[ネタバレ注意] 『ダンジョン飯』最新6巻|かつての仲間シュロー登場!ファランの行方は?

スポンサーリンク


Pocket

今回は、「このマンガがすごい!2016」でオトコ編1位も獲得したグルメファンタジーマンガ『ダンジョン飯』最新6巻の感想&見どころ紹介記事です。

その表紙がこちら。

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

ライオスたちのかつての仲間、ナマリとシュローが表紙を飾っています。

この『ダンジョン飯』は前々から気になっていたマンガでして、このGWを機に「大人買い」したのですが、さすが各所から評価されている作品なだけあって非常におもしろかったです。

あと、読んでいるとお腹が空いてきますね(笑)

 

今回の記事では、そんな『ダンジョン飯』の最新第6巻の見どころを感想も含めてまとめて見ました。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

『ダンジョン飯』のあらすじ

このブログで『ダンジョン飯』を取り上げるのは初めてなので、以下に第1巻のあらすじを載せておきます。

ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、
金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう! 」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!
襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、
ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

by ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)

あらすじからわかる通り、ダンジョン内でモンスター狩って食べる“グルメファンタジー”マンガです。

モンスター自体は多少見た目が悪いものも出てくるのですが、調理後の料理は非常に美味しそうに描かれており、本当にお腹が空いてきますよ。

それでは、さっそく内容の方に入っていきましょう。

 

『ダンジョン飯』5巻の振り返り

再開した妹・ファリンとまた別々になってしまったが、一旦体制を立て直すために地上に戻ることにしたライオス一行。

やっとの思いでたどり着いたダンジョンの入り口で腹ごしらえをしている時に、かつての仲間・シュローとその仲間たちと出会います。

そしてシュローたちと一緒に行動していたカブルー一行もライオスたちと合流。

カブルーはライオスのことをよく思っていないようですが、この2人が出会ってしまった今、何が起こるのでしょうか。

そんな不穏な空気を匂わせつつ、第5巻はおしまいです。

 

『ダンジョン飯』6巻の見どころ

妹・ファランの変わり果てた姿

ライオス、シュロー、カブルーの3パーティでご飯を食べている最中にハーピィの群れに襲われますが、その中に1体比べ物にならないほど巨大で強力なモンスターがいます。

なんとそのモンスターの頭の部分には上半身だけのファランの姿が。

彼女はバジリスクやドラゴンの合成獣(キメラ)の一部となってしまったようで、ファランとしての意識は無く一方的にライオスたちを襲撃します。

なんとかチームプレーで傷を負わすことはできたものの致命傷には程遠く、最終的には何の手がかりも得られないまま、逃げられてしまいました。

ファランは無事、元の姿でライオスの元へ戻ってくることはできるのでしょうか。

それともまた、ライオスたちの前に敵として立ちはだかるのでしょうか。

 

“黒魔術”へのシュローの怒り

黒魔術を使わなくてはファランの命は救えなかったとはいえ、「黒魔術を使った」という事実を受け入れられないシュロー。

その上キメラとなってしまったファランの姿を見たシュローは、黒魔術の使用者であるマルシルを「西のエルフ」に引き渡し、この事実を島主に報告すると宣言しますが当然ライオスは抵抗します。

「ならばどうするのか言ってみろ!」と問い詰めるシュローに対して、ライオスは「狂乱の魔術師を倒す」「ファランを連れ戻すためにはマルシルが必要だ」と反論。

結局シュローはライオスの根気に負け、島主には報告するがファランのことは全てライオスに託すことにしてダンジョンを後にします。

結果的にライオスたちは地上に戻れなくなってしまいましたが、前向きに歩みを進めて言ってほしいものです。

 

どれが本物?シェイプシフター登場

6巻の中にシェイプシフターが登場する話があって、個人的にお気に入りです。

ライオス、チルチャック、マルシル、センシが幻覚で4人ずつに増えており、どれが本物かお互いに探り合わなければならない状況に追い込まれます。

みんな本人っぽい言動をするのですが、ライオスの目利きにによって無事解決。

登場人物たちの性格や特徴を改めて知ることができる回でした。

そのあと、ライオスたちを後をつけていた元シュローの仲間・イヅツミがパーティに加わり、この第6巻はおしまいです。

 

まとめ

この『ダンジョン飯』第6巻の中で登場した「ダンジョン飯」の中だったら、僕は「ハーピィの卵で作った卵焼き」を食べてみたいですね。

味については触れられていませんでしたが、勝手に濃厚な味だと予想しています。

 

7巻では、ライオスたちはさらにダンジョンの奥へと進んでいきます。

深部ではどんなモンスターが待ち構えているのでしょうか、そしてどんな料理を作って見せてくれるのでしょうか。

今から発売が楽しみです。

 

『ダンジョン飯』7巻の発売日は?

『ダンジョン飯』第7巻の発売日は、まだ未定のようです。

詳細がわかり次第、このブログでもご報告いたしますね。

 

では、ありがとうございました。

 

購入はコチラ↓

 

1〜6巻のまとめ買いはコチラ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください