淡路島観光!〜行ってよかったスポット、おいしかったグルメを紹介〜

スポンサーリンク


Pocket

淡路島,大観覧車

淡路島に日帰り観光旅行に行って来ました。

上の写真は淡路SAにある大観覧車のてっぺん付近からの景色です。

寒かったですが天気は良く、いい観光日和になりました。

 

プランとしてはまず淡路島の最南端へ行ってそこから北上する予定だったのですが、序盤で時間を使ってしまい結局淡路島の南の方しか巡れませんでした。

しかしそれでもとても満足できましたよ。今回はその旅行記です。

 

スポンサーリンク

淡路島オススメスポット

道の駅うずしお

最初に訪れたのは淡路島最南端の道の駅、「道の駅うずしお」です。

まずここでお昼ご飯です。

あわじ島バーガー専門店「淡路島オニオンキッチン本店」で “あわじ島オニオンビーフフバーガー” をいただきました。

淡路島,オニオンビーフバーガー

中に挟まっているのは厚さ約8mmの淡路島産玉ねぎカツです。

衣はサクサクなんですが中の玉ねぎがトロッとしています。ビーフは甘めに炊かれていてとても食べ応えがありました。

 

「道の駅うずしお」の中に入るとレストランがあり、そこでは海鮮丼もいただきました。

淡路島,海鮮丼

その名も「白い海鮮丼」。白身魚の刺身のみが海鮮丼のネタになっているおしゃれな海鮮丼です。

ネタは日替わりのようで、この日は真鯛、寒ブリ、鰆(さわら)、太刀魚、活蛸、釜揚げしらすでした。

自分で盛り付けていきます。

白い海鮮丼

うーん、なぜかぱっとしない出来栄えになってしまいました。

それでも味は一級品でしたよ。

「いいものを食べたなあ」って感じで非常に満足です。

 

ちなみに、このレストランからはうず潮で有名な大鳴門橋が見えます。

せっかくなので近くまで見に行きました。

大鳴門橋

とてつもない風に襲われながらですが、圧倒的な存在感を体感してきました。

残念ながらうず潮は見ることはできなかったので、次はちゃんと見えるスポットまで行きたいですね。

 

道の駅福良

道の駅「うずしお」を後にし、次は「道の駅福良」に向かいました。ここでは“うずしおクルーズ”や足湯を体験できるのですが、今回はそれらをスルーしてまた食べてばかりいました。

駐車場横にあった練り物屋さんです。

淡路島,練り物屋練り物

ここでは“にぎり揚げ天のりチーズ”をいただきました。

定番のチーズに海苔の風味が合わさってとても美味しかったです。

 

そして近くにはとれたての魚介類を食べさせてもらえるところもありました。

牡蠣

新鮮な牡蠣と生しらす丼(写真忘れました)をいただきました。

牡蠣は鍋やフライでは食べたことがあったのですが、蒸したものも美味しいですね。

生しらすは本来4〜5月が時期のようで、この丼では保存してあるものが使われていました。

いつか旬の生しらすも食べてみたいです。

 

おのころ島神社

そしてさいごにおのころ島神社に行ってきました。

おのころ島神社おのころ,鳥居

とてつもなく大きな鳥居が出迎えてくれました。

どんな神社かと言うと、

『古事記・日本書紀』の国生み神話によると、イザナギ、イザナミ2尊が、天の浮橋の上に立って天の瓊矛で青海原をかきまわし、その矛先からしたたり落ちた潮が凝り固ってできたのがこの自凝島(おのころじま)で、2尊はこの島に降りて、淡路島をはじめ日本の国土を生んだとされている。

南あわじ市ホームページ-おのころ島神社

ここから日本ができたと言い伝えられているんですね。

『縁結び』や『夫婦円満』のご利益があるそうです。

きちんとお賽銭に5円(ご縁)玉を入れ、お祈りをしてきました。

帰りに引いたおみくじは吉でした。まあまあですね。

 

ふりかえり

以上が僕の淡路島日帰り旅行記です。

振り返って見ると食べてばかりですね。どれもおいしかったから良しとしましょう。

今回は淡路島の南の方しか観光できなかったので、またいつか中部、北部もゆっくり観光したいです。

 

あなたももし機会があれば足を運んでみてください。

では、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください