不動産投資・大家業の入門書|資産運用や物件の選び方の不安を解消してくれる1冊

スポンサーリンク


Pocket

今回は不動産投資への不安を取り除き、安心して最初の1歩目を踏み出すきっかけを与えてくれる1冊の本のご紹介です。

その本がこちら。

FP大家だけが知っている 資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由

FP大家だけが知っている 資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由』です。

 

この本は「本が好き!」というサイトから“献本”としていただきました。

この献本がもらえる書評サイト「本が好き!」については別の記事で紹介してますのでそちらをどうぞ。↓

 

不労所得(労働する必要がない稼ぎ)の1つとして、「不動産投資」という言葉をご存知の方は多いのではないでしょうか。

僕自身も「家賃収入が得られる投資」「家を購入するため多額の初期費用が必要な投資」ぐらいのイメージしか持っておらず、自分とはどこか縁遠いものだと思っていました。

しかし実際はそんなことはなく、始めようと思えば誰にでも始められて、勉強すればしっかり収入もついてくる「投資」だったんです。

 

「不動産投資」について全く無知な状態からこの本を読み始めましたが、丁寧な解説のおかげでその概要をざっくりと理解することができました。

今回の記事ではそんな「不動産投資の入門書」の中から、僕が特に印象に残った内容をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

『資産形成に中古ワンルームを選ぶと失敗しない理由』を読んで

少ない自己資金からでもできる

僕が一番気になっていたのはこの点ですね。

「不動産投資」と聞くと、どうしても家を1軒、または部屋を1部屋購入できるだけの初期費用が必要だと思っていたので。

しかしこの本では、初期費用が10万円から、残りは融資を受けて投資を始める例が紹介されています。

融資=借金と考えれば怖いように感じますが、10万円で家賃収入を得られる生活をスタートできると考えれば希望にもなります。

ただ、融資を借りるのにもいろいろ条件があるので、「誰でもいつでも簡単に」始められるというわけではなさそうですね。

 

大家業に向いてる人とは

不動産投資を始めるをということは、その物件の「大家さん」になって大家業を始めるということです。

そんな大家業に向いている人の特徴が紹介されていました。

・じっくり取り組むのが好き
・自分のペースで物事を進めてくのが好き
・こつこつゆっくりと進めていくことに面白みを感じる
・毎月定期的な収入が入ってくることに喜びを感じる

などなど…。

株式投資でいうところの長期投資や積立投資に向いている人と同じ感じですね。

あとブログをこつこつ続けていける人なんかも向いてるんじゃないかな、と思いました。

意外と僕に当てはまるポイントが多くて驚いています。

「不動産投資」にだんだん興味が湧いてきました。

 

勉強は欠かさない

当然ですが、不動産を買って後はほったらかし、というわけにはいかないようです。

「物件を購入すること」はゴールではなくスタートだと、この本にも書かれています。

では、具体的に何を勉強するのか、それは

不動産に関しては「宅地建物取引士」「マンション管理士」「管理住宅業務取扱主任者」、お金に関しては「ファイナンシャルプランナー(FP)」

がオススメされています。

これらを学ぶことで不動産投資、大家業を長く継続していくための関連知識が身につくそうですよ。

学びが直接収入アップにつながると考えれば、勉強のやる気も出てきそうですね。

 

まとめ

 

不動産投資に関する本を初めて読みましたが、もっと難しくてリスクの高いものをイメージしていました。

やっぱり「不安」というのは「無知」からくるんですね。

こういった本を読んでいると感化されてすぐにやりたくなってくるんですが、さすがに社会人1年目の僕には不動産購入の融資が下りなそうです。

今はおとなしく開始資金を貯めて、少しずつ勉強していくことにします。

 

不動産投資について何も知らないけどちょっと興味がある、そんな方に最初の1冊目としてオススメできる本でした。

 

では、ありがとうございました。

購入はコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください