[ネタバレ注意]『EDENS ZERO』第1巻|『FAIRY TAIL』の真島ヒロ先生のSF最新作!

スポンサーリンク


Pocket

今回は、『FAIRY TAIL』の作者である真島ヒロ先生が描く、SF(スペースファンタジー)冒険マンガのご紹介です。

そのマンガがこちら。

EDENS ZERO(1) (講談社コミックス)

EDENS SERO』です。

2017年7月26日に『FAIRY TAIL』の11年間もの連載が終了してからわずか一年足らずの2018年6月27日に、真島先生が新作とともにマガジンに帰ってきました。

 

この『EDENS ZERO』のテーマは“SF”です。

本来“SF”は“サイエンスフィクション”の略なのですが、真島先生は“スペースファンタジー”の略だと思っていたようで、この『EDENS ZERO』のテーマはその“スペースファンタジー”の方の“SF”となっています。

ただ、これまでとは違ったジャンルでも、真島先生らしさはマンガの中で存分に発揮されていましたよ。

 

今回の記事では、そんな『EDENS ZERO』第1巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『EDENS ZERO』のあらすじ

以下に『EDENS ZERO』第1巻のあらすじを載せておきます。

夢の国・グランベルで機械たちと暮らす少年・シキは、100年ぶりの来国者となる動画配信者の少女・レベッカと青猫のハッピーに出会う。
すぐさま意気投合し、“友達”となったシキたち…この小さな出会いが、彼らの「運命」を大きく変えていく!!
まだ見ぬ世界に夢を乗せ、少年と少女と青猫の、果てしない冒険が始まった!!

『EDENS ZERO(1)』|講談社コミックプラス

上のリンクから第1話の試し読みができます。

青猫の名前が“ハッピー”となっていますが、『FAILY TAIL』に登場していたあの“ハッピー”とは完全に別キャラのようですね。

ちなみに“シキ”も真島先生の別作品『モンスターハンター オラージュ』の主人公と同じ名前ですが、関係性はなさそうです。

 

では、さっそく第1巻の内容の方に入っていきましょう。

 

『EDENS ZERO』1巻の見どころ&感想

冒険の始まり、第1話から泣ける…。

シキはグランベルにいる唯一の人間で、たくさんの機械の友達と暮らしていたのですが、そこにレベッカが現れてから機械たちに“異変”が現れます。

なんと彼らはレベッカを捕え、友達だと言っていたシキをと呼び、みんなで襲いかかってきたのです。

なす術もなく、おかしくなってしまった機械のみんなを残して星をグランベルを去ることになった2人。

悲しい冒険の出発となってしまった…、と思いきや、実はその“異変”は全て機械たちの仕組んだ演技だったのです。

彼らはもうすぐ自分たちが動けなくなることを知っており、シキを一人ぼっちにさせないために、レベッカと一緒にグランベルの外へ旅立たせようと演技をしていたのです。

 

この感動の第1話はマガジン掲載当初もかなり反響があったみたいですね。

ただ冒険の始まりとして盛り上げるだけではなく、読み切りのような読み応えもしっかりとありました。

ぜひこの第1話だけでも試し読みしてみてほしいです。

 

今回の“ハッピー”はブラスターになる?!

レベッカと一緒に行動している青猫のハッピーですが、実はこの猫、ただの青猫ではありませんでした。

なんと体が機械でできていて、レベッカ専用のブラスターに変形することができるのです。

しかも威力もなかなかで連射速度も高い優秀な銃みたいですね。

元々捨て猫だったハッピーはレベッカに拾われた後で事故に遭い、そこで命を繫ぎとめるために機械の体になったようです。

 

予想外に戦闘能力の高かった2人。

レベッカの射撃もかなりの腕前のようなので、この異色コンビには今後も活躍が期待できそうですね。

 

まとめ

上に書いた見どころ以外にも、2人がギルドに到着したり、宇宙の女神・マザーに会いに行くという目的が決まったりと、“これから冒険が始まるぞ”感がたっぷりの1冊でした。

気になるのは巻末でいきなり2万年後の世界が描かれ、そこに落ちていた動画配信アイテムにタイトルの「エデンズゼロ」と書かれたことですね。

一体この先の展開で、いったい何が意識とレベッカを待ち受けているのでしょうか。

次巻が楽しみです。

 

『EDENS ZERO』2巻の発売日は?

『EDENS ZERO』第2巻は2018年11月16日に発売だそうです。

今から発売が待ち遠しいですね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください