのですが、どうやらまだそう簡単にはいかないようです。

 

大蛇の四季族・フリューリンク登場

地下の施設を進み、ぶた園長の元へと歩みを進めるマサトたちの前に、次の敵である大蛇のジンメン・フリューリンクが現れます。

そして一瞬で三美、李、吾郷が一瞬で食べられてしまいました。

マサトは自身の能力を使ってフリューリンクを洗脳しようとするのですが、感覚の鈍った老蛇にはその能力は動きを止める程度にしか効きません。

おまけに永長がジュウメンとなるきっかけを作った男、蛇のジュウメンである弥陀山まで登場し、事態はさらに悪化。

その弥陀山に完全に獣化してしまう薬を打たれてしまった永長でしたが、彼は完全にキリンの姿になってもなんとか自我を保っており、フリューリンクと弥陀山をまとめてぶっ倒すと宣言します。

ここから形勢逆転なるか?
といったところで、この第9巻はおしまいです。

 

まとめ

このブログで『ジンメン』を取り上げたのは初めてでしたが、いきなり物語の核の一つとなる部分を紹介してしまいましたね(笑)

ただ、まだこの作品を読んでいない人でも、この事実を知ってから1話から読み直しても十分楽しめると思います。

さて、ストーリーはだんだんクライマックスへ向かいつつありますが、まだまだ倒すべき敵、乗り越える壁はたくさんあります。

全てに決着がついた時、一体どんな結末が描かれるのか、非常に楽しみです。

 

『ジンメン』10巻の発売日は?

『ジンメン』第10巻は2019年2月12日に発売予定のようです。

Amazonでも予約・購入ができますよ。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください