神戸・三宮での飲み歩きに最適!『ちょい飲み手帳』でちょい飲みしてみませんか?

スポンサーリンク


Pocket

僕は今大学4年生で今年が人生最後の学生生活です。

そして学生のうちにやっておきたいことの1つに飲み歩き、いわゆるはしご酒がありました。

でもいざしようと思っても一件目で十分酔ってしまったり、二件目にどの店に行けばいいかわからないという理由でいつもお開きになっていました。

しかし、そんな願望を叶えてくれたのがこの本です。

ちょい飲み手帳,飲み歩き

ちょい飲み手帳 vol.4』です。

この本は簡単に言うと居酒屋やBar専門のガイドブックのようなものです。

ただ普通のガイドブックではありません。

記載されている店に行ってこの本を店員さんに見せると、1200円以上する料理のセットが1000円ぽっきりで食べられるんです。

まさに飲み歩きのための本ですね。

 

今回はそんな本のご紹介です。

 

スポンサーリンク

どんな本?

 

三宮・元町・神戸を中心とした居酒屋やBarのみを紹介したガイドブック兼クーポンのような本です。

各お店ごとに通常1200円以上する特別な料理とお酒のセットが組まれており、それを1000円楽しもうというコンセプトになっています。

この本自体の値段は1000円なのですが、おそらく2.3店舗行けば割引料で元は取れると思います。

掲載されているお店は80店舗以上で、形態も居酒屋やBar、立ち飲み屋など様々です。

中にはスポーツバーや駄菓子バーなどもありました。

巻末にはグルメ特集まで組まれており、シメの一杯までフォローしてくれています。

 

ちょい飲み手帳の使い方

 

使い方はお店に入る時にこの本を見せるだけです。

そしたら席に案内され、本で紹介されている料理とお酒が運ばれてきます。

ただお店によっては曜日によって使えない日もあるみたいなので注意ですね。

お店が満席でも利用を断られることがあるので、事前に電話等で混み具合を確認するのも手です。

 

実際に使ってみた感想

 

僕も実際に2回ほどこの本を片手に三宮の街を飲み歩きしてみました。

どの店も「これで1000円でいいの?」と思えるぐらい、満足感のある料理とお酒を提供していただけました。

 

お酒の量もちょうどよく料理と一緒に楽しむことができましたし、初めて“料理に合うお酒”というのがわかった気がします。

僕は1回の飲み歩きでは3〜4件をハシゴできましたが、お酒が強い人はもっといろんなお店を楽しめるかもしれませんね。

 

あと、この本を買って一番良かったと思うことは、この手帳がなければ知ることのなかったお店にたくさん足を運べたということです。

神戸に住んでいる僕でも知らないお店ばかりで楽しかったですね。

今まで敷居が高いと思っていたBarにも初めてチャレンジすることができました。

 

まとめ

 

関西に住んでいるお酒好きの人にはぜひオススメしたい1冊ですね。

僕自身ももっと早く知りたかったです。

このちょい飲み手帳vol.4は2018年1月18日まで使えるのでもう後1、2回は利用したいですね。

もちろんvol.5が発売されたら即購入しますよ。

 

2018年1月15日 追記

 

『ちょい飲み手帳vol.5』がAmazonで予約可能になりました!

 

vol.5は2018年1月19日から4月19日の3ヶ月間利用できるそうです。

冬のちょい飲みも楽しみですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください